7日午前9時ごろ、東京都千代田区丸の内1のJR中央線東京駅ホームから男性が線路に下りたのを、停車中の快速電車の運転士が発見し、警備員に通報した。男性は線路を約30メートル歩いた後、駆けつけた警備員の制止を振り切り、線路わきの壁(高さ1.5メートル)をよじ登り、約15メートル下の車道に転落。男性は病院に搬送されたが死亡した。警視庁丸の内署によると、男性は都内に住むJR東海の55歳の社員で、自殺を図ったとみて調べている。中央線や山手線などの24本が最大12分遅れ、約3万人に影響が出た。【内橋寿明】

【関連ニュース】
<関連記事>国鉄:民営化前後 150人以上の社員が自殺
<関連記事>無賃乗車:JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す
<関連記事>首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
<関連記事>中国電力:部長が自殺 島根原発調査担当
<関連記事>愛知県弁護士会:着服で懲戒検討の63歳弁護士が自殺

新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
国外移設も…民主6議員、サイパンなど視察へ(読売新聞)
本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
生後9日の娘、33歳母親が店のトイレで絞殺(読売新聞)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
AD