仙谷由人国家戦略担当相は16日、TBS「時事放談」の収録で、夏の参院選前に鳩山由紀夫首相が退陣した場合の対応を問われ「もういっぺん(昨夏の衆院選から)1年で申し訳ないけどということで(衆参)ダブルを問うということは論理的にある」と衆参同日選の可能性に言及した。

 米軍普天間飛行場移設問題が難航するなか、自民党からは首相退陣に伴う衆参同日選を警戒する発言が出始めている。仙谷氏は「歴史的な政権交代をした内閣を続けることで、守られる民主主義の価値がある。課題を一つ一つ解決することで、政権への信頼を取り戻さなければ」とも述べた。【青木純】

【関連ニュース】
仙谷担当相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討
仙谷担当相:中期フレームに消費税上げ方針
仙谷国家戦略相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官の代替で検討
郵政改革:首相「亀井案基に調整」 仙谷氏ら、なお批判--きょう閣僚懇
消費税:中期フレームで増税盛り込み--仙谷担当相方針

<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認-長崎県警(時事通信)
AD