総務省は23日、ビル陰などにある世帯がテレビの受信障害を避けるために利用している共同受信施設(全5万6004カ所)で、地上デジタル放送に対応済みの割合は09年12月末時点で25.8%だったと発表した。09年9月末から7.1ポイント上昇したが、10年3月末の目標値(50%)の半分にとどまり、目標達成は難しいとみられる。

 対応の遅れについて、総務省は「改修費用の負担をめぐり、受信障害の原因をつくっている施設側と、共同受信施設を利用する世帯との交渉が進んでいない。共同受信施設を利用していることを認識していない世帯もある」と分析。関係者に働きかけ、対応促進を図る。【望月麻紀】

【関連ニュース】
地上デジタル放送:アンテナキットを無償貸し出し…総務省
総務省:通信・放送関連法を再編…地デジ化見据え
総務省:電波障害の改修工事、助成対象拡大 地上デジタル放送
PS3:地デジ録画キット「トルネ」が3月18日発売
地上デジタル放送:調査キット、1都3県で貸与

IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
捜査員の目前で下半身露出 公然わいせつ男を逮捕(産経新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
<人事>日本経済新聞社(毎日新聞)
【風】近畿の2路線は観光利用増加?(産経新聞)
AD