鳩山内閣は12日に予定していた国家公務員法等改正案の閣議決定を見送った。次官・局長級から部長級への降格を可能にする「特例降任」規定について、「自公政権が昨年提出した法案と同様だ」との異論が原口一博総務相ら閣内からも出ていたため、降格を容易にできる規定に改める。

 仙谷由人国家戦略担当相は12日の閣議後会見で、11日夕方に首相から指示があったと説明。

 「首相と官邸から『降任人事を含めてよりよいものに』『もう少し色が鮮明に出るように』という意向があった」と経緯を明らかにした。【小山由宇】

東京医大、生体肝移植死で遺族に謝罪と3千万円(読売新聞)
「無料全文公開」で10万部突破 出版界驚かす「フリー・キャンペーン」(J-CASTニュース)
<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」(読売新聞)
オウム新実被告の死刑確定=最高裁(時事通信)
AD