No Border 生きる。台湾で。

自分は自分でしかない。 I'll be there.


台湾にて「台北精米所 三代目俵屋玄兵衛」という「町の米屋」をしています。

日本が誇る農産物「米」を通して、「日本の食文化」を世界中に発信していきたいと
思っています。

WEBはこちら
台北精米所のFacebookはこちら
FB繁體中文訂購連結

TEL:(02)8228-0382
営業時間:9:30-18:00 (Mon - Fri)
Mail: info@tawaraya.com.tw






テーマ:

先週、ここ1年半ほどの間で久々にハンマーに殴られたような衝撃を受ける

出来事があった。

 

ただ、結論としてはそれでよかったと思う。

人が安定を求め、落ち着いたリズムになってくると成長は止まると言われることがある。

自分で自分を律することができる人ならともかく、そうでない人は無理やりでも強い衝撃を

受けなければ変われない、勝手がながらそう思う(少なくも自分はその部類)

 

4月以降、仕事での組織の作り方、ひいては仕事への取り組み方すら変わる必要が

あるだろう。しんどいのは間違いない。でもこのフェーズを逃げずに真正面から取り組むことで

必ずその先に成長が待っていると信じている。

 

結果がどうなるかはわからない。でも困難な状況に立ち向かう機会ほど貴重な経験はない。

 

先が見えないからこそ楽しい。そう、今の状況を楽しみながら越えていこう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回タイムマネジメントに関する投稿をしてから10日ほど経過した。
 
以前に比べ読書量は多少増え、定期的な運動をし、中国語の勉強時間も
(僅かだが)増えた。まだ理想には程遠いが少しずつでも着実にやっていこうと思う。
やらないよりはやるほうが絶対良いのだから。
 
今日は「目的思考を継続させるにはどうすればよいか」 というのがテーマ。
目的思考とはゴールから考え、そこに到達するまでのプロセスを考える、というもの。
 
正直社会人になってから今までの自分は、短期目線で目の前のことに対応しながら
少しずつ積み上げていく短期積み上げ方式だった。これでもある程度までは体力と情熱が
あればいける。だが、現在経営者として、単なるプレイヤーではなく一段高い目線で飛躍成長
させるには、このままではいけないと強い危機感を感じる。
 
目的思考が必要だと思ったのは次の二点の出来事があったからだ。
①ソフトバンクの孫さんが、投資会社を買収するなど常に先を読んで勝負していること
 →3手先(孫さんは10手先くらいかもしれないが)を常に読んで長期視点での行動をする
②何かの本で、これからは第二領域を磨くことが重要だと書いてあったのを見たこと。
 →第一領域は緊急度が高く重要性があるもの、第二領域は緊急度は低いが重要性が高いもの)
 
目的思考はそれを考えているときは誰でもできる、が日々の生活の中でいつの間にか
短期目線にすり替わり、気づいたらいつも目の前のことしか追っていないという状態に陥る。
 
では、どうすれば常に目的思考を持てるようになるか。
 
ロジカルな答えではないが、自分が出した答えは
常に自分に問い続ける「これのゴールは何か?ゴールから逆算しているか?」ことと
それを習慣づけること(例えばPCに目的思考に関する貼り紙を貼るなど)である。
 
また、目的思考になると一時的に短期での結果がでないことがありそれに焦りを感じる
こともあるだろう。しかしその際も長期スパン(例えば1年)でトータルの結果が良ければ良い
という俯瞰的視点で考える癖をつけることもまた重要だと思う。
 
と、同時に生産性をあげるために付加価値の高い仕事にどれだけ注力できるか、も
極めて重要になる。(実際はその前に付加価値の高い仕事とは何かを見極めることが
必要になる)
 
ルーチンや雑務は確実に今後AIやロボットに置き換わる。パラダイムシフトが如実に現れるまでに、個々人としての力量をつけ、価値ある人材になりたいと思う。
 
まとめると、
目的思考になるために、必要なことは
①常に自分に問い続ける「これのゴールは何か?ゴールから逆算しているか?」
②付加価値の高いことを見極めフォーカスする
 
 
AD
いいね!した人

テーマ:
昨日、日本のとあるベンチャー企業経営者のブログを読んでいて
いかに自分が時間の使い方を誤っているかということを痛感した。
※いきなり脱線するが日本のベンチャー経営者は本当に意識高いというか
非常に優秀な方ばかりで刺激をもらっています。
 
一般の人は、1日24時間の多くを仕事に費やしているが実際仕事の時間と言っている
その大部分はルーチンワークや付加価値のあまりない業務(= 雑務)をしている。
また、スキルを身につけるために勉強したり、運動したり習い事をしたりと
自己投資する時間が極端に短い。
 
上記僕が見たベンチャー経営者は3年間自分の時間の使い方をExcelに記録している。
そんな彼の時間の使い方は、一般の人とは違い、
①仕事は付加価値の高いものに集中(雑務は任せる&仕組み構築でルーチン化)
②自己投資(読書など含む)の時間を一般人の3倍費やす
③外で遊ぶ時間を一般の人半分にする
④ボーっとする時間(何もしない)を一般人の3分の1にする
 
