2014年の1年間もカリスマじみ~のかいしゃくをご覧いただきまして、
本当にありがとうございましたm(__)m
(殆ど更新しておりませんが・・・汗)

大晦日は1年の無事を感謝する日です。
私も先ほど、神社で一年の感謝をして参りました。

今年も世間では悲喜こもごも色々なことがありましたが、
私自身は、大過もなく、
平穏無事に過ごせたことを改めて感謝しております。

そんな中当ブログを応援して頂き、
心より感謝申し上げます。
(来年はもう少し更新したいです 苦笑)

来年2015年も引き続きどうぞよろしくお願い致します(^.^)
良い年をお迎えください。

ジミー(22)
AD

印象(いんしょう)

テーマ:
「実態より優先されます」


最初は上辺だけであっても、

印象付けていることが、

実態に変わっていくものです。


「大切なのは、
どう思われるかでなく、
どう思わせるかである」
by 西田文郎さん



ZIMMY(22)
AD
2013年の1年間もカリスマじみ~のかいしゃくをご覧いただきまして、
本当にありがとうございましたm(__)m
(殆ど更新しておりませんが・・・汗)

大晦日は1年の無事を感謝する日です。
私も先ほど、神社で一年の感謝をして参りました。

今年も世間では悲喜こもごも色々なことがありましたが、
私自身は、大過もなく、
平穏無事に過ごせたことを改めて感謝しております。

そんな中当ブログを応援して頂き、
心より感謝申し上げます。

来年2014年も引き続きどうぞよろしくお願い致します(^.^)
良い年をお迎えください。

ジミー(22)
AD

勇者(ゆうしゃ)

テーマ:
「自分の心に打ち克つ人です」


「不安」や「恐れ」に向き合い、

対処する術を身に付けたものを「勇者」と呼び、

飲み込まれたものを「臆病者」と呼びます。


「勇者とは怖れを知らない人間ではない。
怖れを克服する人間のことなのだ」
by ネルソン・マンデラ



ジミー(22)

外出(がいしゅつ)

テーマ:
「感情の解放です」


怒りや、悲しみや、不安など、

本来外に出すべき、

感情を内に秘めているから、

ストレスが溜まり、

疲れるのです。


消耗した体力は寝れば解消されますが、

蓄積した感情は、

寝ても解消されません。


そこで、感情を解放する手段の一つに、

体を使うことがあります。


イライラしているときに、

散歩やスポーツをすることで、

発散されたという経験は、

誰しもあると思います。


心と体は、

有機的に一つなので、

相互に関係しているのです。


「だるい」と思っていても、

精神的なものであれば、

体を使ってみることです。


「疲れるからうちにいたい」という人がいますが、

「外に出ないから疲れる」のです。



「悩みを持ってもいいんだ、
相談しても大丈夫なんだ、
感情を外にだしてもいいんだ、
という雰囲気を作ってあげることで、
抑圧した感情を解放しやすくなります」
by 原裕輝さん



ジミー(22)

前進(ぜんしん)

テーマ:
「思うことです」


前進している人は、

前進すると思っている人です。


「そう思ったとき、すでにそうなり始めている」
by 福島正伸さん



ジミー(22)

価値観(かちかん)

テーマ:
「重ねていくものです」


守るのでも、

変えるのでもなく、

取り入れていくものです。


「人の価値観は性格とも密接に関連します。
性格を変えるのは難しいけれど、
増やすのは難しくないので、
こだわりを捨てて他の価値観も、
取り入れてみたらよいと思います」
by 植木理恵さん



ジミー(22)
【お知らせ】カリスマZIMMY(じみ~)のかいしゃく!の更新について


読者の皆様こんにちは、ジミーです。
いつも【カリスマZIMMY(じみ~)のかいしゃく!】をご覧頂き誠にありがとうございます。

突然ですが、一身上の都合により、今後ブログの更新を不定期にさせて頂きます。

2008年8月より、4年半毎日続けてこれたのも、
読んでいただける読者の皆様がいたからこそでございます。
ありがとうございます。

決して止める訳ではございませんので、ご理解頂ければ有難いです。

引き続き【カリスマZIMMY(じみ~)のかいしゃく!】をどうぞよろしくお願い致します。


2013.3.24
ジミー

仕上げ(しあげ)

テーマ:
「相手の立場になって考えることです」


仕事の仕上げは、

今一度、相手の立場になって考えてみることです。


「経営書を読むとき、
漠然と活字を追っているわけではなく、
読みながらこの会社を自分が経営していたらどうする、
と登場する経営者を自らに置き換えて考える」
by 柳井正さん



ジミー(22)

微温湯(ぬるまゆ)

テーマ:
「慣れた環境です」


人間は環境に対応する生き物です。

刺激は最初がピークで、

後は、ゆるやかになくなって行きます。

慣れと引き換えに、

無くしたものがあるものです。


「ぬるま湯というものは、
入っていて気持ちのいいものではない。
しかし出るとなお寒いから、
なかなか出られないものである」
by 下村湖人さん



ジミー(22)