日々感謝

出会いと気づきに日々感謝


テーマ:

ありがとうございます!!

おかげさまで「月刊飲食人」一周年です。

飲食業界の魅力を創り上げている人達の、

とても素敵な話が満載です。

今後とも皆様よろしくお願いいたします。

■オフィシャルホームページ ←取材店のグルメレポートもあります。

https://www.inshoku-jin.com

 

■フェイスブックページ ←イベント等タイムリーなー情報満載

https://www.facebook.com/inshoku.dean/

 

■YouTubeチャンネル ←動画専用サイト・チャンネル登録で毎月配信されます。

https://www.youtube.com/channel/UC6Tsr9QfZ1uT4AReTeYSz-g

 


テーマ:
■今日は僕の好きな居酒屋さん、二軒の紹介です。
一軒目は、実は、まだ名前が無い居酒屋さんです。
静岡の岡村浪漫のように看板が無い居酒屋は、良くお世話になってはいるけど、名前が無いのは始めてでした・・・「やるなぁー」って感じです。
この店の楽しさを伝えるのに、いつもみんなに教えているのは「電話に出るときは、なんて出ると思う?」って聞いてます!!
答は、直接お店にかけてみるのが一番ですが、予約電話して
お店にいってライブで見て下さい!! 楽しいですよ!!
「名付け親募集!」は、まじめに募集中で、もうそろそろ終了するようです。
今なら間に合うかも、いそげ!! 
でも名前はないから行くしか無い!!
ごめんなさい!!→電話で場所は聞けます!!
詳しくは、食べログでも「店名なし」になってますが、
http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4015555/dtlmap/





■二軒目の紹介です!名前はありますが、教えません!!
下の写真の大将が有名人すぎるので、あえて教えません!! (笑)
http://shiawase-no-tane.com ←詳しくは(笑)

ということで終わる訳にはいかないので、下の写真で変顔している大将のすばらしさをちょっと紹介します。
 店には、大将の心の師匠、中村文昭さんが直接名言を書き込みして残してくれてます。
これは、中村文昭さんに感動した大将が、
三重県の伊勢市の文昭さんが経営する店「クロフネ」に、
わざわざ本人に逢うために行動した過去があり、逆に仙台で来店の際に文昭さんが記念に書き込みしてくれたものです!! 
どこにあるか見つけて下さい。
 そして大将が凄いのは、静岡の有名店岡村浪漫、「看板の無い居酒屋」の、日本中から居酒屋に憧れて面接にくる
という店の店主、 あの岡村佳明さんに、一人の人材の採用で勝った!!という逸話があります。(笑)
どんな魅力があるんだこいつは?と思った方は是非店にいってみて下さい! (最近は定休日以外は毎日国分町店にいるようです)
逆に、どんなやつが入店したんだと思った人は、残念ながらもう卒業してしまったので本人には逢えません!(笑)


 僕が最高にこの店が好きな理由は、料理やスタッフだけでなく、実は「社名」なんです。「幸せの種」という社名がめちゃめちゃ好きなんです・・・・涙が出ます。
会社は居酒屋とエステを経営されていますが、花ではなく、心に育つ幸せの種になれたら・・・そっと寄り添うあったかさと優しさが感じられて、会社の目的が伝わる素晴らしい名前だと思います。
そんな会社だからこそ、いつまでも沢山の人に愛され続けて欲しいと心から思っています。
お店の名前って大切ですよね!!




テーマ:
エントモさんこと、遠藤友彦さんの「準備力」にしびれました。
エントモさんといえば、野球好きならずとも知る、駒大苫小牧高校 野球部に深く携わり、優勝、準優勝のサポートをした、甲子園で活躍するチームの軍師的存在で沢山の実績を残し、素晴らしい指導つづけるエントモさんの著書「準備力」衝撃です。
野球とはチームスポーツであり、チームを組織づくりそのものと考えれば、すなわち企業経営となんら変わらないと気づきます。チーム・組織を強くするのは、確かに個の力ではありますが、個の力をどのようにして、チーム全体の力へ転化させていくのか?野球の話だからわかりやすく、野球の話としてだけでは終わらないのです。「準備力が成果を決める」とは、組織でいえば、→現状認識→方針→細部計画を順にたてる、いわゆるPDCAをまわして行くということ、そのものの大切さをあらためて違うカタチで腹に落とせる素晴らしい本でした。昨年、岡村佳明さんの講演会をキッカケに、アリスワールド・ミスターの主催する講演会にご招待して頂き、ご本人から直接お話を聞けたのも、とってもラッキーな出来事でした。その時の講演会の中で、高校球児を指導する上での練習に至る前の「心構えとしての躾・叱」話は、感動的でまさに職場でも同じことが言えますし、出来ていない自分がとても恥ずかしくなるくらいのお話でしたが、冷静に考えると「育てるとか、ともに育つ」の本当の意味を理解し、課題の本質を的確に伝え改善する方法をあらためて認識することができました。やはり「教えるのではなく、何のためかを考え、気づけば人は行動する」につきるということなのでしょうか。

エントモさんのこの一冊と出会いに感謝です

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。