野党各党は11日、亀井金融・郵政改革相の辞任を受け、菅政権への批判を強めた。

 自民党の谷垣総裁は、党本部での会合で、「鳩山前首相、(社民党党首の)福島前消費者相、亀井氏の3党首の自爆は、政権の行き詰まりを表す。政治とカネの問題隠しを最優先したため、この国会で彼らの重要目標は何一つ実現していない」と批判した。

 大島幹事長は記者団に「連立する党代表の閣僚辞任は、菅内閣の信頼性がないということだ。国民に信を問うべきだ」と述べ、衆院の解散・総選挙を求めた。

 公明党の山口代表は、国会内で「連立は続ける、自分は辞める、というのは筋が通らない。連立は崩れた。選挙のための野合に過ぎない」と記者団に語った。

<口蹄疫>宮崎・都城の牛は「陽性」 農家の208頭殺処分(毎日新聞)
ワゴン車 回転すし店に突っ込む…客ら13人けが 大津(毎日新聞)
<口蹄疫>種牛育成 長く険しい道のり(毎日新聞)
レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相
AD