がん患者の死亡率が3年前に比べ5・6%減少していることが15日、厚生労働省がまとめたがん対策推進基本計画の中間報告で分かった。基本計画では死亡率を平成17年から10年間で20%減少させることを全体目標としており、厚労省は「目標達成に向け、順調に減少している」としている。

<悪ふざけ>消防士長、AED胸にあて携帯で動画撮影 戒告処分に(毎日新聞)
<無賃乗車>JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施(毎日新聞)
国会延長、慎重に判断=財政再建「党派超え議論」―菅首相(時事通信)
スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕(産経新聞)
御巣鷹荒らし頻発、短冊や千羽鶴切り刻む(読売新聞)
AD