チェンジ・ザ・ワールド

1人ひとりの情熱と行動が世の中を変える。「日本の雇用を元気にする!」キャリアコンサルタントのブログです。

 


テーマ:

弊社では、日常的に人材紹介モデルと求人メディア、


そして様々な採用支援ツールをオーダーメイドで


色々な企業様へそうしたサービスを組み合わせて


ご提供しています。


いわば、人材採用におけるワンストップサービスを


豊富なキャリアとネットワーク、様々なツールを


活かした上で、人事の方や経営者の悩みを解決する。


結果(顧客からの期待値)を確実に捻出するためには


ありきたりの手法ではなかなか採用計画に沿った


課題解決には繋がらないため、


あらゆる観点、リソースを駆使して、


難題?に立ち向かいます。


時には利益度外視の姿勢も厭わないけれど・・・


安易な値引きは一切せず、


たとえ予算オーバーでもそれ以上の効果を確実に


出していくためのプランをあらゆる選択肢から


見出して、その企業の採用ミッションを


人事の方や経営者とコミットしていく。



それがプロの仕事であると心から思います。



今後においては、企業が求めるいや必要とされる


ビジネスリーダーの確保がより一層難しく


なってきます。


ただ、いつの世も、どの時代であっても


人材確保は永遠のテーマであること、


経営の最優先課題であることには変わりません。



そこに私たちが活躍するフォールドが存在し


そして、いかにHR分野で企業の課題解決に


コミットしていけるかどうか。



私自身、そして自社にとってもそれはエンドレスな


あくなき挑戦でもあります。







































































AD
いいね!(142)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2011年から日本人以外の方の転職相談が

増えてきており、また、同時に今まで日本人を

中心に採用活動を行ってきた企業から・・


『グローバルに活躍できる外国人を採用したい』


というような相談が非常に増えています。



そうした状況の中、特に中国人の方の転職支援を

日常的に行うことが弊社でも多くなってきました。



そこで参考にしているのがこの本。




チェンジ・ザ・ワールド-2222


HR仲間でグローバル人材の紹介ビジネスを行う


アジア人財カンパニー株式会社

http://www.asiastar.co.jp/



井上社長新刊です。



タイトルは


『すいません』が言えない中国人

『すいません』を教えられない日本人



何よりも井上さん自身が経験をベースにした

実践知にあふれた良書です!


実際に日々転職支援を行っている体験談が

満載で、非常に参考になる項目ばかり。


特に印象に残ったのは、


中国人を理解するのは、ただ受け入れるだけで

はなく、まず日本人である事を自覚し、

日本人として本音で相手に発信すること!

が重要だということ。


変に気取らず、隠さずに付き合ってみれば

おのずと心も打ちとけ、良好な関係が

築けるのだと私自身も多くの中国人の方と

接していて感じています。


そして日々痛感するのは中国人の方は

本当にアグレッシブでポジティブ思考の方が

多い。


転職相談の場においても、日本人の方が

自ら枠に自分をはめがちで、可能性を狭めて

いる傾向がある。


もちろんそれは人にもよりますが、やはり日本で

活躍している中国人の方からは大いに学ぶ

べき点があります。


この本をきっかけにさらに中国人の方を知る

機会に恵まれ、日々の人間関係や転職支援

にも活かしていきたいと思いました。


特に外国人の方と接する機会がある日本人、

日本人の文化的背景を知りたい、

もっと日本人を理解したい外国人には

本当にお勧めの本です!







AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年2月4日


横浜の名所、新横浜ラーメン博物館前にある・・


滝の流れるレストラン【ラントラクト 】で・・


ロックン・ナイト VOL1


を開催します!



詳細→こちら です。


お申し込みはフェイスブック公開イベントページからどうぞ!


参加ボタンを押していただき、その後主催者メンバーより

申し込み用のフォーマットを送ります!


フェイスブックをやってない方は、直メでOKです!



今続々申し込みをいただいております。30名~確定です!



今回のイベントは、最長で5時間!


■16時~受付(参加者交流)


■17時~懇親会(横浜交流会)


■18時~懇親会(ロックを大音量で!聴きながら・・)


スモーク、照明なども凝っていきます!


■20時~余興タイム!ロックにちなんだ内容です。



ロックな交流がテーマです!


60年代~80年代のハードロックを中心に・・


エアロスミス、ニルヴァーナ、アイアンメイデン、

ボンジョビ、ハート、ホワイトスネイク、

ガンズ&ローズ、メタリカ、ACDC、

オージーオズボーン、デフレパード、

パワーステーション、ジャニスジョップリン、

クイーン、ディープパープル、サバイバー、

ビリージョエル他多数・・


以上の曲を予定してます!他多数・・



ベストヒットUSAで青春を過ごした世代には

たまらない内容です。。。



是非興味がある方はご参加くださいませ!!


