東京都青梅市の「梅の公園」が見ごろを迎えている。4万5千平方メートルほどの園内に、約1500本、120品種が植えられ、1万5千人が訪れる日もあるという。

 ただ、同市によると昨春、市内の梅にウイルス性の病気が見つかり、今後の調査結果によっては園内の木が伐採されることも。感染が拡大していれば、すべて切られる可能性まであるという。10年以上も訪ねている相模原市の小林かおるさん(65)は「伐採されることになれば、残念。来年もきれいな梅の花を見たい」と話した。

災害医療で「医師会JMAT」を提案-日医委員会(医療介護CBニュース)
岩手・久慈市長選で推薦候補敗退(産経新聞)
「1000円割引」の財源3兆円 高速道整備に転用(産経新聞)
スーパーの豚肉に針金=1月には刺し身にも-滋賀県警(時事通信)
将棋の有吉九段が1000敗目(時事通信)
AD