鳩山由紀夫首相は22日、神奈川県横須賀市の防衛大学校(五百旗頭(いおきべ)真校長)の卒業式で訓示し、「日米同盟を基軸とする方針は、鳩山内閣でも揺るぎなく継続していく」と強調した。その上で、自衛隊を「アセット(資産)」と位置付け、「日本外交のために戦略的に使いたい」と述べ、国連平和維持活動(PKO)など国際貢献に積極的に取り組む意向を示した。

 首相は「近隣諸国との間に、信頼醸成と相互依存のネットワークを張り巡らせ、共通ルールを構築する視点も、わが国の安全保障戦略上、不可欠だ」と述べ、自ら提唱する東アジア共同体構想に言及した。今年度の卒業生は留学生11人を含む375人(うち女性26人)。自衛官任官者数は345人で、民間企業に就職など任官拒否者は17人(同1人)だった。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調
普天間移設:鳩山首相「難しいけれど頑張っている」
鳩山首相:パラリンピック金メダリストにおわび
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」

IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
両陛下が「神馬」をご覧に(産経新聞)
<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴 「ものまねは芸で評価」(産経新聞)
日航の「グレートキャプテン」最後の操縦かん(読売新聞)
AD