世迷い言だらけ

書きたいことを、書いてるだけ
反主流派・弱小ブログと自負しています。


テーマ:
◆原発事故でチョウに異常 琉球大チーム調査 
http://www.47news.jp/47topics/e/233375.php
 東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で、チョウの一種「ヤマトシジミ」に遺伝的な異常が出たとする調査結果を琉球大の大瀧丈二准教授(分子生理学)らの研究チームがまとめ、10日までに英科学誌電子版に発表した。

ヤマトシジミは人が生活する場所に多く生息する。
チームは昨年5月と9月、福島県内のほか茨城、東京など計10カ所で採集した。

5月に集めた成虫144匹から生まれた卵をふ化させて育て、孫の世代まで調べたところ、いわき市や広野町など福島県内のチョウは、子の世代で死ぬ確率がほかの地域に比べ高かった。
線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さくなっていた。
子の世代では全体の約2割で羽の配色パターンや斑点の数などに異常があり、親の世代よりも1.5倍高い発生頻度だった。

9月に採集した成虫約240匹では、子の世代の約5割で異常が見つかった。

事故による放射性物質の影響がほとんどないとみられる沖縄のヤマトシジミに低線量の被ばくをさせた実験では、同様の異常が出た。

大瀧さんは「昆虫は低線量の放射線に強いと言われていたが、ヤマトシジミは弱いことが分かった。事故が周辺の自然に影響を与えているのは間違いない」と話している。

◆チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か‐琉球大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012081001219
 東京電力福島第1原発事故の影響により、福島県などで最も一般的なチョウの一種「ヤマトシジミ」の羽や目に異常が生じているとの報告を、大瀧丈二琉球大准教授らの研究チームが10日までにまとめ、英科学誌に発表した。
放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれているとみられるという。

大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ」と話した。

研究チームは事故直後の昨年5月、福島県などの7市町でヤマトシジミの成虫121匹を採集。
12%は、羽が小さかったり目が陥没していたりした。
これらのチョウ同士を交配した2世代目の異常率は18%に上昇し、成虫になる前に死ぬ例も目立った。
さらに異常があったチョウのみを選んで健康なチョウと交配し3世代目を誕生させたところ、34%に同様の異常がみられた。

★『ヤマトシジミの異常は原発事故の影響?』
http://togetter.com/li/353759

【論文】
The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
Scientific Reports 2, Article number: 570
http://www.nature.com/srep/2012/120809/srep00570/full/srep00570.html
http://www.nature.com/srep/2012/120809/srep00570/carousel/srep00570-f1.jpg
http://www.nature.com/srep/2012/120809/srep00570/carousel/srep00570-f2.jpg
http://www.nature.com/srep/2012/120809/srep00570/carousel/srep00570-f3.jpg
http://www.nature.com/srep/2012/120809/srep00570/carousel/srep00570-f4.jpg

★お知らせとヤマトシジミの斑紋異常[2009/09/21]
http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/index.php?e=480

★奇形のヤマトシジミ[2005/08/04]
http://miyakodori.blog2.fc2.com/blog-entry-280.html

★アゲハ蝶が、毎年鉢植えの夏みかんの木で育つのですが、羽の畸形で飛べなかったり...[2010/05/01]
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1440204839

◆21世紀 核の時代 負の遺産
スリーマイルアイランド原発 上
傷癒えぬ「最悪の事故」■ 被曝の影響 会社は否定
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/nuclear_age/us/020428.html

69:08/11(土) 01:17 fVKWFMbf
サンプル数が少ないが、遺伝子の異常はその場所に適合する為の変化である。
5~6年後、今の福島の子供さんに甲状腺がん、白血病が表れない事を祈る。

153:08/11(土) 07:29 FlCb3C3O [sage]
そんなに人間の遺伝子は強いのか

155:08/11(土) 07:41 8h9oyxSW
>>153
【閲覧グロ注意 ↓↓↓】
http://livedoor.blogimg.jp/ail01u9j10taw/imgs/0/0/00e2c6b3.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/ail01u9j10taw/imgs/4/7/4727d7bf.jpg
強くないよ
ジョウジョウバエ 遺伝子数14000 ゲノムの大きさ(塩基対)1億8000万
ヒト 遺伝子数26000 ゲノムの大きさ(塩基対)30億

156:08/11(土) 07:46 dZ/Nwq7q
>>155
グロ注意

164:08/11(土) 08:13 L0nMdsLm [sage]
>>155
放射線に強い生物として、参考↓

クマムシ 遺伝子数15000 ゲノムの大きさ(塩基対)6000万
D. radiodurans 遺伝子数3195 ゲノムの大きさ(塩基対) 計1350万 (プラスミド含む)
乾燥に強い生物はDNA修復能力が強いとされてる。

遺伝子やゲノムの数よりも、母体という安定した環境で発生できるからヒトは強くないと言うべきなんじゃないか?

165:08/11(土) 08:14 8h9oyxSW
>>156
それ福島県の
今の福島情報、本当かウソかは知らないけど
彼女の住んでいた福島県の○○市の、勤務先である病院で、7人の妊婦のうち、5人の胎児が流産、ダウン症、奇形児だったそうです。
・ダウン症 2人
・指が6本の子供 1人
・無脳症 1人
・流産  1人

(・_・)
>人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ
>羽が小さかったり、目が陥没していたり
>異常×異常 2世代目の異常率は18%に上昇し、成虫になる前に死ぬ例も目立った
>異常×健康 3世代目を誕生させたところ、34%に同様の異常がみられた

蝶より人間が遺伝子的には、ちょっぴり強いかも知れない。
でも、手足が小さかったり、目が陥没してたりしたら死産扱いにして闇に葬るんでしょうね。

低放射能被曝での人体的な異常が出るのに、あと3年半以上は待たなくてはいけない。
今現在は、チェルノブイリの事例を参照にして推測してるだけ。
フグシマ低放射能被曝実験場内で、暮らす人々はリスクを考えないといけないと思う。
例え低放射能被曝の症状が出たとしても、東電や政府は「原爆被曝者の訴訟」と同じ様に簡単には認めないと思う。
低放射能被曝と認定されても、二度と健康な身体は取り戻せない。
厄介な治療不可能な持病を、新たに数種類抱え込むのは遠慮したい。


いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード