ハシディズムが語る東西の接点(2)…善悪、悪しき衝動、妄念について…

遂に聖書(旧約・ヤハヴェの教え)の奥義を知ることがなかったパウロ


 パウロは、「私の内に、すなわち、私の肉の内には、善なるものが宿っていないことを、私は知っている。」(ローマ書718)と言う。更に彼は言う。「神は全ての人を憐れむために、全ての人を不従順の中に閉じ込めたのである。」と。


 この言葉は端的に、創造神が悪であるということを述べているのであって、これこそまさしくグノーシスの思想に他ならない。後にアウグスティヌスが原罪という言葉を持ち出すことになったのは、ここに起源がある。


 これは何を意味しているか?  言うまでもないことだが、彼・パウロ (及び彼ら)神が教えたトーラーの奥義を何一つ知らなかったことを意味しているのである。

 そのことを理解すれば、キリスト教の初代教父と言われる者達が、どうしてあのようにグノーシス主義者を抹殺・惨殺しのかの理由が明確になって来る。即ち、近親憎悪に他ならない。つまり、彼らは自分の正体を知られることを恐れたのである。この忌まわしいドグマ…それはパウロによってキリストの十字架と無理やり結びつけられて“宣教された”…が、パウロ以降、ほぼ2000年に亘って“キリスト教世界”を支配した

 1600年ぶりのナグハマディ文書の出現とは、まさにこのパウロ神学の正体を暴くために出現した神の摂理に他ならない。


 トーラーの奥義は、敬虔なユダヤ教徒に伝えられ、守られて来た。しかし、18世紀に入ると、その一部が我々に対しても公開されたのである。それを伝えたのは、ロシアのウクライナのチェルノブイリ近郊で生まれた近代ハシディズムの創始者イスラエル・ベン・エリエゼル(1700~1760)である。


tomasocのブログ-イスラエル・ベン・エリエゼル










Yisroel ben Eliezer



 トーラーの奥義を伝授される器でなかったパウロは、必然的なこととして宇宙の最も大きな秘密の一つである悪の起源を知らない。それゆえ彼は「悪しき衝動」の取り扱い方をも知らないのである。

 トーラーの秘儀は、アウグスティヌスを初めとする、これまでのキリスト教の司教や司祭、神学者達が等しく知らなかったことである。その無知の反動が「十字架と復活を信じる者のみが救われる」という狂信的な情念のドグマである。

「これを信じない者は」とパウロは言う。「キリストから切り離され、恩寵から落とされる。」(ガラテア書54)と。黙示録を書いたとされるヨハネについて言えば、彼の「ヨハネの手紙」等の書簡を併せて読む限り、彼もまた「信じない者」に対してパウロと同様の呪いをかけ、人間一般に対して脅迫していると言って良い。


 ここに見られるものは何か?  死ぬまで徹底して神(=)に従順であったナザレのイエスとは全く別のもの、すなわち、神の創造の業が悪であること、それゆえの神に対する不信、神に対する呪いに他ならない。これはイエスの信条と全く相容れないもの、即ちデーモン、サタンである。

 このようなものが何故2000年も地球を覆い尽くして来たのか…幸いにして我が国では、このようなものが浸透することはなかったが…、このことは人類史の最大規模の問題なので、ここで簡単に触れることは出来ない。


 前置きが長くなったが、これらのことをハシディズムがどのように言っているかを見てみよう。以下にバール・シェムとあるのはイスラエル・ベン・エリエゼルの通常の呼称である。

……………………………

 ここにバール・シェムと彼の信奉者たちの生活態度に現われる、新たな要素が始まるのである。重要なのはただに民衆の癒しではなく、むしろ天と地との間の病めるつながりの癒しである悪はうち勝ちがたくなるまえに、阻止されなければならない。しかしこのことが起こりうるのは、戦いによってではなく、ただ新たな取りなしと新たな導きによるのである

(ハシディズム」みすず書房1997P44)


