兵庫県姫路市の社会福祉法人「五倫会」の施設から出たリサイクル用ガラスチップを不法投棄したとして、県警生活環境課は12日、廃棄物処理法違反の疑いで、同会や業務委託契約を結んでいた姫路市役所などを家宅捜索した。
 同課によると、五倫会は2007年6月~08年4月、同県高砂市の空き地などにガラスチップ計約2500トンを不法投棄した疑いが持たれている。
 姫路市などによると、同市は00年から8年間、一般家庭から回収する空き瓶をリサイクル用のガラスチップにする業務を同会に委託していた。現在は契約していないという。同会は姫路市議の妻(73)が理事長を務めている。 

【関連ニュース】
不法投棄、罰金を最高3億円に=改正廃棄物処理法が成立
動物葬祭業者、詐欺容疑で再逮捕=犬死骸大量投棄事件
太陽光促進など重点=規制改革分科会
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から

ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
図書館利用者の情報入ったパソコン紛失(産経新聞)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
幼保一体化 かすむ公約 文科省と厚労省対立/保護者も賛否(産経新聞)
民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
AD