ずーいーの趣味に関する考察

商品レビュー、改造、リペイント、雑貨、サイクリングetc…


テーマ:

そうです。ずーいーです。

みなさんポケモンgoはやっておりますでしょうか?

私は絶対にやりませんね。

歩きスマホとか危ないじゃないですか。

それに流行に乗らないのが私なのです。

みなさん思い出してください。

レッドやブルーが出た当初を。

その当時は努力値や固体差を気にしてやっていましたでしょうか?

ただ純粋に好きなものを育てていませんでしたか?

ポケモンgoでも個体差等があるようですね。

楽しみを求める中で強さを求めすぎた結果、義務感が発生してしまうんですよね。

そのようになると何の為に行なっているのかわからなくなります。

 

と思いつつ私もリリースされた日にインストールしました。

なんだこのワクワク・・・。

楽しいぜ、ポケモンgo。

私は知らない人でも話し掛けちゃうタイプなので

「あの人もポケモンやってる!」と気付いても声を掛けないように自制しております。

みなさんもやってみましょう。

 

私はルビー&サファイアまではギリギリ遊んでいた年代なのですが

あの時は本当に楽しかったですね。

私のマイブームとして他人があまり使用していないポケモンを育てていました。

例としてはバリヤード、ガラガラ、ベロリンガなど。

 

ポケモンgoをベロリンガのように舐めていたずーいーでした。

 

 

 

 

 

 

それではマフェックスよりアイアンマン マーク43の紹介です!

最近、私のブログへ来訪された方の大半が

“マフェックス アイアンマン”や“マフェックス アイアンマン 比較”から“アイマン”というとても急いでいた様子の検索ワードがありました。

せっかく検索して来訪されているのにレビュー記事がないのも申し訳ないので紹介したいと思います!ヽ(゚◇゚ )ノ

 

 

 

 

 

 

ではパッケージから。

どこかで行なわれた発表でオープンフェイスが付属していましたが

商品情報などでも触れられておらず、付属しないと思い込んでおりましたが直前になって付属するよーみたいなアナウンスが。

ナイトメアバットマンに付属するアーマードバットマン半壊頭部、クリプトナイトの槍同様、良い仕事をしていますね。

 

 

 

全体像。

プロポーションは完璧です。

ホットトイズを縮小したかのような作りになっていますね。

肩のラインや腰など不自然な様子はなく“人が入っている感”が再現できているかと思います。

 

 

 

 

バストアップ。

顔の造形も素晴らしいです。

シンプルだからこそ難しいアイアンマンフェイスですが見事に再現しています。

しかし・・・

塗装が少し残念ですね(゚ー゚;

頭部と肩のゴールド部分が何故かはわかりませんがドライブラシのような塗装になっています。

「あれ?俺塗装したっけ?」「そうそうそう、実は俺工場に潜入して・・・ってしてねぇわwww」なんて余計なノリツッコミしながら触っていました。

 

 

 

 

細部。

造形については問題ない出来です。

ゴールド部分も綺麗に仕上がっているのですが、今度は墨入れが残念なことに・・・。

ゴールドの色味は上品な色で好みなのに勿体無いですね。

また、横腹や太腿にプラモデルのような大きな分割線があるのも惜しいですね(・ε・)

素人でも消せることは消せるのですが

塗装を再度行なわなくてはならないので、これについては生産側に行なっていただきたかった点です。

 

 

 

付属品一覧。

1.ハンドパーツ

左から

・リパルサーレイ発射用手首

・リパルサーレイ発射用手首(エフェクト付属用)

・飛行時用手首(エフェクト付属用)

・飛行時用手首

・手を反らせる際に使用する手首アーマー

                              ※いずれも左右分付属

リパルサーレイ発射用手首、飛行時用手首は手首の甲に切れ込みがある為、容易に手首を反らせることができます。

今になって考えると切れ込みは手首アーマーで見えづらくなりますし

この仕様は一つの正解だと思います。

 

手首アーマー及び手首は上図のように変更します。

こちらもホットトイズを参考にしたのか交換方法が似てますね。

 

