{4D1CAFED-1CA3-4D33-B424-6AC0D04EFD30}

{78E55C93-2A07-490C-979B-2167504CD0D4}
ここ堺グリーン広場は、高低差のないほぼフラットなコースです。

ロードで極端な例え方で言うと、砂の浮いたアスファルトで、複雑に右に左に曲がるクリテリウムレースを走る感じ⁈

全く昨年の経験が生かされておりませんです(T-T)




{0A449DD7-9604-4986-94DD-C9B3E75FF3D8}
黒く土が出てきてる所と芝が残ってる所の境目を狙って走ってましたが、午前のレースでは未だ未だ路面が乾いておらず、かなりスリッピーな感じでした。

2周目からは、このラインも使いつつ、杭ギリギリの土が見えてない所を上手に繋げてライン取りする感じで走りました。

周りから見たらやたら外回りで右に左にラインを振る奴だなぁ〜と思われてたと思います。




{18CB2A79-7D92-4FA8-8CA7-DB68BBCB4A08}
微妙に上り勾配だったこともあり、乗れませんでした。

C1クラスだと乗車のままクリアしてる選手もいて、流石だなぁ〜と感心しました。




{6FFD2937-2253-408D-A564-BAB8B9745C90}
それでも今回は、歩数合わせも上手くいってスムースにクリアできたかなと思っています。




{C15611B3-D5FA-4493-B914-3705AAE45F04}
こっちは、歩幅と飛び越える場所が合わず高く跳んだり、自転車も無駄に高く持ち上げてたりと反省多かったです。

足の抜き方とトップチューブを掴む動作がキッチリできてなかったのも、リズムに乗れなかった要因だと思います。

このあたりは、次回のレースまでに復習練シッカリやっておきたいと思います。




{A9DB1D9C-FB26-4F38-A8B7-4CE4EC61341D}

{41AA5554-D9A8-4F7C-A40C-75FBD1D3D83D}

{BC883BDC-E732-4C02-9A0F-1F1094DE2B30}
砂セクションは綺麗に轍をトレースするのと、進入速度が肝心なんですが、今回はどちらもボチボチといった感じでした。

乗り込みが足りてないので、体幹の筋肉が落ちていて、コントロールが上手くできなかった気がします。




{4579AF20-65E1-421E-9594-40CF77D5BDDF}

{75D36619-0358-4585-A204-23F9B8252988}

{C1E29975-5A2D-4A42-854C-AA438D2F1778}フロントが刺さらないように、後ろに乗ることだけを心掛けました。




{A1305BFA-1109-4B2D-9F9B-6BB92569956C}
出来るだけハンドルを切らないように、大きなラインを使って、轍をトレース‼︎




{5F29F4C8-CB30-4B91-98E0-F1A539687948}
途中から先頭パックが見えなくなって一人旅。

抜かれないようにだけ気をつけて走りました。

追い上げ出来るだけの脚が無く、今回も表彰に絡めずです。




{672691C9-BCE7-4DCA-810C-432A7B8BBC28}
今回の第8戦の成績は、7位でした。

次のレースはこれでシード確保なので、1列目からスタートできます。

ホールショットから独走逃げとか、そんな格好のいい勝ち方してみたいですねェ〜。



AD
{B43F2789-9065-4C5C-949F-FB8EB1773CDB}
松林区間より




良く晴れた冬の日曜日、今回のレース会場は『みなと堺グリーン広場』です。

早いもので、もう第8戦となります。

昨年は、爆風が吹き荒れ、向かい風と体感温度の低さに悩まされましたが、今回は風もなく穏やかな堺ステージとなりました。




{1F503EA7-93D1-4CEB-8B94-01DE6146F464}
とは言っても、この時期ですから朝はこれくらいの温度にはなります。

トイレを済ませて準備をしていると、試走が始まりました。




{3372CF74-18A7-48CE-B971-2256450E1E41}
今回は、パワーコースだし前回のパンクもあったので、
・F:チャレンジ シケイン(1.7ber)
・R:コンチネンタル CXスピード(1.8ber)
と前回の希望ヶ丘より前後0.1berづつ上げました。

って言うか、F:チャレンジ ベビーライムス/R:チャレンジ シケインのの予定だったんですが、試走で感触確かめてからでも交換いいかと思い、前回のレースののままです。

