仏サノフィ・アベンティス社は4月8日、インスリンやその他の膵臓ホルモンの分泌機能を回復する可能性を秘めた糖尿病の再生医療のための新規化合物「Pancreate」に関するグローバルライセンス契約を米バイオ製薬企業CureDM社と締結したと発表した。仏本社の開発担当者は「1型、2型糖尿病における初の再生治療薬となる可能性があり、増加の一途をたどる糖尿病が患者と医療制度にもたらす問題に対処できる可能性がある」としている。

 サノフィ社によると、インスリン分泌機能を持つ新しい膵島の成長を促進し、正常な代謝機能と血糖コントロールを回復することが前臨床研究で確認されている。今年後半からフェーズ1試験を開始する予定だが、日本法人の広報担当者は「日本で開発するかは未定」と話している。


【関連記事】
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ
ビタミンDとCa摂取で糖尿病リスク低減も
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」

密約関連文書紛失で調査委員会(産経新聞)
止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇(産経新聞)
国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
狙われた刑事の下半身 駅トイレで盗撮の男を逮捕 警視庁(産経新聞)
AD