ジルコニアクラウン ・ ブリッジ ・ インプラント など、 とにかく、 料金の安さ だけを 最優先 されている方、 必見です!


審美歯科では、 ジルコニアなど、 人工的な材料を 使用して 治療が 行われますが、、、


我々 歯科医は、 患者さんの要望に 応じて、 ジルコニアや セラミック、 レジン ( プラスチック ) 、 金属 などを 適宜 使い分け、 最終的に クラウンや ブリッジ、 インプラント などの 形で 歯の修復 ・ 審美的改善を 図ります。


治療後、 これらは 患者さんの 口の中で 長い間 使用されることに なります。


言わば、 生体内で 長期間 使用されるモノ な わけですから、、、


これら 歯科技工物の 安全性や 品質に 対する チェックは、 食品等の安全基準などと 同様、 きわめて 重要です。


自身の 口の中に いったい どんなモノが 入るのか?


患者さん一人一人が きちんと 把握し、 認識される という事が 大切です。


国内で 歯科に 使用される 材料は、 歯科医師法 や 薬事法、 歯科技工士法 に 則り、 厳正な チェックの元に、 その 品質 と 安全性 が 管理され、 皆様に 安定して 供給される システム と なっています。


ところが 近年、 規制緩和 などにより、 安全性の 問題が 指摘されるような 海外委託発注 の 歯科技工物 が 流通するように なりました。


平成17年以降、 技工物の 海外委託が 事実上 容認 されたため、 それに 伴って、 日本でも コストの安い 海外委託発注 の 技工物が 流通しています。


アジア圏某国で製作された クラウン ・ ブリッジ ・ インプラント上部構造 ・ 義歯 等が 既に 多く出回っており、 それらは、患者さんに 対して 安く 提供されています。


国内で 製作される 技工物に関しては、 上述のような 厳しい チェック機構が 機能 しており、 安全性が 確保 されていますが、、、


海外で 製作された 技工物は、 材料 ( 成分 ) などに 問題が あることがあり、 さらに これらは、 有資格者ではない人 ( 歯科医や 歯科技工士の ライセンスが ない者 ) の 手による 製作物も 横行しているため、 なおさら、 問題が あるのでは ないでしょうか。


歯科医院にとって 製作コストが 安上がりな 技工物は、 患者さんにも 安く 提供され、 「 安さ 」 だけを 追求される 患者さんに とっては、 とても 魅力的 でしょう、、 品質や 安全性を 差し置いては・・・。


平成23年、 アジア圏某国製の 歯科技工物から 発ガン性や 呼吸器障害が 危惧されるような、 人体に とても 有害とされる 物質が 検出された・・・ という、 大変 ショッキングな 内容が TV放映 されました。


日本国内では 使用が 禁止されている 金属成分が 検出された と いうのです。


これらのモノが 横行するようになった 近年においては、 世界でも トップレベルの 品質 ( 技術 ) 水準 を 誇った 日本の 歯科医療の 安全神話も 崩れてしまいました。


海外技工物について 「 医薬品ではない 雑貨扱い 」 と されています。


加えて、 例えば、 無資格者が、 どこの国で どのような 材料を 使用して 製作されたものでも 構わない と されています。


「 特に 問題はない 」 という ことですが、、、 果たして、 本当に そうなのでしょうか?


素性が 明らかではない 得体の知れない モノが、 本当に 問題ない と 言えるのでしょうか?


調査サンプルの 抽出数は 少なく、 正確な 実情を 捉えたものとは とても 考えにくい ものです。


平成20年に 実施された 調査に よると、、、


「 あなたは、 歯科医からの すすめがあれば、 海外で 製作された 技工物を 自身の口の中に 入れることに 同意するか? 」 の 問いに対して、 7割以上の人が、 「 同意しない 」 と 回答しています。


当然の 日本人的反応 かと 思います。


でも、 かたや、 世の中には、 やはり 安さだけを ひたすら 追求しようとする患者さんも いるわけです。


インターネットで 歯医者検索し、 より 安い歯医者を 探すことに 奔走します。


もし、、、


あなたが 探し当てた、 料金の安い 歯医者で 提供されている モノが、 仮に、 海外委託技工物 で あったとしたなら、、、


それでも あなたは、 そこの医院で 治療を 受けるでしょうか?