 ひとが偉大であればあるほど、それだけ彼の衝動も大きいという昔の格言は修正される。すなわち魂は、誘惑の大きさから、いかにそれが根元から聖であるか知るのである。想像力は火花の出現と結合する、我々の内なる力である。そしてこの火花の出現は善・悪の混合から生じるのであるから、想像力について、それが善・悪を知る木〔創世記、二・四以下〕だと言われうるのである


 この際、すべての人間に決断が生じ、そしてそれに救いがかかっているのである。それゆえに我々は妄念を、なにか厄介な、忌むべきものとして、われわれから押しのけ、聖なる火花を追いだすべきではない。実際、聖なる火花の出現は、「主は遠くから彼に現われた(エレミヤ、三一・三)と聖書に記されているように、外見上神からもっとも遠くはなれている事物のなかに、神が出現することを意味するのである

☆ 

 我々はこの神の出現を喜んで受けいれ、そしてそれが我々に渇望するところのことをなすべきである。すなわち我々の空想の領域で純粋の情欲を、それを制約する対象から解放し、それを無制約者へと向けるべきである

☆ 

 このことによって我々は殻(クリパ)を破り、そのなかに閉じこめられた火花を救うのである。たしかに、このような仕方で悪と関係する人間は、大きな冒険をおかすのである。そして多くのツァディークたちは、この冒険の克服が聖なる人間に留保されていると警告したのである。

 しかし彼らにたいして、すべての人間が世界の浄化と救いを果すために、この世に存在するのだという異議が申し立てられるであろう。

(M・ブーバー著「ハシディズム」p64)

……………………………

Comment:少し難しい内容なので、何度も読んで考えなければ判らない内容でしょう。しかし、ここには「信じなければ」という呪いや脅しが無いことはお分かりでしょう。


 ハシディズムが教える「罪」と「赦し」の意味・内容は、創造神を悪とするグノーシス主義者パウロのそれとは全く異なります。ブーバーの言葉を聞いてみましょう。

……………………………

「罪とはユダヤ教の教えによれば、神と人間との間の基本的関係の人間による妨害である。人間はこの妨害によって神の被造物とはもはや同一でない存在者になるからである。ゆるしとは、人間が復帰によって再び彼の被造性の状態にはいった後の、神による基本的関係の回復である。」


「人間性の道は、たといどこまで迷い込んだとしても、繰り返し新たに始まるのであるから、毎朝、目をさますたびに神に向かって、『あなたがわたしに下さった魂は清い』と言うとき、その祈祷者は真実を語っているのである

 だれでも罪を犯しはするが、しかしだれでも復帰することができる。『祈りの門は決して閉じられない』(詩篇65へのミドラッシュTehillim)、あるいはまた、イエスが表現しているように、『門をたたけ、そうすれば、開けてもらえるであろう。』

(マルティン・ブーバー「キリスト教との対話」理想社1968p207~208)

……………………………

Comment:それゆえ、ブーバーは言います。「ゆるしは終末論的ではなくて、永遠に現在的である。」と。

 如何でしょうか?  真実の神の教えと、パウロ、アウグスティヌス等の教えとは全く異なったものです。

 私達は今、真実の教えを伝えられています。ヨハネの黙示録は偽りのものです。このようなものを“解読する”ことは何の意味もありません。この書の正体は最後の章、2218節に呪いの言葉が記されていることでも判ります。このような呪いは決して神から来ることはありません。

 私達は今、このような邪悪な呪いから解き放たれる時に来ているのです。これは人類史の大いなる始まりとなって参ります。


つづく。

AD

新年の御挨拶

テーマ:

謹賀新年

明けましておめでとう御座います。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

新春の絵を一幅お送り致します。

酒井抱一(ほおいつ)氏、1761~1829年の方です。

題名は「桜に小禽図」

細見美術館所蔵のものです。



tomasocのブログ-酒井抱一画・桜に小禽図

〈年の初めの希望的認識のことばを一つ〉


神は、その永遠の智に基づき、直ちに全てを明らかにし給わず、
 
 時を追って、聖なる光と認識を与え、変容させ給う


           
  ヤコブ・ベーメの言葉


  南原実・元東大教授・訳

AD

「転生者オンム・セティと古代エジプトの謎」ハニー・エル・ゼイニ他著、田中真知訳より オシレイオンの井戸水のこと


 オンム・セティは1904年生まれで、ツォルキン暦ではKIN2417・赤い竜・WS青い鷲」の方です。(表記法は「古代マヤ暦の暗号」ぶんか社刊

http://item.rakuten.co.jp/book/5193393/  による)

