アップル社の音楽配信サイト「iTunesStore(アイチューンズストア)」の利用者に使用した覚えのない請求が相次いでいる問題で、消費者庁は4日、サイト運営会社「アイチューンズ」に事実関係の詳細や不審請求をされた利用者のサポート体制などについて再度質問状を出した。2月の質問に対する回答が不十分だったため。大島敦副内閣相は「誠意ある回答を望みたい」と述べた。

 アイ社は回答で、不審請求の実態について「利用者のプライバシーの問題がありコメントできない。弊社から情報漏えいはない」と詳細には触れなかった。原因については「(偽のサイトに誘導して他人のIDやパスワードを盗み取る)フィッシング詐欺などが考えられるが、アイチューンズ特有の問題ではない」などと回答した。

 このため、消費者庁はアイ社に対して回答内容の不明な点について再質問状を提出。12日までの回答を求めている。

【関連ニュース】
iTunesストア:消費者庁が質問状 不審請求問題で
アップル:音楽配信サイトで身に覚えのない請求相次ぐ
アイチューンズ:ダウンロード100億曲突破
注目リリース:サン電子、「パンヌ - BrainFlash in沖縄」を配信
注目リリース:セガ、「ファンタシースターシリーズ」のオリジナルサウンドアルバムを配信

<秋篠宮さま>タイ、ラオス私的訪問へ(毎日新聞)
夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
びわ湖放送
静岡市も5万4837世帯に避難勧告 大津波警報で(産経新聞)
納税義務果たした=鳩山首相(時事通信)
AD