今回は、CM3“A”で何時もより早いスタートだったので、試走から帰ってきて、ウォームアップクリームを塗り込んでたら替える時間も無くなり、そのままでレース本番へ。




{E757D31C-BF48-4904-9369-2A7F57194FD6}
スタート前、今シーズンCXレース初参戦となるOさんと久々の再会。

また、何時も同じレースで走ることの多いHutte8to8のT本さんもすぐ右前で、いつも通りに⁈緊張なくスタートすることができました。





{F90820E7-B9B7-40C3-BB2E-1EAE4EE77804}

{5BCEDBD3-9B95-4767-9BC9-3DAB382A8878}
Hutte8to8のT本さんをコーナーで詰まっていたところをかわして前に出たところ







{BA7B73A9-EA43-4B81-8C5F-B4503EE7700D}

{54E8DDEB-62B6-47C6-8DDE-C8C553C8B359}

{E7FD1E6E-E106-4AED-BD88-E7980FC1B8E7}

{8337F2C1-09E0-4D0B-B233-7C084A7F1C97}
その後も、抜きつ抜かれつと楽しかったです。






しかし、

昨年の記憶がフラッシュバックしつつありました、この時点で…

やってもうた(>_<)




そう、芝の下から土が顔を出してきてツルツル滑り、グリップが怪しい状態になっていたのです。

昨年も、1周目のスタートしてすぐにスリップダウンしてたやん(T-T)

試走の時とは状況が変わっていました。

直前のレースと、気温の上昇が原因です。




{84CB1EB4-EF0A-4256-BEEB-5485AF1B4E81}

{B098E465-379F-4F56-B695-78FF79C67763}
オーバースピードでの進入はもってのほか、加速の踏み込みですら、サンドタイヤではキツい。

せめてもの救いが、フロントがシケインだったことですかね。

サイドノブが無かったら、秒殺で爆死してたと思います。




【後編】へ続く…


AD
{E7575BB3-7735-4531-A2E4-B8A2B34B769D}
朝5時のアラームで起床。

本日は、関西シクロクロスシリーズの第7戦希望ヶ丘文化記念公園のレースに参戦してきました。

会場に着くと、知った人が沢山‼︎

『アケオメ〜〜』とご挨拶。

年々知り合いが増えて、参加するのが楽しいですね。

前回の烏丸半島は仕事で出れなかったので、今回はシードなしです。

次のレースに向けて、18位までに入っておけば一列目を確保できるので、そこが最低ラインの目標で、その次の目標はシングル入り。

訂正:CM3はABと2クラスに分かれてるので、それぞれABのレースで、9位以内に入らないとダメです。

つまり、レースに勝った(1位)人と2位の人が昇格で抜けて、3〜9位の7人が次のレースの最前列の一列目に並ぶことができるというわけです。
*横に並べるのは7人までで、8番目のの人は2列目にならびます。





{C3181E71-D60B-4FD2-AAFC-485F31C5DB5E}
会場駐車場に7:30頃に着きました。

晴れていて、山の中で風も無いので気温よりも暖かく感じます。




{F454C613-2A97-4C46-B31B-7AFAD340B42C}
タイヤのセットは、

・F:チャレンジ シケイン(1.6ber)
・R:コンチネンタル CXスピード(1.7ber)
*いづれもチューブド

結果から言うと、タイヤの組み合わせは問題なし、一部の芝区間以外はシッカリとグリップ感あって良かったです。

ただし…
リアはもう少し空気圧を上げて、リム打ちパンクのリスクを減らしておくべきでした。

グランドから上がる20cmほどの段差を乗ったままクリアするのに、試走の時にチューブを傷つけていたようです。





{688D48C7-C7A4-4CB0-A871-1948415158D7}
今回は前に5列/後ろに2列といった所からのスタートでしたが、前の人のスタートダッシュが甘く、こちらもスピードに乗れませんでした。

ちなみに、私の前に並んでた2人のライダーは、スタートコールの10秒前にもかかわらず、シートにお尻をのせていませんでした。

この状態からスタートすると、

①スタート合図のピストルが鳴って利き脚のペダルを踏みながらサドルに腰掛ける

②サドルに座ってから、反対のペダルをキャッチする

といった動作になると思います。

これだと、サドルに腰掛けるまで片方のペダルがキャッチ出来ず、その分遅くなると思います。

ロードならこれで充分ですが(ファーストアタックの逃げを狙わないなら)、シクロクロスやマウンテンバイクのレースだと、そういうわけにはいかないと思うので、そんなことも考えながらスタートダッシュするのはとても重要だと思うのですが…。

