6日午前7時10分頃、島根県隠岐の島町の隠岐広域連合立隠岐病院(武田博士院長)で、入院中の70歳代女性の人工呼吸器のチューブが外れているのを看護師が発見。

 当直医らが救護措置をしたが、死亡が確認された。病院から報告を受けた県警が外れた原因を調べるとともに、7日に司法解剖して死因を調べる。

 同病院によると、女性は約3年前から入院。のどの切開部分に人工呼吸器のチューブを装着していた。発見時、チューブは女性ではなく、タン吸引などの際、外したチューブを仮置きするためなどに使う「テストバッグ」に接続されていた。

 病院の説明では、5日夜に2回、看護師がタン吸引のためチューブを外したが、いずれも正しく装着し直したとし、その後の巡回でも異状はなかったという。

<山梨殺人>新聞販売店員殺害容疑 知人の男を指名手配(毎日新聞)
ゴーギャン展ホームページ、ウイルス感染(読売新聞)
<AED>日本光電工業が自主回収 米国製405台(毎日新聞)
新株予約巡り「時事評論家」増田氏事務所など捜索(読売新聞)
センター試験の受験者は52万600人(産経新聞)
AD