神奈川県南足柄市は4日、同市大雄町の最乗寺(さいじょうじ)で同日行われた伝統行事灌仏会(かんぶつえ)で、甘茶を飲んだ同市内の小学1年児童99人のうち45人が気分が悪くなり、吐き出したと発表した。

 いずれも症状は軽く、同日のうちに回復した。市は残った甘茶を県足柄上保健福祉事務所に提出、同事務所は県衛生研究所で検査し原因を調べる。

 市などによると、甘茶は、灌仏会を主催した市仏教会が協力者から購入し、同寺の調理場で当日煮出して作った。児童は寺の本堂内で湯飲み1杯ずつを飲んだ。

 食中毒症状としては早すぎる10~30分後に吐いていることや、同寺関係者が「味が濃かった」と話していることから、同市は「食中毒ではなく、甘茶の苦みが強かったためではないか」と話している。

自民・園田氏が離党届提出(時事通信)
谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)
バスと接触、乗客けが 酒気帯び運転容疑の男逮捕(産経新聞)
鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
普天間「腹案」閣僚と共有=鳩山首相(時事通信)
AD