mvのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
十分も長いが、いくら大人より短いとはいえそれでも成長途中の少年達がずっと走りっぱなしでいられる訳がない。
 ましてやこのプレスは一人でもさぼる奴?走れなくなった人間がでれば、包囲網がただの破れた網になってしまい意味がなくなる。そのためにチームの全員が休めないハードな物なのだ。
 中国は前半もそんな消耗する作戦を決行して、その後守備でさんざん左右に振り回されたんだ。俺達がそうなるように意地が悪くパスでディフェンスを引きずり回して体力を削るようにプレイしていたのだから、そろそろ体力が尽きてもらわないと割に合わない。 
 
 プレスが緩くなったのを感じ、ボールをもらうと前を向くことができた。さっきまではパスが渡った瞬間に相手がついていたから反転する余裕がなかったのだ。確実に相手の対応が一呼吸ずつ遅れている。ならば、チャンスの到来だ。
 今度は右サイドを使おうと山下先輩にロングパスを送る。
 軽くカーブするボールが描く軌跡はきちんとウイングのポジションにいる山下先輩にまで届いた。水着 女
 うん、プレスが遅れているせいか先輩もDFと一対一で勝負ができるようだ。もちろん抜けばビッグチャンス。前半の島津のゴールにつながったプレイのようなシーンが再現されるはずだ。

 げ、山下先輩の馬鹿! ドリブルで抜けずにボールを奪われやがった。いや、あれは相手のDFが上手かったんだ。よく見れば山下先輩をマークしていた相手が前半から変わっている。どうもドリブルを止めるのが得意なタイプを個人突破を好む山下先輩用に配置しておいたらしい。
 くそ、それはともかくカウンターが来るぞ。
 この時ばかりは中国にとってはプレスが遅れたのが幸い、日本とっては災いだ。なぜなら、まだ日本の前線に残って自陣まで戻りきっていない中国人選手が多数いるのである。
楽天 水着 ビキニ
 中国のカウンターはまたもや島津が上がって不在の日本の右サイドから行われた。
 敵のウイングが日本の右サイドを切り裂いてもこっちのサイドに対応する動きは遅い。むしろゴール前に人数を割いている。仕方なく俺が下がって抑えに行かないとマズいなと動き出すと、それより早く向こうはゴールライン付近まで進んでセンタリングの準備をしている。こりゃちょっと間に合わないかな?
 だがゴール前の敵選手には全員密着マークがついている。特にニアサイド――蹴る方へ近いゴール前――にいる楊には、武田と真田キャプテンの二人が左右を挟むようにして自由を奪っている。これならば大丈夫かと安心しかけた時、ようやく敵のウイングがクロスを上げた。

 それはこれまでのように楊の高さを生かそうとする上空へのハイボールではなく、低く速い弾道のオウンゴールを呼び込みそうなシュート性のクロスだった。
 虚を突かれた形になった日本DFだが、ゴール前の守備に参加していない俺が感心するほど素早く反応した。一番ボールに近い武田が楊の前に立ちはだかり壁となったのだ。そして楊の背中側になった真田キャプテンも審判の目から判らないぐらいにさりげなく彼の袖を引っ張って動きを制限している。
 自分達がボールをクリアするよりも楊に動かれない様にする密着マークだ。クロスボールは他の仲間に任せるつもりらしい。
 このままニアサイドをスルーできればボールはキーパーの真正面だ。きっとキャッチしてくれるだろう。tyr 水着
 
 だがそんな期待を裏切り、武田の目の前でボールは角度を変えてゴールへと突き刺さった。
 オウンゴールでもカーブがかかっていたのでもない。
 何が起こったのか? 答えは単純だ、武田の背後にいた楊が武田の脇の間から体越しに左足をぬっと突き出してボールに触れていたのだ。
 武田だってぼうっと立っ http://www.shoppingforburstjp.pw/ 水着 通販 ビキニ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード