神様と暮らす家そだて

家族の健康をまもり、言霊の幸わう家づくり。
家族と日本と地球の”健やか”をはぐくむ
うやまう暮し。


テーマ:

神社 石上神宮(天理市)

 

神田(こうだ)神社から石上神宮への入り口を見たところです。



石上神宮の神使い、ニワトリ多数。



このニワトリがもっぱらコケコッコー!!!!とやっていました。



立派な楼門です。


石上神宮。937番目

祭神 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)‐国ムケツルギ

配神 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) - 十種神宝に宿る起死回生の神霊。
    布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) - 天羽々斬剣(あめのはばきりのつるぎ)に宿る神霊。
    宇摩志麻治命(うましまじのみこと)
    五十瓊敷命(いにしきのみこと)
    白河天皇
    市川臣命(いちかわおみのみこと)

 

拝殿は国宝です。国ムケツルギ、トクサカンタカラ、八岐大蛇を切った十束の剱すべての矛の御霊を祀るモノノヘの神社です。



天神社。938番目

祭神 高皇産霊神、神皇産霊神



七座社。939番目

祭神 生産霊神、足産霊神、魂留産霊神、大宮能売神、御膳都神、辞代主神、大直日神

 

諸役職の神々です。



猿田彦神社。940番目

祭神 猿田彦大神、住吉大神、高靇神


出雲建雄神社。941番目

祭神 出雲建雄神 (草薙剣の荒魂、縁起では「吾は尾張の氏の女が祭る神である。」とあり宮簀媛を示すとされる)







草薙剣(くさなぎのつるぎ)の荒魂(あらみたま)である 出雲建雄神(いずもたけおのかみ)をお祀りしています。 
江戸時代中期に成立した縁起には、天武天皇(てんむてんのう)の御代に御鎮座になった由がみえます。 それによると、 布留邑智(ふるのおち)という神主が、 ある夜、 布留川の上に八重雲が立ちわき、 その雲の中で神剣が光り輝いている、 という夢を見ました。 明朝その地に行ってみると、 8つの霊石があって、 神が 「吾は尾張氏の女が祭る神である。今この地に天降(あまくだ)って、皇孫を保(やすん)じ諸民を守ろう」 と託宣されたので、神宮の前の岡の上に社殿を建ててお祀りしたということです。 HPより

 

なんともはや。実はこの反対側に国宝の元宮があった。

やはり、「ヤツるぎ」と「みヤツひめ」は関係があった。草薙の剱の荒魂とはつまり・・・。




 

この近所には八剱神社が二か所あります。

そちらへ向かいます。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おしらせ

 

神社浴を自分で楽しむ無料ガイドブック

神社浴開催日程などの情報メルマガ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

神の家育て ひさださんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。