農薬を混入したコーヒーを知人に飲ませたとして、長野県警飯田署は28日、殺人未遂容疑で同県駒ケ根市東伊那、解体業細田英一容疑者(42)を逮捕した。同署は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。
 逮捕容疑は、4月21日午前、同県松川町を走行中の軽トラック内で、助手席の知人男性(35)に農薬の殺虫剤を混入したアイスコーヒーを飲ませ、殺害しようとした疑い。
 同署によると、男性はすぐ異臭に気づいて吐き出し、携帯電話で妻に助けを求めて病院に運ばれた。男性は数日間入院したが命に別条ないという。 

【関連ニュース】
手配の三男を逮捕=兵庫・明石の女性殺害
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑
義母刺した容疑、女逮捕=家庭内トラブルか
「金に困ってた」と長女=金目当てか、事件後に支払い
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑

暴行容疑で西宮市職員逮捕(産経新聞)
日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
橋下新党、初陣で勝利=統一選に向け弾み―大阪市議補選(時事通信)
AD