雑居ビルでバカラ賭博を行っていたとして、警視庁組織犯罪対策4課は賭博開帳図利の疑いで、埼玉県朝霞市仲町、カジノ店経営、古賀雄一容疑者(37)を逮捕した。同課によると、古賀容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 同課の調べによると、古賀容疑者は星野真容疑者(35)=同容疑で逮捕=ら10人と共謀し、今月11日、東京都渋谷区道玄坂の雑居ビル6階のカジノ店でバカラ賭博場を開き、客から手数料名目の金を集めた疑いが持たれている。

 売上金の一部は暴力団の資金源になっていた可能性があるとみられる。

【関連記事】
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁
バカラ賭博容疑で20人逮捕 札幌
“元カノ”、イ・ビョンホンさんを賭博容疑でも告発
半年で12億荒稼ぎ バカラ賭博店を摘発
【最近 お金事情】日本カジノ構想 かなり厳しい採算性
中国が優等生路線に?

元巨人・堀内恒夫氏が事務所開き 東京ドームの目の前(産経新聞)
<難病>2歳男児が手術37回、誕生日に元気に退院…長野(毎日新聞)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
ヘリ近接飛行に懸念表明へ=岡田氏、中国外相と会談(時事通信)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
AD