女優の三原じゅん子さん(45)は8日、自民党本部で開かれた党女性局主催のイベントに出席後、記者団に「子宮頸(けい)がんを体験したので、予防啓発のために政治の力を信じて勉強していきたい」と述べ、今夏の参院選への立候補に意欲を示した。同党は比例代表での擁立を検討している。三原さんは講演で自身のがん闘病体験を語った。

【関連ニュース】
自民:参院選岩手で県議を公認
自民:参院選候補を追加発表
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
国民新党:亀井郁夫副代表 参院選に選挙区での不出馬表明
参院選:民主・木俣議員不出馬 愛知選挙区、比例代表も

小学校屋上から男児転落=天窓踏み抜く、意識あり-鹿児島(時事通信)
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件-金沢(時事通信)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
AD