 

 

2.他付属品

左から

・交換用頭部

・腕用エフェクト×2

・足用エフェクト×2

このほかにいつもの台座が付属しております。

 

 

 

オープンフェイス頭部。

いや良いだろ、これは。

6インチクラスのトニー・スタークではおそらく一番の出来ですね。

肌の色は自然ですし造形も素晴らしいです。

アメスパ2 DXセットからかなりの進歩です。   レビューはこちら→ part1 part2

今だから言えますがDXセットのピーターは本当に酷かったですね・・・w

 

 

 

 

続いて可動範囲。今回はいつもより多めとなります。

画像の通り問題ないどころか箇所によってはかなり動いてくれます。

 

 

 

 

・股関節

股関節は上下に引き出すのではなく、緩い弧を描く引き出し式となっています。

新しいものを取り込む精神大好きです。

また、(私は今(股だけにまた)と言いました。面白いでしょ?)

腰アーマーは上図のように上方向へ可動します。

やはりホットトイズを参考にしているのですかね。

しかしこれが曲者なんです・・・。

 

なんと右側のみポロる。

これはちょいとイラつきますよ(^O^)

 

 

 

 

・肩関節

最近のフィギュアは肩の引き出しありきになってきましたね。

しかしMAFEXは動きすぎなくらい可動してくれます。

 

 

 

さらに上にまで(°д°;)

リボルテックの山口式を超える勢い。

それからさらに肩の付け根部分(肩アーマー下)はダブルボールジョイントなので言うことありませんね。

これはもう全力で褒め称えたいレベルです。

 

 

 

 

 

 

では!

いつもの如くストーリーを作成しましたのでよろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

なんか骸骨剣士メインになっちゃいましたが良しとしましょう。

 

ここで大きさ比較を。

骸骨剣士小さいですね。

 

 

 

さらにフィギュアーツとプロポーション並びに大きさ比較。

左:当記事紹介商品

右:フィギュアーツ アイアンマン マーク43

こうして見るとプロポーションは断然MAFEXの圧勝ですね。

両社の個人的に思った良い所を述べると

 

・MAFEX

   ・頭部を含めたプロポーション

   ・肩関節の可動域

   ・手首アーマーの仕様

 

・フィギュアーツ

   ・自立の安定性

   ・塗装の品質

   ・全体的な可動範囲

といったところでしょうか。

塗装箇所もかなり異なっていますね。

 

 

 

他アーマーとも比較。

左から

・当記事紹介商品

・フィギュアーツ アイアンマン マーク43

・    ヾ        ヾ    マーク45

・    ヾ        ヾ    マーク46

 

 

 

 

 

 

 

はい!では★改良してほしい点★を述べると

・塗装・墨入れの見直し

・腰パーツのポロリ改善

・べた付き改善

ですかね。

三つ目については触っていると何故か手がべた付くんですよねw

「え?俺汗かいたっけ?」「そうそうそう、俺は常にヘソから汗を吹くんだよねってやかましいわwww」という面白くないノリツッコミをしておりました。

原因はわかりませんがおそらく手首パーツだと思います。

軟質ではないようなのですが、他の部分に比べて塗料が異なっているような気がするんですよね。

べた付きはまだ許せるのですが今後ディスプレイする上での経年劣化が気になるところです。

 

良い面に関しては読んで頂けていればお分かりだと思いますが

特に肩の可動構造については度肝を抜かれましたね。

「やってくれましたね、マフェックスさん・・・」とフリーザも大声で言うレベルです。

ちなみに私はドラゴンボールをほぼ観たことがありませんよ。

 

 

てなわけで!

価格も付属品が多いわりに良心的なので購入して損はないかと思いますよヽ(゚◇゚ )ノ

 

 

 

 

じゃあまたね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

バッキーをリペイントしました。

初めて人の顔塗りましたがやはり難しいですね。

2%しか納得出来ていません。

しかし私は左利きなので左腕メタルな人に親近感を持つずーいーでした。(左腕がメタルだとは言ってない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「MAFEX」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。