ということをしている。
注目は②だろう。自己投資をすることで自分を磨き、同時に外部の新たな視点を
得ることで経営に生かすことができる。当然②のためには①が必要になる。
正直ここ数年の自分の問題点は、
・仕事は雑務が90%で付加価値業務ができていない(→仕組み構築ができていない)
・自己投資(特に中国語)が極端に減少
・④のボーっとする時間が増え、自分と向き合う時間ができたが何も生み出せていない
 
という感じだった。
ぶっちゃけ非常にアカン状況だと思う。
この危機感を自己改革のエネルギーとしたい。
ただ、タイムマネジメントだけ集中してもピンポイント過ぎて意味がない。
大枠を考えてみたい。
 
【大目的】
会社として更なる価値を創出し、大きくする
↓ (そのために)
経営者の器が非常に重要
【ステップ①】
自己のタイムマネジメント(行動の適正化)を実施(←まずはここ!)
   -朝の時間を使い運動&読書
   -読書量を増やす(月間10冊)
   -中国語を一日1時間は勉強する
   -仕事は付加価値が高いものに集中。仕組み構築でルーチンは移譲
【ステップ②】
経営者として適切な意思決定&従業員のエナジャイズ(元気にする)
社内の環境を適正化&従業員とのコミュニケーション活性化
【ステップ③】
業績拡大 社員への裁量権を少しずつ拡大する
安定的な経営基盤を整える
同時に自己の更なるスキルアップ(多方面で) 
【ステップ④】
次期経営者の育成&自己の仕事多角化、より付加価値の高い業務遂行
 
 
大枠としてはこんな感じ。
ひとつひとつ、しっかり確実にこなしていきたい。
まずはタイムマネジメント改革ということでタイムマネジメント関係の本を数冊読むことから
スタート。同時に中国語の単語を毎日少しずつ覚えていきたい。
日々の積み重ねを焦らず着実にやっていこう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
台湾での旧正月も今年で4回目を迎える。
 
早いなと思うと同時に、自分の成長率の鈍化に焦りを感じている、という部分も
正直ある。今、LIFE SHIFTという本を読んでいて100年生きるのが当たり前になっていく
世の中でどのように生きていくのか、というテーマを考えている。
 
外部環境の変化によって自分は変わっていく。それはある意味正しい方向性だが
核となる部分はブラしてはならないと切に思う。だから時折「自分の核とは何か?」に
ついて自問自答する必要がある。
 
なる部分は書いている。
 
安定よりも変化、保身よりもチャレンジ、既知な世界よりも未知な世界を選択することが
自分のアドレナリンを活性化させ、調子をあげていく。これまでの自分の人生を顧みると
間違いなく正しい事実だ。
 
ここまでは、恐らくいつだって理解していることだと思う。問題はいかに上記の状態に
していくか、ということ。日々のルーチンワークに忙殺されているとなんとなく日々は過ぎ
変わらない結果が未来に居座っているだけだろう。
 
ポイントは、2つあると思う。
①行動する 具体的には知らない土地に行く(海外含め)
②とにかく人に会う(自分に合うか合わないかはとりあえず置いておき数が大事)
 
①は一昨年くらいから少しずつ意識しているがまだまだ行動力が足らない。台湾国内は
思っているほど行っていない。時間を見つけてもっと行かなくては、と思っている。
 
②はやたら言い訳をつけ新しい人に会ってないなーと猛省。損得関係なく会ってみる
そこで話を聞き、自分の中で咀嚼していくことが大切
 
②が特に今後大事になるのはLIFE SHIFTで書かれていたが、人的ネットワークという
無形資産が100年ライフでは限りなく重要になっていくからだ。人と人の関わりはこれまで
よりフラットにでも複雑になっていき、人的ネットワークを築ける人とそうでない人は
大きな差がでてくるだろうと思う。動かなければ当然何も起きない。動いた人だけが
現状に変化の波を与え、そこから何かしら次に繋がるヒントを得られる。よってまずは
質より量で多くの人に会うことが重要になる。
 
人に会うということを億劫なく、突き進みながらやっていきたい。
あまり深く考えず、会ってrみる。そして常に学びの姿勢をもっていたいと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
よく自分と他者をいくら比較しても意味がない、ということを聞く。
 
それはもっともだと思うし、以前から自分は割とそのような考えだった。
最近思うのは、ビジネスにおいても他と比較することはあまり意味がないんじゃないかという
こと。参考にすることはあっても直接的な比較は意味がない。
 
今自分がやっていることをトコトン突き詰めることが何より大事で
現在のリソース、市場の成長性などを考慮していかに早くPDCAを回すか、
小規模企業ではこれが肝だと感じる。
 
また、この時重要なのが自分たちがやってることに「意義を感じながらやること」
「噛みしめながらやること」が大事だと切に感じる。そしてそうした気持ちはトップだけでなく
社員全員が持つことが重要。そのためにトップ自らが社員に語りかけ刷り込まさせることが
必要。
 
文章が全くまとまってないが、他を気にせず黙々と着々に目の前のことに
取り組んでいこうと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。