 1981421KIN88の日に満76才で亡くなりました。この74日前に聖女マルタ・ロバンが亡くなっています。74という数字はマルタのKINの数字ですので数値の不思議なシンクロニシティが見えています。このことは二人の間に魂の繋がりがあることを示しているようです。マルタは1902年生まれですので、マルタの方が2才お姉さんです。この翌年にはゲルショム・ショーレムが亡くなっていますから、この辺の年は、豊かな神の恵みを受けられた偉大な人物達の帰天の年となっているようです。


 さて、今日のお話はエジプトのデンデラ神殿の近くにあるアビドスのオシレイオンの井戸の水にまつわるお話です。


tomasocのブログ-アビドスへの道のり ナグハマディの近くのアビドス

 図は「転生者オンム・セティと古代エジプトの謎」より。


 今日は表題の書のP242以下からの引用です。この本の御紹介は著作権の問題がありますから今日の二回目でひとまず終わりにしますが、この本には沢山の興味深いお話が掲載されていますので、御購入の上、是非本文をお読み下さい。これを読んで、新たな学問的な発見をされる方や、霊的な覚醒に結びついて行く方がおられると思います。私達の人生は、多くの優れた人との出会いが人生の飛躍に結びついていますので、皆さんには、出来るだけ沢山の書物を読まれることをお勧めします。但し、偏った分野でなく、学問的にしっかりした背景を持った書物を読むことが大切です。では引用を始めます。

………………………………

†吠える井戸

 昔、初めてアビドスを訪れたとき、「島」の北の柱のそばで気持ちの悪い音がするのに気がついた。ブクブクという、うがいでもしているような音だった。その音がどこでなっているのか特定するのはむずかしかったが、どうやら北側の壁にある部屋のどれかから聞こえているようだった。

 あとになって、これが有名な「吠える井戸」だと知った。1999年にこの地域の地質調査を行ったエッサウィ博士によると、オシレイオンのあるエリアには地下水脈があることが確認されている。それがこの井戸に湧き上がってくるときに、あの気味の悪い吠えるような音を立てるのだとも考えられる。


 オンム・セティは、オシレイオンの水には病気の治療効果があるといったことがある。その一つの例として、彼女は自分が虫垂炎になったときの話をしてくれた。

1958年のことだった。私は激しい虫垂炎になって医者のところへ行ったの。当然ながら医者は私を病院に送って手術を受けさせようとした。でも、私は世話の焼ける年老いたネコを抱えていたので病院に行けなかった。私は痛みをがまんして神殿に仕事に出かけたのだけど、痛みがひどくて何もできず、結局イシスの礼拝堂で横になっているしかなかった。そのうちに、私は眠りに落ちた。


 夢の中でとても美しい女性の声で『どうしたのか』と訊ねる声がした。私が『横腹が痛いのです』と答えると、『井戸の水を飲みなさい』という声が返ってきた。私は『それはできません。いま作業員たちは仕事を終えると、家に帰る前にこの井戸で体を洗っているのです。そのために水はとても汚れています』といった。すると、声がした。『どうして聖なる水が汚れることがあろうか。恐れず、飲みなさい』


 目が覚めると、私は起き上がってなんとかオシレイオンまで行き、井戸の水を飲んだ。とても冷たかったわ。水が喉を通って、そのまま痛みのある場所に到達するのを感じた。すると、痛みが横腹から下へと移動していった。おなかから腿(もも)へ、そして膝、さらに足を通って床にすべり落ちると、そのまま石の中に消えてしまった。すっかり具合はよくなっていた。二度と痛みを感じることもなかったわ」


