かつては漁師町として栄えた大田区羽田をしのぶ水神社の例大祭「水神祭」が11日、羽田空港近くの海上で行われ、大漁と船の海上安全を祈願した。

 水神祭は江戸時代から続いているといわれるが、始まりは定かでない。昔は年3回行われていたが、戦後は毎年5月11日になったという。

 この日は、あいにくの雨交じりの空模様の中、大漁旗などで飾られた船に乗った水神社の宮司が祝詞をあげ、お神酒を海上にまくなどした。

【風】気になる男性の本心(産経新聞)
津波の恐怖 時超え伝える 八戸海保で被害写真50枚発見(河北新報)
高額布団販売で7人逮捕=「上下セットで40万円」-大分県警(時事通信)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で-日医連(時事通信)
リサイクル用ガラス片 2500トン不法投棄の疑い 姫路社福法人など捜索(産経新聞)
AD