海外で 製作された 技工物は、 法的な 制約や 行政上の チェックのないまま ” 雑貨扱い ” で 輸入され、 現実に、 歯科治療 ( 審美 や インプラント などの 自由診療 ) で 使用 されています。


ホームページで 料金の " 安さ " を ウリに アピール している 歯科医院は、 世に たくさん 存在します。


患者獲得に 向けた 過当 ( 低価格 ) 競争が 激化している かと 思われる 昨今の 歯科医院事情。


近隣アジア圏某国を 中心とする 海外へ 技工を 発注依頼する 理由は、 言うまでもなく、 人件費 および 技工料金 の 安さ にあります ( 日本での 製作コストの 3分の1程度で 済んでしまうこともある ) 。


歯科医院に とっては コストダウンによる メリットが たいへん 大きく、 収益も上がります。


患者さんに対しても、 治療費が 安く 済めば、 喜ばれるでしょう。


たとえ、 どこの国で どんな材料を使って どんな人が 製作したのかも 分からない 得体の知れないモノであったとしても・・・。 


コストダウンによる 収益率UP と 安売り提供アピールによる 患者ウケの良さ ( 集客率UP ) の 一挙両得を 図る 歯科医側 と 料金の安さを 求める 患者側、、、


安全で 良質な歯科技工物の 提供が 懸念されます。


ホームページを 見て、 自分の希望するモノ ( 治療法 ) が、 どこよりも 安く、 最安値で 提供している 医院を 見つけたとしても、、、


仮に、 そこの医院では、 海外委託発注技工物だから、 安く 提供できている という カラクリが あったとしても、、、


そこの医院では、 わざわざ、 「 当医院では、 海外委託発注技工物を 安く 提供しています 」 とは、言わないでしょうし、 ホームページにも そんなことは 微塵も 掲載しないでしょう。


電話で、、、 「 おたくの医院の 技工物は 海外で製作したものではないですよね?」 などと 尋ねるのも ナンセンスでしょう。 


ちなみに、、、


当クリニックでは、 海外委託技工物は 一切 使用しておりませんので、ご安心ください。


当クリニックで提供しているジルコニアクラウンは、 安心 ・ 安全な 純正材料を使用し、 全ての 製作行程を国内で行っております。


ジルコニアクラウンを はじめ セラミックによる治療で、、、 「 自分は どの クラウン ( 治療法 ) を 選べば いいだろうか・・・? 」 と お迷いの方は コチラの記事も  ぜひ ご参考に!


---- ♪ 歯っぴいクリニック ♪ 東池袋 あべ歯科 ----

受診予約は (TEL) 03-3983-1108 携帯

東京都豊島区南池袋4-18-12

虹 東池袋 あべ歯科 ( 総合案内 )

    歯っぴいクリニック 音譜

■ 電話でのお問い合わせの前に! 必ず コチラ を 確認されてから お願いいたします。

■ お電話される際には、下記 診療時間 および 休診日を よく ご確認の上で、お願いいたします。

< 診療時間 >  日曜診療も行っております!
( 平日 ) AM 11:00 ~ 1:00  PM 3:00 ~ 8:00
(土・日) AM 10:00 ~ 1:00  PM 3:00 ~ 6:00
< 休診日 >  月 ・ 金 ・ 祝

※ 当クリニックは 自由診療を メインとする クリニックです。
※ 「 歯っぴいクリニック 」 は 東池袋 あべ歯科の 登録商標です。

AD