北九州市小倉南区新曽根の白石鉄工社長、白石正人さん(70)が殺害された事件で、福岡県警は3日、同市八幡東区日の出2、元同社従業員、宮尾孝行容疑者(44)を死体遺棄容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。宮尾さんのバッグや腕時計などがなくなり、殺害をほのめかす供述を始めているといい、県警は強盗殺人容疑でも追及する。

 逮捕容疑は3月30日午前11時半ごろ、同社資材置き場のコンテナで、白石さんの遺体にシンナーのような有機溶剤をまいて火をつけたうえで、扉に南京錠をかけて放置したとしている。

 県警によると、宮尾容疑者は昨年10月から同社で日雇いの形で勤務していた。勤務時間中に職場を抜け出すなど勤務態度が悪く、会社幹部がたびたび注意していた。白石さんは30日午前11時過ぎ「解雇を告げに行く」と従業員に告げて職場を出た後から行方が分からなくなっていた。

 こうした状況から、県警は解雇を巡るトラブルが事件の背景にあるとみて、宮尾容疑者から任意で事情を聴いていた。

【関連ニュース】
北九州社長殺害:頭を殴られ絶命後に火 司法解剖の結果
殺人:鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州
殺人:資材置き場に社長遺体 北九州
殺人:鉄工会社社長殺害か 親族通報、資材置き場で発見--北九州

<児童買春>JAXA副室長を懲戒免職 少女にわいせつ行為(毎日新聞)
首相、普天間移設案は「腹案すでに用意している」(産経新聞)
光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査(医療介護CBニュース)
首相動静(4月6日)(時事通信)
AD