大鵬薬品工業は3月12日、H2受容体拮抗薬プロテカジン錠5、同10について、逆流性食道炎の効能・効果を取得したと発表した。

 今回の承認は、プラセボと比較したフェーズ3試験の結果に基づく。投与8週後の内視鏡治癒率は、プラセボ投与群の9.7%に対し、プロテカジン投与群で71.0%だった。投与2週後の日中の胸やけ症状の回数変化率は、プラセボ群の▲4.2%に対し、プロテカジン投与群で▲40.0%と、いずれも有意差があった。

 プロテカジンは、2000年1月、▽胃潰瘍▽十二指腸潰瘍▽吻合部潰瘍▽急性胃炎▽慢性胃炎の急性増悪期▽麻酔前投薬―の適応で承認を取得。09年1-12月の売り上げは75億円(薬価ベース)。


【関連記事】
新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品
パリエットの効能・効果の追加を申請―エーザイ
過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など

<千葉法相>日弁連会長交代で司法改革の後退懸念(毎日新聞)
<スナック経営者刺殺>起訴内容を全面否認 初公判で被告(毎日新聞)
試験不合格の学生卒業=07年度に1人-鹿児島大歯学部(時事通信)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
AD