日本海東縁変動帯

テーマ:
日本海東縁変動帯(にほんかいとうえんへんどうたい)とは、文字通り日本海の(日本列島より)東縁を南北に延びる幅数百キロの地質学的な歪みの集中帯。ユーラシア大陸 - サハリン間の間宮海峡から北海道積丹半島沖を通過し、男鹿半島沖から新潟沖に繋がる。北方への延長線は、東シベリアから北極海底の超低速で拡大するナンセン・ガッケル海嶺を経て大西洋中央海嶺に繋がるが、大西洋中央海嶺は拡張方向の運動で、シベリアの北側にあるラプテフ海のファデエフスキイ島(Ostrov Faddeyevskiy)付近を回転軸として日本方付近は東西方向からの圧縮運動となっている。プレートテクトニクス的観点プレートテクトニクス的に捉えれば、ユーラシアプレートと北米プレートが衝突している境界で、日本海側(ユーラシアプレート)が日本列島(北米プレート)の下に潜り込む運動をしている場所。現時点では潜り込みがまだ浅く「衝突」の域を出ていないが、数百万年後の未来には新たな海溝を生じて、海底地形としてはっきり表れると考えられている。この部分をプレート境界とする根拠は、新潟県沖から北海道西方沖までマグニチュード7規模の地震が線上に発生していたことによる物で[1]、1983年の日本海中部地震をきっかけとして「日本海東縁新生プレート境界説」[2]が発表されたことで注目された。1995年のサハリン北部のネフチェゴルスク付近の地震 (M7.6) 以降は、サハリン - 日本海東縁変動帯とも呼ぶことがある[3]。活動状況サハリン東岸から北海道西方沖をへて新潟付近の地帯では、過去200年間でM6.5を越える規模の地震を10回程度発生させている。日本列島の陸上部の境界線は明らかになっていないが、新潟神戸構造帯(NKTL)と繋がるとする説と、佐渡島?能登半島間を通り糸魚川静岡構造線(ISTL)へと繋がるとする説がある。新潟?神戸構造帯を延長方向として捉えると、三条地震、善光寺地震、新潟県中越地震、新潟県中越沖地震の発生が見られる。また1741年に北海道の渡島半島の熊石から松前にかけてを襲った、謎の大津波の原因となったとされる渡島大島[4][5]や奥尻海嶺、佐渡海嶺、西津軽海盆などがある。提唱されてからの日が浅いため、地質的な調査は十分に行われていない。変動帯と周辺での地震過去200年間に発生した地震のうちM6.5 以上の主な地震を抽出18

小沢氏不起訴、地検の葛藤 「十二分の証拠」が壁 政治家のうそは鮮明に(産経新聞)
JR北海道 新幹線に貨物車丸ごと搭載…研究車両公開(毎日新聞)
有識者会議委員免職も検討=全国町村会長逮捕で-長妻厚労相(時事通信)
<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
AD