哈哈哈哈哈のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
アルフィリースにも分かったため、どうにか泣きやませようと少女の頭をなでたり、なだめるのに必死だった。

「ごめん、ごめんね。私が悪かったから」こーち 財布 ランキング
「ひっく、ひっく。ママ、私の事思い出してくれた?」
「うーん、それは」
「う、うえ~ん」
「ああ、もうどうしたらいいの!?」

 もちろんアルフィリースには身に覚えが無い。段々と、アルフィリースも泣きたい心境になって来ていた。その時、吟遊詩人風に竪琴を背中に担いだ男が彼女に近寄って来る。背がとても高く、男だが髪が長く腰ほどまでもある。黒の髪を後ろで一つに束ね、ゆったりとした薄地のローブに身を纏う姿はどこか女性的だった。顔もまた人間離れして美しい。女装すれば、凄まじい美人になるだろう。

「(あっ、きれいな人)」

 このような状況においてさえ、アルフィリースはそう思ってしまった。それはほかの仲間も同じだったようで、

「ひゅう~」
「うむ、美しいな」
「人間にしては、かなりイケメンね」

 と、ミランダはいつものことにしても、エアリアルやユーティまでもが同意していたのである。その美しい男性がアルフィリースに声をかける。

「久しぶりだね、アルフィリース」
「は? どちらさまで??」

 だがアルフィリースにはやはり記憶に無い。これほどの美男子なら、一度見たら忘れようがないと思うのだが。

「なんだ。君はその子の事だけじゃなくて、私の事も忘れたのかい?」
「いや、忘れるも何も、会ったことがないわ」
「いやだなぁ、その子は私と君の子どもじゃないか」

 その言葉に、やっと拾い集めた荷物を、またしても全員が落としてしまった。周囲は「痴情のもつれだ」などとてんで勝手な事を言っているが、アルフィリースに至っては完全に眩暈をおぼえており、気を失わないようにするのが精一杯だった。

「は、はははこれはきっと幻ね。私はきっとサーペントに食べられて死んじゃったんだわ。うん、間違いない。全部夢なのよ。それにしては何ともタチの悪いえい!」

 アルフィリースが自分の頬をつねるが、当然何が変わるはずもない。その様子を見て、リサがアルフィリースの手を止める。普段なら笑っている所だろうが、リサも今回ばかりは真面目な顔だった。coach ショップ アウトレット coach

「アルフィ、ちゃんと現実を認識しなさい」
「だ、だってさぁ。わけわかんないよ~。私、本当に」
「わかっています。貴方は何者です? 先ほどからセンサーを効かせようとしても、貴方には全く効かない。この少女もそうですが。少なくとも、人間ではないですね?」

 リサの一言に全員が警戒心を上げる。

「これは、多少悪ふざけが過ぎるのではありませんか?」
「ふむ、そんなつもりはなかったのだが。アルフィリース、私達が誰だか本当にわからない?」
「え。う~ん」

 アルフィリースが、やや眩暈を覚えながらも思い出そうと必死になる。だが先ほどの事がショックすぎて、上手く頭が回らない。

「えーと、えーと」
「ならヒントを出そう。その子の名前は君がつけた。イルマタルというんだよ。アルフィリースはよくイルと呼んでいたね」
「イルマタル? それって」

 アルフィリースがはっとしたように少女を見つめる。その琥珀色の瞳が、不安げにじっとアルフィリースをみつめている。そうしてアルフィリースが何かを言いかけた瞬間、日の光を遮る何かが現れた。

「見つけたぞ、アルフィリース」
「ライフレス!」

 上空に浮かんでいたのはライフレス。同時に巨大な鳥から、次々と何かが降りてくる。先ほどまでてんで勝手な事を言っていた町人達も、突然の出来事にクモの子

http://www.924bc.com
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード