捕鯨妨害を繰り返す米団体シー・シェパード(SS)メンバーのピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)が日本船に侵入したとして国内に運ばれ、艦船侵入容疑で逮捕された事件で、ベスーン容疑者が逮捕の際、東京海上保安部から英語で容疑について説明を受け、うなずいていたことが分かった。

 同部によると、ベスーン容疑者は日本船「第2昭南丸」で東京・晴海埠頭(ふとう)に運ばれ、船内で逮捕された。同部が逮捕状を示し、英語で容疑を説明したところ、うなずき、抵抗せずに海保施設に連行されたという。

 ただ、同部は「うなずいた行為が、容疑を認めることを意味するかは分からない」としている。

【関連記事】
シーシェパード逮捕「被害者を逮捕した」とSS代表が非難
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議
反捕鯨 再び豪選挙の争点に
シーシェパードの抗議船、曳航中に南極海で沈没
20年後、日本はありますか?

「高速暴走」260キロ!動画 投稿主はネット上で特定?(J-CASTニュース)
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取-さいたま地裁(時事通信)
献金知らない、火の車…小林千代美議員ちぐはぐ説明(読売新聞)
農水省公用車、車ごと随意契約 会計検査院が「不適切」(産経新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で-自民・舛添氏(時事通信)
AD