No Border 生きる。台湾で。

自分は自分でしかない。 I'll be there.


台湾にて「台北精米所 三代目俵屋玄兵衛」という「町の米屋」をしています。

日本が誇る農産物「米」を通して、「日本の食文化」を世界中に発信していきたいと
思っています。

WEBはこちら
台北精米所のFacebookはこちら
FB繁體中文訂購連結

TEL:(02)8228-0382
営業時間:9:30-18:00 (Mon - Fri)
Mail: info@tawaraya.com.tw






テーマ:

約4年半の台湾滞在が終わる。

(正確には明日夜に台湾を発つがインターネットの関係で今日整理したいと思う)

 

台湾を離れることが正直実感が湧いてなかったが

友人らと最後の食事会が連続して続くと、「ああ、もう終わりなんだな」と

ようやく実感がこみあげてきた。

 

台湾は間違いなく自分にとって「第二の母国」になった。

外国とは思えないほど馴染んでしまっているので日本に帰国してもあまり変化を

感じないだろう。

 

4年半の期間をざっと俯瞰すると下記のようになる。

●1年目

新しい国でのチャレンジの始まりに新鮮さを感じ同時に

会社立ち上げという全て自分でやり繰りしなければならない状況に

全力投球。やるしかない、という状況で必死だった。

 

●2年目 

少しずつ事業として軌道にのりかけ、2年目終盤にようやく一人正社員を雇う。

非常に優秀な社員のおかげで、じわじわではあるが売り上げが伸びる。

(終盤には単月黒字も達成)

 

●3年目

成長に行き詰まりを感じ始める。社員は一人増え売上も下がってはいないが

大きく上がることもない。思うように事業が成長しないことに歯がゆい思いを

するとともに、自分の中でコントロールすることの難しさを痛感し始める。

 

●4年目

3年目終盤から、体調を崩す。これは致命的なものではなく仕事は続けたが

体調不良はつい先日まで(期間にして1年半ほど)続いた。

知り合いからはこぞって「痩せたね」と言われるほどけっこう参っていたのだと感じる(笑)

社員は、トータルで5人に増え、自分がいなくても事業が回るようになる。

4年目の途中から「自分はそろそろ台湾を離れるべきだ」と思い、社長に打診。後任探しを始める。

後任に無事引継ぎが終わり2018年3月末で台湾での任期が終了。

 

 

仕事の面で、4年半の経験を通して身をもって学んだことは大きく3つ

① 0からのスタートでは自分が動かないと何も起こらない。行動あるのみ

② 経営者としてコスト意識が甘かった。もっと細部にわたり削れるコストがあった。

 同時に数値関連(資金管理、BS,PL管理)も甘かった。知識はもちろんだが、実行部分で

 確認をしっかりしてなかったり詰めていなかった。

③ 人の縁は大事。途中からは自分からの営業より紹介ベースでお客さんを紹介してもらう割合が

  増えていった。ビジネスライクで行き過ずお客さんからの信頼を得るためにじっくり人間関係を

  築いていくことは重要

 

 

また、生活部分では台湾人の友人らに本当にお世話になった。

中国語が離せない自分をなにからなにまで助けてくれて、共に旅行に行ったり

ご飯を食べにいった思い出は今後も色褪せないだろう。特に2018年に入ってから行った

小琉球と花蓮は素晴らしかった。台湾らしいナチュラルだけどエレガントで且つ人の温もりを感じられる

素晴らしい旅だった。

 

台湾生活で繋がった友人らとは今後も連絡を取り続けるし、台湾に来たときはもちろんいつか

日本で自分がいろいろ案内できればと思う。

 

ずっと台湾にいることで慣れ、自分の中でモチベーションをコントロール

できなくなった時期があったことは反省点で、これは今後どこで生活しようとも

つきまとう問題。台湾でその状況を打破したのは結局行動したことで

あった。行動しなければ成功も失敗も何も生まれないことを痛感した。

 

とはいえ、やはり台湾での生活は素晴らしいものだった。仕事でもまた来ることがあるだろうが

いつかプライベートでもきて、ゆっくり台湾旅を楽しみたいと思う。真的謝謝台灣!再見!

 

 

次のステージは、、、、実はまだ完全に決まっていない。

一度日本に帰国した後、今年中には再び海外(恐らくアジア)に行くことになる。

どんな場所にいようとも自分の中での軸は変わらない。

 

「自分が心躍ることにチャレンジする。二択あったら難しい(普通なら選択しない)ほうを選ぶ」 だ。

 

6月で30歳になる。まだまだ人生これからだ。止まらず走り続けていこう。

 

 


テーマ:

よくある記事かと思ったら、予想以上に深く考えさせられる内容だったので

自分なりに再度解釈してみる。

 

「より良い自分」を目指す人が自問自答すべき20のこと

https://forbesjapan.com/articles/detail/20270/1/1/1

 