1月31日が最終の締切です!


●ロックンナイトプロジェクトメンバー

ゼスト:樫村

ブレインラボ:尾部

日本生産性本部:上重 

新横浜ラーメン博物館:森

アイコンタクト:横田

ズィーコレクションアド:宮前

オブザーバー:杉山

他3名:サポート役


●協力~㈱新横浜ラーメン博物館、ラントラクト






AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

広告代理店時代の上司が一昨日に亡くなりました。



昨日、関連会社の社長と人材採用の件でMTGを終えて


その社長からその一報を聞きました。


悲しいという感情よりも唖然茫然という何とも言えない


状態に陥りました。



その元上司と最後に会ったのが、私の親友を交えて


横浜の野毛で飲んだ16年前の寒い時期と記憶しています。



当時は現在リクルートグループの某企業に在籍していたのですが

仕事、プライベートととても充実しており、


『今は人生で最も人生を味わえる時期だよ』などと、

20代後半だったまだ未熟な私に人生訓を色々

教えてくれたのを思い出します。


亡くなった元上司と一緒に一緒に仕事をしたのはわずか1年弱。


その時はまだ20代前半で、右も左もわからずのひよっこで

契約が取れて喜んでいた時に、グレーのスーツをプレゼント

してくれたのを覚えています。



思い返すと、その会社に在籍した1年は今の私のあらゆる

基礎になっている事を身体で覚えた時期でした。



礼儀作法、営業手法、お酒のマナー、社会の渡り方・生き方、

夜の遊び・・



社会人の原点で、この時期この会社で出会った同僚は

その後に生涯の親友となるわけですが、全てのご縁は

一昨日亡くなった元上司のおかげです。



今日の告別式で、お焼香をした時の元上司の表情は

最高に幸せそうでしたが、そういう方とわずかな期間でも

出会えたことは一生涯の財産です。



まずは、安らかにお眠りください。




そして私はその方との思い出を心に刻み、いつまでも

教えていただいたこと、一緒に過ごした短い日々を

けして忘れずに、これからも力強く生きていきたいと

思います。






































いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、あけましておめでとうございます!


(かなり久しぶりの日記となりました。汗)


本年もよろしくお願い致します。




先日、弊社マネージャーとともに、人材業界の友人の

ご紹介で、茨城にメインの拠点を構えるものづくりメーカー

まで訪問してきました。


海外の拠点で勤務する方にアテンドしていただき、

約2時間半現地に滞在、求人内容の打ち合わせから

工場視察を含めて、幹部・営業・採用関係の方々の好意で

密度の濃い時間を共有させていただくことができました。


特に、先方の部長との打ち合わせの中で感じたことは

ものづくりに対する熱いこだわりや、

グローバル化社会の中で日本が誇るものづくりメーカー

として、これから会社をどう運営していくのか、

技術を継承すること、していくことの大切さ、

20代30代を中心とした人材育成の課題など


けして求人票では表現できない、現場しか感じることの

できない、そんな部長の会社へ対する熱い思いでした。



歴史があり、強い商品力があり、ハードがそろっていても

そこに胡坐をかかず、次の時代をしっかり見据えて

技術の継承をしていく。


そのためには良質な人材の確保は最重要課題!


だと力説していたのが強く印象に残りました。



また、今回の機会をアテンドしていただいた

海外勤務中の方より、帰宅後1通のメールが届いてました。


私たちが茨城まで訪問したことで・・

人材・採用をあらためて考える大きな刺激になったのでは

と大変嬉しいお言葉をいただきました。


そして、先輩社員が築いてきた技術と知恵の財産を

若手社員がいかに次世代向けにカスタマイズして

世に出していけるか、会社を変革できるか、

そういうステージの中でやはり鍵を握るのは、

気概あふれる新しい人材に他ならない。


私たちも実際に工場を見学し、他に類をみない世界に通じる

革新的な商品をここで開発しているという事実を知り、

驚きを覚えるとともに、こうした商品・技術をもっと世に

知ってほしいと強く願う思いにかられました。



こうしたものすごい技術を生みだす原動力は、やはり

いつの世も、(人)であり、機械ではない。


人の想像力や知恵、アイデアが形になり、そして世に

羽ばたいていく。



日本が世界に誇る技術、その技術は人から人へ

受け継がれ、世の中を変えていく。そのセオリーは

普遍であり、そこに人材ビジネスが関わることで、

それが日本復興の礎を築く大きな原動力になる。



そのためには若く気概ある人材を採用、時間をかけて

育成し、日本でしかつくれないものやサービスを

生みだしていく。他のアジア諸国と比べ(価格)ではなく、

(価値)で勝負することが生き残る、そして成長し続ける

秘訣だろうと、今回の出張を経て、あらためてそのことを

強く確信しました。






いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。