1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-25 00:34:31

新曲の歌詞を制作中

テーマ:ブログ



ガラスケースに閉じ込めないで…


お願い、、壊れちゃうよ


飾られる喜びなんて欲しくないの


壊れないように


誰かが
ただそっと包んでくれたなら



全てが解き放たれるから
きっと…



その願いを叶えてくれたなら



いつか落としてくれても構わない



多分大丈夫だから


多分だけど…


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-20 06:46:40

今日は父の命日。父が亡くなって3年、母が亡くなって25年。

テーマ:ブログ



諸般の事情によりまして、
長らくブログを更新しておりませんで、

大変申し訳ありません。

今日、
10月20日は父の命日です。

丁度3年前の今日の深夜、
父は地元愛媛の特別養護老人ホームで病に倒れ、

緊急搬送された病院で息を引き取りました。

深夜、病院から私に電話連絡があり、

【お医者様】
「康博さんですか、
落ち着いて聞いて下さい。
現在お父様は非常に危険な状態です。」

【僕】
「それはつまり危篤状態ということですか?」

【お医者様】
「はい、そういう状態と言えます。」

【僕】
「わかりました。
では朝一の飛行機で東京からそちらへ向かいます。
せめて私がそちらに着くまで、
何とか延命治療をお願いします。」

【お医者様】
「申し訳ございません、
医療にも限界があります。
延命措置をしていますが、
ご本人の体力的にも朝までは、
とても持ち堪えられそうにありません。」

【僕】
「どうしても最期を看取ることはできないのですか?」

【お医者様】
「はい、非常に難しい状態です。
申し訳ございません。」


こうしたやり取りの後、
父は永眠いたしました。


僕がどうしても父の最期を看取りたかった大きな理由のひとつは、

25年前に母の最期を看取ることが出来なかったからです。


私は父の最期も母の最期も看取ることが出来ませんでした。


お母さん、
僕を産んでくれてありがとう。


末期の乳がんで毎日痛くて苦しくて眠れてすらいないのに、
毎週日曜日にひとりでお見舞いに行ったとき、
痛みを我慢して僕に構ってくれてありがとう。



お父さん、
男手ひとつで一生懸命育ててくれてありがとう。


仕事も、慣れない家事も必死にやってくれてありがとう。


いっぱい苦労かけてごめんなさい。


いっぱいわがまま言ってごめんなさい。



骨壺同士だけど、
お墓の中でふたり、
やっと寄り添えたね。


25年ぶりにやっと再会できたね。


再会してもう3年経ったね、
今日は少し寒いね、
仲良く頬寄せてるかな。





また・・・ふたりに逢いにゆきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-12-16 05:21:58

父が永眠いたしました

テーマ:ブログ


早朝に大変失礼致します。


おはようございます。

みなさま、
ご無沙汰致しております、
上田康博です。



ブログやTwitter、mixiなど長らく更新しておりませんで、
本当に申し訳ありません。


たくさんの方から、
最近更新がないので大丈夫ですか?

とご連絡やお問い合わせを頂いておりまして、


気にかけていただきまして大変有り難く、


また同時に、
ご心配を御掛けして誠に申し訳なく思っております。


私事で大変恐縮なのですが、


実は、
2013年10月20日
午前0時15分、

父が肺炎のため、
地元の愛媛県の病院にて
永眠いたしました。

享年74歳でした。


私の家庭では、


25年前に母をガンで亡くしておりまして、

また両祖父母も既に他界しておりますので、


長男の私が喪主として、

10月22日にお通夜、
10月23日に告別式を執り行いました。


また、
12月1日に四十九日の法要を行い、
無事に納骨までは終えました。



ただし、
その後も喪主として行うべきことや、


長男・跡継ぎとして、

死亡後の諸般の手続きや
名義変更、登記、相続の手続きなど、


法定期限内に済ませなければならないことが
とても数多くありまして、
まだまだ終えられない状況です。



管轄の異なる三ヵ所の遠隔地でそれぞれの手続きを
1人で行うことは、



想像を絶するほど煩雑で、
大変な手間や労力、時間を要します。



肉体的にも精神的にも、
非常に負担がかかっており、
大変な状況にありますのは事実ですが、



尊敬する父のために当然のことをしているだけですので、
決してそれを苦には思っておりません。



父のことやお世話になった方々へのこと、

私の様々な想い、


また、
音楽活動の進展状況など、


綴らせていただきたいことはまだ沢山あるのですけれど、


一回のブログでは到底お伝えできませんので、


日を追って、
少しずつお話させていただければと存じます。



今回は事務的な事後報告になってしまい、
本当に申し訳ありません。


長文を最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。

感謝申し上げます。



2013年12月16日

上田康博
AD
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。