1. 何ため、誰のためなら苦しむ価値があるだろうか
→ 家族。これしかない。
 
2. 私が他人に対して下す最も攻撃的な判断が、私自身について教えてくれることは何だろうか?
→ 自分が信じていることを侮辱されたとき。ただそれは完全に人それぞれで自分は自分の人生を生きるしかない
  ということ。
 
3. 他人に対する私の意見は常に同じだろうか、それとも変化するだろうか?私のその見方は、公正なものだろうか?
→ 以前は人によって態度を変えていたが、今は変わらない。ゆえに人よって自分への意見は変わらないと思っている。
 
4. もう一つの現実の中で、考え得る限り「最善の」自分に会えたとしたら、その人はどんな人だろうか?
→ 現実と同じで、「自分で選択して何かに挑戦している」状態の自分が理想。他ではない自分自身の人生を
走っている人
 
5. 私は自分の考えを述べることが多いだろうか、それとも他人が同意してくれると分かっていることを
話す方が多いだろうか?
→ 自分の考えを述べるほうが多い
 
6. もし私が来週、死んだとしたら、葬儀に来てくれた人たちが共有するのはどんな感情だろうか?
→ ある人は変わった人だと言うし、自分に近い人はやりたいことをやってた人、という会話をすると思う
 
7. 二度とソーシャルメディアを利用しないことを条件に、富や愛、成功など、人生で手に入れたいと
思うものを何でも自分で作り出すことができるとしたら私はどうするだろうか?
→ 自分に関わる人、コミュニティ、生きがいのある仕事、活力ある毎日を得るための健康
 
8. 私の日常生活は、長期的な目標を反映したものになっているだろうか?
→ Yes. 常にチャレンジ。それが実現できている。
 
9. 私が他人についてうらやましいと思うことは、私が本当に手に入れたいものが何かを教えてくれるだろうか?
→ 一瞬羨ましく思っても刹那的なもの。物質的なものではなく、自分が納得することが最重要。
 
10. 明日の朝、目が覚めたときに5年前に戻っていたとしたら
(そして今ある記憶が全てそのまま残っているとしたら)、私は今度は、どのような行動を取るだろうか?
→ 丁度ベトナムを離れるとき。インドかアフリカに行ってるかもしれない。
 
11. 不安にならないために、私はどんな行動を取っているだろうか?
→ 戦っている人の情報をWEBなどで見て奮起する。情報はあり過ぎるが取っていかないとダメ。
 
12. 絶対に乗り越えられないと思った過去の辛い経験は、どのようなものだっただろうか?
私はどうやって乗り越えたのだっただろうか?
→ 台湾に来てすぐのときにいきなり躓いた時。時間が解決してくれたが自分自身楽観的でいようと思った。
 
13. 怒りを解放するために、私に必要なものは何だろうか?私は誰に償う必要があるだろうか?
→ とにかく行動すること。
 
14. 生まれてこの方、私を最も傷つけたのは誰だっただろうか?私がその人たちから学んだことは、何だっただろうか?
→ いない。強いて言えばH氏。人はいつだってどんな状況でも「常識」を忘れてはいけないことを学んだ。
 
15. 「こういう人と結婚したい」と夢見る相手に望むことを、私は日常的に自ら実行しているだろうか?
→ 難しい。緩くなる時もあるが、基本はしっかり自分をもっている人間でありたい。
 
16. 死ぬ間際に人生を振り返ったとき、自分が取った行動の中で最も重要なものとして思い起こされるのは、
何だろうか?気にするべきではなかったと思うことは、何だろうか?
→ ベトナムに行くことを決断したとき。視界が開けた。自分の健康面について気にしすぎた。どうでもいいこと。
 
17. 私が自分自身を傷つけるために、最も頻繁に取ってきた方法はどのようなものだろうか?
満たされていない私の願望について、その行動が教えてくれることは何だろうか?
→ OPENにならなかったこと。自分を解放しなければ周りも世の中も開けてこないということを学んだ。
 
18. 1箱分の荷物しか持たずに外国に行かなければならないとしたら、私は何を持っていくだろうか?
→ スマホ、財布
 
19. その行動を表す特定の名もない親切な行為を日常生活に取り入れるとしたら、
私はどのようなことをするだろうか?
→ 道を譲る
 
20. ずっとこうなりたいと願っていたヒーローになるために、私はどうすればいいだろうか?
→ なりたいと思うヒーローはいない。今の自分の生き方は気に入っている。

テーマ:

台湾人の友人と台湾の離島である小琉球に行ってきた。

思えば、台湾に来てから友達と宿泊ありの旅行に行ったのは初めてだった。

と同時に久しぶりに少し遠出の旅行だ。

 

小琉球は、バイクで一周30,40分もあれば回れてしまう小さい島で

主要な産業は漁業だ。街の至る所に海鮮料理屋があり、新鮮(?)な

海の幸を堪能した。

 

島民はみんなほのぼのしていて幸せそうにみえた。

これはベトナムにいたころに感じたものと似ている。

だが、だ。

 

