24日午前8時10分ごろ、千葉県市川市国府台の薬局「ベル薬局国府台」で、モルヒネと向精神薬などが盗まれているのを、出勤してきた店長の男性(44)が見つけ、警察に届けた。県警市川署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、モルヒネ56錠、向精神薬約3900錠、睡眠薬約1100錠と現金約8万5千円がなくなっていた。

 薬局は平屋建てで、建物の奥にある休憩室の小窓の格子とガラスが外されていた。薬剤は休憩室隣の調剤室に置かれ、モルヒネは手提げ金庫に、向精神薬と睡眠薬は鍵のかかる引き出しに保管されていた。

 薬局は、23日午後6時20分ごろに職員が帰宅して以降、無人だった。

【関連記事】
筋弛緩剤を紛失 大阪市立総合医療センター
ミツバチ16万匹が盗難、京都・城陽市の養蜂場
医師宅から金7キロ盗難 2千万~3千万円相当、金貨数十枚も
鋼管3200本盗難 資材置き場から28・5トン
盗難のカーネル像発見 米ケンタッキー州で
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

元キャスター真山勇一氏、みんなの党比例公認(読売新聞)
<高速料金>制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
陸自の誘導弾、誤って飛び出す=点検中、けが人なし-群馬(時事通信)
<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
名古屋「市民税10%減税」恒久化、否決(読売新聞)
AD