というわけで、正直スタートダッシュは失敗です。





{61990B43-063D-4193-8EE6-F86D28375DF1}
さて、ここから抜いて上がっていくぞー‼︎と思ったと同時くらいに、リアに違和感が…

『マジか〜〜‼︎』

本当に笑うしかなかったです(^_^)

っていうか、マジか〜〜連呼しながら走ってましたし。



{FDBAF524-F64E-4D71-AD9B-4654FE8F74FD}
空気が抜けてペッチャンコ(°_°)

ほんと、マジか〜〜‼︎

お尻ポンとか考えてる場合じゃないやん。

と言いながらも、何とか粘れるかなと頑張ってみましてが、流石にパンクしたタイヤでは前に追いつけませんでした。

今回も1分後の女子に何人か抜かれました。

コッチはレースのリザルトは捨ててるので、女子にどんどん抜いていただいて構わないわけなんですが、思ったより速くないといった印象を持ちました。

逆に言うと、私もカテゴリー上がれば、こんな風に“遅いやつ”と思われるんだろうなぁ〜と思い、少しゾッとしました。

一つ決めてることがあって、今シーズン中にカテを上げれなかったら、来シーズンはマスターズ参戦やめて、ノーマルカテで参戦しようと思っています。

どっちにしても“3”で止まるかもしれませんが…






{E68A6EDD-0FBD-4CFA-B463-EC5C103751DF}
グランドへ上がる階段より

試走の時に、右のライン(上から見たら左のこのライン)を何度かチャレンジしましたが、2個目の木の根っこというか“コブ”の抜重が上手くいかなくて、本番では降りると決めていました。

ところが、C2の選手の話やFBなど見ると、どうやら昼頃から乗ってる人も現れていたらしい。

こういう細かいところで、降りずに乗車したままクリアして、脚を削らないようにして他のライダーからアドバンテージを取るのが私のやり方なのに…。

全く頭に無くて、反省しきりです。





{FD53C3B7-4FF4-4CF9-9F16-DC430C9ABEFF}
頑張って踏むも、どんどん脚も心臓も削られていき沈んでしまいました。




{5356291B-DB73-4371-A770-00B20DEB9479}
足キリ食らうまでは何とか走り切ろうと、そのまま乗り続けました。




{AD131A2E-2900-4E5C-8C84-9F65B3B916FA}
2周回回ったところで、チームメイトのS村さんに『パンクしちゃいました〜』とお伝えしたところ、スペアホイールを貸してもらい、残り1周まともに走ることができました。




{987EB351-3E62-4F15-8452-69D53FD1CD05}
緩い勾配でも、ダンシングしないと進みません。





{8901F750-4317-44CB-BA60-78E453625BDC}
嬉しかったと同時に折角貸していただいたんだから、一矢報いたいと頑張ったんですが、クタクタに疲れていてダメでした(ToT)




{9146D77D-ED0C-4057-BEA6-47E61D60DC9F}
当たり前ですが、パンクしてるとスピードが全然出ない(ToT)




{2E97AA16-103E-44A7-B950-B79BA1535E9D}
コーナーの一つ一つも遅いですね。

リアが何時滑り出すか分からないから、怖い‼︎




{3E402BC2-C2B8-470E-890A-810972F0F6DE}
常に踏まないと駄目でした。




{F47C5526-27FD-439B-ACF6-273DA8874352}
ココロ折れそうになりながらも我慢の走り




{5AF4FCEB-6B09-453A-B4D8-E95757DA741F}
今回は35位という結果でした。

今シーズンのワーストですね。

風邪を引いてて、薬を飲んでの参加だったし、こんなもんだったのかもしれません。

ただ、昨年末26日に少し走ったっきり、全く練習できてなかったので、強度の高い練習にはなったと思います。

2月アタマまで、毎週レースが続くので参加しながらコンディションを上げていければと考えています。





AD
{5C7A70E6-9674-4FB7-AFDE-0C5BF07E6A29}

{6B856C9C-13F7-4EF5-BA9F-EA2B411A6866}
OAKLEY WIND JACKET 2.0 インストール‼︎

にしても、全くアイシェードにしか見えないわ。

メットのストラップの下にメガネのフレームを掛けない人なので、一度ヘルメットを被ってから消えメガネを掛かるのですが、ストラップがあるので、少し面倒ですね。

おでこに常にクッションというか、スポンジが当たってる感じなので、慣れるまで気になりそうです。

鼻でフレームのメガネの重さを受けるのではなく、おでこで止める感覚。

今日の昼の気温と湿度、運動量だと全く曇りませんでした。

雨の日や寒い日にどうなるのかな?

