交際していた女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、警視庁に不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医大病院の医師、小林達之助容疑者(36)が、「(流産させ)申し訳ないことをしてしまった」と堕胎への関与を認める供述をしていることが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課によると、小林容疑者は逮捕当初、「女性が妊娠していたことは知っていたが、流産したことは知らなかった」と否認していた。

 捜査1課は同日、不同意堕胎容疑で、東京都港区の東京慈恵会医大病院と、横浜市緑区にある小林容疑者の実家の病院を家宅捜索した。捜査関係者によると、小林容疑者は、女性から妊娠を告げられた翌日の平成20年12月31日、勤務先である同病院の薬剤部を訪れ、担当していた女性患者の名前を無断で使って偽造した処方箋(せん)を提出。子宮収縮作用のある錠剤を入手した。

電子書籍配信で新会社=ソニー、朝日新聞など―iPadに対抗(時事通信)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
作るの遅くなり…巡査長、捜査書類を自宅に隠す(読売新聞)
口蹄疫 感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
会員制ホテル家宅捜索へ=預託金数百億円か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
AD