厚生労働省では現在、未承認医療機器の早期導入に関する意見募集を行っている。国内での早期導入を要望する未承認の医療機器の具体名などを求めている。寄せられた要望は、同省の「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」で導入するかどうかを検討する方針だ。対象は学会や患者団体が中心だが、個人でも応募できる。募集期間は来年3月末まで。電子メールと郵送で受け付ける。

 要望の対象となるのは、欧米で承認されているか国内で開発中の医療機器で、「医療上特に必要性が高い」と認められるもの。医療上の必要性は、▽生命に重大な影響があるかどうかなど適応疾病の重篤性、▽治療法や予防法、診断法の有無など医療上の有用性-の観点から総合的に評価する。

 要望は、「要望品目に関する情報」や「導入に際しての状況」などの必要事項を、所定の様式で提出する。
 締め切りは、1回目が6月15日、2回目が9月末、3回目が来年1月末。寄せられた要望は、それぞれの締め切り後に開かれる検討会で早期導入の必要性を検討するが、3月末以降の開催は未定という。


【関連記事】
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議
規制緩和で「成長産業化」狙う-民主党・医療機器作業チーム
「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会
PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
PMDA省内仕分け、好意的意見続出

沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
<児童ポルノ>遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に(毎日新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕-警視庁(時事通信)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
AD