あと、かなり色調も含めて変わるので、街中を走ると、信号機の色やクルマのウィンカーの色がかなり違って見えました。

この辺り、コースで早く使ってみてみたいですね。






{B768D5A8-3DB8-4696-8BC7-9C22225D4B71}
こちら、おたふく手袋さんのアンダーを実際に使ってみた感想ですが、先ず、着た瞬間からほのかに暖かくなります。

防風の生地の部分だけでなく、袖のところも暖かでした。

ただし、ドライ性能はもう一つかなという感じで、暖かさとトレードみたいなところがありました。

予め予備知識を入れていたので、今日はダイレクトに着るのではなく、ドライ系のアンダーを1番ベースに仕込みました。




{C556D47C-1F3A-4CD6-86BC-9FC5EED2902F}
ミレー製 ドライナミック 袖なし

コレを着ておくことで、汗戻りが軽減されて汗冷えからくる寒さを防ぐことができました。

今日の爆風系のライドでは、本当に芯まで冷えることなく助かったのですが、ひとたび幹線道路から離れて少し流して走ると、暖かすぎて汗をかくほどでした。

確かに暖かい。

シクロクロスレースだと、長い下りや極端なコンディション変化も少ないので、“使える”と思います。




{791CE7F2-CA3E-45E0-BCCD-EA412B4A9D38}

{A529A92D-1445-49A5-A3D5-984C7EFC393D}
千秋楽の場所“桂川”。

関西シクロクロッサーにとっては、聖地と言えるのではないでしょうか。

気象条件が悪くなれば悪くなるほど、本当に厳しくなるコースなんですが、晴天で、ドライだと本当に楽しいコース。

コース取りなどを含め、技術的に大変面白いコースです。

基本的に河川敷の平坦路なので、踏めない人はそれだけで淘汰されてしまうのは辛いところではありますが…。




{F892FF06-8384-41D6-9FEA-419D00A50850}

{05223073-F4BD-4FA0-9028-AE7CA9BD6854}
風の影響で、PRを更新してたようです。

下りなしで56.5km/hは良い方かな。




{521F4251-7A16-426B-859A-4FCD211F4B41}
城南宮より

何時もは寄りませんが、道を間違えたら偶然正面に…(^_^;)




{23CD10F3-209E-4BE4-B1A3-6482CDBFABF4}
青系のジャージで色合わせしたいかなぁ

{59E416B1-4197-488C-B51C-AB58585251CD}
昼過ぎから、自転車工房のむラボさんまで、行ってきました。

CX車のホイール、フロントがゴリゴリ&リアが振れ振れと残念な状態なんです。

修理で直ればそのままでいく予定ですが、もしかしたらキンリン製のリムに組み換えしてもらうかもしれません。




{4D97F303-1EC9-4664-91CB-B10891B58DE8}
淀川CRを往復。

ガッツリしっかりと踏み踏みしておきましたが、CX車とポジションの違いと体幹の筋肉が弱ってるのもあって、腰回りが痛くなりました。

ハムストリングから大臀筋にかけていい感じに疲労感が残ってて、良い感触です。




{621A2D59-9F6E-4FAB-BF65-839412269D26}

{509A2C6E-545B-4075-84C2-8E2A8F2C1E6D}
にしても、今年は本当に自転車に乗ってる回数(距離)が少ないです。

ロードが29回とCXが20回ほど?

年間通して50日しか乗っていません。

日数(時間)を作る努力と、トレーニングの質を上げる努力をしないと、衰えることはあってもパワーアップすることは望めませんね。





簡易タイプでも構わないので、パワーメーターの導入も考えたいですね。

目的・目標・ゴール・ビジョン・夢を、より具体的に落とし込んで、頑張りたいです(^。^)