今思うのは以前とは違う。

それは、「たとえ都市で要らぬストレスを浴びていたとしても、閉ざされた世界にいるより良い」

ということ。

 

情報は少ないほうがいいこともある。という意味では

島のようなクローズドな人間世界で家族で生きていくのもひとつの幸せの形だとは思う。

ただもし情報がより多く入る世界にいるのなら、そしてそれを選択できるならやはり情報が多い(多くは都市)

で生活したほうが「可能性」は広がるのだと感じる。

 

ある人は「いや、インターネットのおかげで情報はどこにいても手に入る」と言うだろう。

ただ、視覚情報としてただ情報を得るのと、実際にその場にいて人とコミュニケーションを取り、

空気感を身に浴びるのは、天と地の差がある。インターネットで手に入らないリアルな情報は

膨大で且つ貴重なものだ。

 

そしてこれは田舎⇔都市の対比の話だけでなく、成長市場にいるか、否かの話にも通じる。

例えば、今自分は台湾にいて貴重な経験をしているが成長著しい海外という意味では

台湾よりもっと魅力的な場所はある。もし自分が成長を望んでいるなら魅力的な場所に行く必要が

ある。流れではなく、意識的な選択をして。

 

バンテージポイントとは「見晴らしの良い場所」とも訳される。

その場所にいるだけで、より高い見地で世界を見渡せる。

自分が選択できる環境にあるなら、バンテージポイントに行くべきだ。

 

幸か不幸か、台湾での生活も残り3週間ほど。

今自分がいる場所を意識して、生きていきたい。

 

 

 


テーマ:

このブログでも度々書いてきたが恥ずかしながら自分自身

この2,3年は自己の成長速度が大きく鈍っている気がしている。

 

理由は何か。

・台湾の環境に慣れてきてしまい新しい経験がなくなっている

・社員が増え、任せるようになり管理系の仕事中心になった

・売上、利益ともに自然増になり、自分からアクティブに取りに行くことが少なくなった

 

簡単に言うと(そして悪い言い方をすると)、「慣れたことで飽きてしまっている」 ということになる。

 

自分の性格上これは事実だろう。台湾が悪いのではなく、自己の気質と

現状が合わなくなってきているのだ。これが現状。

 

そのうえで、成長するために必要なこととは何か。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①自己の強みを知る

②自己の強みが生きるステージに身を置く

③飽きたら環境を変える

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この3つだ。

①については、自分はマネジメントよりプレイヤーであることで生きる。

動き回ることで身体も思考も活性化し、アクティブになれる。誰かを管理する仕事は自分には合わない。

 

②上記が生きる環境とは「自分で何でもやらなくてはいけない環境」 = 「事業の立ち上げ」だろう。

どうやればよいかわからないことが多いのが立ち上げ。試行錯誤してやり繰りしなきゃならないとき

精神的にも非常に不安定になるが、そこを乗り越えることでタフなメンタルが身に着く。

 

③これは意識しないと容易く4,5年という貴重な時間が過ぎる。飽きたと思ったら次へ。迷わない。

 

台湾に4年いて中国語スキルがあまり伸びなかったのは台湾という環境が中国語を話せなくてもなんとかなる

環境だったから。それは幸いなことだが一方で成長するための場所としては非常に危うい。

外国語を使わざるを得ない環境に身を置かないといつまでに身につかない。甘えかもしれないが実際

そうなのだ。

 

あと3週間で台湾での生活が終わり、一度日本に戻る。

変化が始まる。その変化を楽しみたい。次の成長に繋げるために。

 


テーマ:

久しぶり、いやもしかしたら人生でベストかもしれない映画をみた。

「キングスマン」。

 

世界最強のスパイ組織と悪の死闘を描いた本映画は、

スピード感×紳士でイケてて洒落も利く男×グロさ がミックスした

過激で痛快すぎるストーリーだ。

 

あまりのカッコよさにスーツを新調したくなった。真摯で賢くキレキレで洒落ている男は

正直男の自分でも惚れてしまった。それくらいカッコいい。

 

アクションシーンは正直グロい)(笑)。ここまでグロさをだしていいのかと最初は引いたくらいだったが

ここまでハッちゃけてるからこそ、面白さがより引き立つ。

ハリーが死んだときは「これはヤバい」と思ったがエグジーが驚くべき成長を遂げ

(というより実践でやり抜かなければ死、という状況でまさに修羅場で一気に

成長するとはこのことだと痛切に思った)

悪に挑む姿は応援せずにはいられなかった。

 

どんなに困難で絶望的な状況であってもイケてる男はユーモアを忘れず合理的に三手先まで

読んで動く。華麗に瞬速に、そして静かに。

理論よりも経験を積んで成長していくしかない。

 

ハリーのセリフ(ヘミングウェイによるものだが)は座右の銘にしたいほど。

 

人より優れていても気高くはない。真の意味で気高いとは過去の自分を超えることである

 

第二章も既に公開済みなので、見るのが楽しみだ。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。