宮崎県で4月23日に口蹄疫の感染疑いが分かった水牛について、県家畜保健衛生所が最初の発生例の約3週間前の3月末に、農場に立ち入り検査をしながら感染を見逃していたことが18日、分かった。

 農林水産省や県によると、3月31日、同県都農(つの)町の農場から、県家畜保健衛生所に「水牛に下痢や発熱などの症状がある」との連絡があった。同日、衛生所が立ち入り調査をしたが、口蹄疫の症状である激しいよだれなどがなく、ほかの病気を疑い検体を採種した。口蹄疫の発生を受け、4月22日に農水省に連絡、検体を遺伝子検査したところ、翌日に陽性と確認されたという。

【関連記事】
口蹄疫、予防的処分を検討 知事、住民の外出自粛要請
過去最悪の6万匹殺処分、広がる口蹄疫の影響 宮崎
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」
宮崎県に「協力したい」 口蹄疫でJR九州社長
大分県も種牛を避難へ 凍結精液も移動
中国が優等生路線に?

賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
北教組事件、木村被告「独断で資金提供依頼」(読売新聞)
政府方針、28日に決定=「首相発言」で調整―普天間(時事通信)
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑(産経新聞)
<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
AD