ダメ人間でも副業で100%成功できる秘密の方法

副業で社会の奴隷から脱却して人生を楽しむ為の限定㊙情報です。


テーマ:

こんにちは。

よろしくお願いします。

今回も仕事に活かせる「気くばり」について紹介します。

 

■ポジティブに断る、断られるときの「気くばり」

相手から何かお願いをされたときに、断りにくいからといってあいまいな表現をしたり、不必要に間を置いたりするのはNGです。

相手に無駄な心配や時間を費やさせてしまいます。

できないときは、すぐに断るのが望ましいでしょう。

「断ってしまうと、2度と声をかけてもらえないのでは?」

と心配になってなかなか断れない人がいますが、また声をかけられる人になるためには断り方にコツがあります。

断るときに、申し訳なく思っている気持ちとともに、断らなければならない理由を一緒に伝えるのです。

ただし、「忙しいから」は理由にはなりません。

基本的に忙しいのはみんな同じです。

それに、人によって忙しさの尺度は異なります。

「先約がある」

「都合が合わない」

「体調不良」

など、忙しい以外の理由で断るのがいいでしょう。

また、

「できません」

「行けません」

という言葉の前に

「とても残念なのですが」

「せっかくなのですが」

など、クッション言葉を入れるようにしましょう。

頼んでもらえてうれしかったです、という気持ちを伝えられると、次につながる良好な関係が保てます。

「また声をかけてくださいね」

「次こそご一緒したいです」

などの言葉も好印象です。

■上級者がやっているシンプルな「気くばり」

また、こちらが断られる立場の場合にも気くばりが必要です。

相手は心苦しく思っているはずなので、断られたときこそ、笑顔でお礼を伝えたいものです。

あえてフランクにメールを返したり、わざと軽く受け流したりすることで、相手の心は軽くなります。

特に、相手が年下の場合は必要以上に恐縮していることもあるので、こちらから和やかな雰囲気を作り出したいものです。

「気くばり上手」な人たちはには共通点があります。

それは、あくまでさりげなく自然体で媚びていないということです。

「仕事に有利だから」

「自分のことを気に入ってほしいから」

などの下心があると、どうしても押し付けがましくなりがちですし、相手にもその空気が伝わってしまいます。

まずは、

「相手がうれしいか」

「自分も楽しめているか」。

相手のよろこぶ顔を見るうちに、自然と

「気くばりの達人」になっていけるはずです。

ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。