一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
屋根には土をのせて葺く和瓦が今は桟瓦で屋根の熱が屋根裏へと伝わります。
より快適にする為に断熱ボードを敷き詰め瓦葺きをします。

{3EAEB6B9-EA28-49F9-825C-C7B2FE7F095A}

{7F145189-3480-4CCB-8AD5-926898FE7D00}

{47CBEC08-41A4-47FE-9911-BAB31F901642}

建物において屋根ほど太陽の熱を浴びる場所はないでしょう。夏場においては表面温度は70度近くまでになる場合も!

屋根材の違いはあるにしても少しでも過ごし易くする工夫が必要だと思います。

今回和瓦葺きとし和瓦にあった勾配4寸5分としました。一般的には張間の広い建物ほど勾配を急にするのご好ましいといえます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鑑定士の視点さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。