米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り9日、閣僚から発言が相次いだ。枝野幸男行政刷新担当相はさいたま市内で「いろんなものが前進しているのに、5月末を越えたらその努力と前進を放棄するのかという話だ」と述べ、月内に決着しなくても鳩山由紀夫首相の責任問題にはならないとの見方を示した。

 首相が公言してきた「5月末決着」は事実上困難な状況に追い込まれているが、枝野氏は「(米国や移設先との)合意までいってないから全部もう一回机をひっくり返す、という話ではない」とし、6月以降も交渉を続けるべきだとした。

 前原誠司国土交通相もフジテレビの番組で「一定の方向性をしっかりつけるという総理の固い決意は変わっていないと思うが、5月31日ですべてが終わるということではおそらくないと思う」と述べた。前原氏は番組終了後、6月以降も沖縄県や鹿児島県・徳之島との交渉が続くかに関し、「必然的にそうならざるを得ない」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
普天間移設:政府案、詰めの協議 10日に閣僚会議
普天間移設:「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え
志位委員長:普天間移設「無条件撤去を」 米で日本部長に
普天間移設:政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否
普天間移設:首相、15日の訪沖先送り

「車に傷」と代行運転手に30万円要求、恐喝未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
<もんじゅ>運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)
<測量船追跡問題>岡田外相 駐日中国大使を呼び抗議(毎日新聞)
AD