民主党の山岡賢次国対委員長は22日午後の党代議士会で、舛添要一前厚生労働相(61)らが自民党を離党し、新党を結成することについて「いかにも選挙互助会だ。『新党改革』というが、改革クラブに婿入りし、表札を変えただけ。自民党のエースが夜逃げのように出ていったことは寂しい感じだ」と批判した。そのうえで、自民党に対して「ぼろぼろ崩れている。引き留める能力もなかったのか」と揶揄(やゆ)した。

【関連記事】
舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
八方ふさがり最後の決断 舛添新党、23日結成で最終調整
首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
「5月末までには五月晴れに」徳之島の普天間移設拒否で首相(産経新聞)
公務員、10年で3分の1削減=「創新党」の山田、中田両氏インタビュー(時事通信)
光ケーブル課徴金160億円、各社に通知(読売新聞)
春の嵐 東北を直撃 1人死亡、3人重軽傷(河北新報)
AD