 私はオンム・セティの話の信憑性をすべて確かめたわけではないが、オシレイオンの水については私の妻ともども、その効果を目撃した。休日に夫婦でオンム・セティのもとを訪ねたときのことだった。彼女は悪性の風邪を引いて、熱があり、咳をして、たえず鼻をすすっていた。私はナグハマディの自宅に戻ったら、すぐに薬を送ろうと約束した。その日は調査官のレストハウスに泊まり、翌日、出発するために車に向かっていると、突然オンム・セティがわれわれを残して、オシレイオンのほうへと歩いていく。驚いてあとを追うと、彼女は階段を下りて大広間に入り、服を着たまま水の中に飛び込んだのだった。無謀なふるまいに、われわれは唖然とした。私の妻は、オンム・セティは狂っているとまでいった。


 私はあわてて階段を下りて、オンム・セティを水から引き上げ、車で彼女を家まで運んだ。妻が服を着替えさせ、強制的にベッドに寝かせた。その翌日、ナグハマディに戻った私はアビドスの電話局に電話をかけた。オペレーターに「オンム・セティの様子はどうですか?」と聞くと、オペレーターは、オンム・セティなら元気ですよ、いま呼んできましょうといった。しばらくすると、受話器から彼女の大きな声が聞こえた。

「私ならぴんぴんしてるよ。オシレイオンの水のおかげよ。薬はもういらないわ!


 もう一つ個人的に確認したケースがある。オンム・セティはアビドスに来る前、ギザのナズレット・エル・サンマーンに暮らしていた時期がある。その頃、近所にテンカンもちだった六歳の男の子がいた。彼女は考古局の仕事でアビドスに出張したとき、オシレイオンで汲んだ水を持ち帰ると、その水で男の子の頭を洗ってやった。すると、男の子の症状がすっかりよくなったというのだ。それから12年後、私はその男の子に会った。すっかりハンサムで健康的な若者になったかつての男の子は、オンム・セティがオシレイオンの水で頭を洗ってくれたとき以来、一度も同じ症状に悩まされることはなかったといった。

………………………………

Comment: 『どうして聖なる水が汚れることがあろうか。恐れず、飲みなさい』という言葉は、とても興味深い言葉です。お医者さんが聞いたら呆れるでしょう。そしてこのことは誰にでも当て嵌まることではないと思います。更に、もしもこの井戸にシアン化合物が流されていたとしたら、このメッセージはなかっただろうと思います。

 この状況を私なりに翻訳してみますと、「心の穢れた人が、穢れた水を呑めば更に穢れる。心の清い人が穢れた水を飲んでも、それは聖なる水のままである。」と、そんなことになろうかと思います。


 現代医学は、心や魂の穢れを判別するノウハウを持ちません。そしてそれは将来とも持つことがないでしょう。このことについて、この本にエジプト19王朝のセティ1世の言葉として次のように書かれた箇所があります。

「私が恐れていることは、あの(宝物庫の)本が邪悪な者、あるいは無知な者の手に落ちることなのだ。」


 昨日の動物を操る呪文のことを考えてみましょう。もし、これらの効力ある呪文を悪人達が使ったらどうなるでしょうか? きっと悪が世界を征服してしまうでしょう。

 現代の医学の治療は、ガチガチに固まった物質の世界では、ある程度の効力を発揮することが出来ます。しかし、ここにも限界があることは皆さんも御承知の通りです。そして、それでいいのです。何故なら、秘密の知識にふさわしい人は、それを得、特別の癒しに値する人は、その癒しに遭遇するからです。

☆ 

 しかし、このことは、特別の癒しに遭遇しなかった人は霊的に優れた人ではないということを意味するのではありません。何故そう言えるのでしょうか? このことを教えてくれるのがハシディズムです。ここまでにハシディズムのことを随分書いていますので、もう一度読み返された方の何人かは、その答えを見つけることが出来るでしょう。


今日は大晦日です。

皆さんには良いお年をお迎えになりますよう、心からお祈り申し上げます。


2008.12.31.KIN57

Tomaso_c 拝

AD