試行錯誤!! 0円農業日記

 代々伝わる畑を放置し、荒れ放題。
 後ろめたさとストレスに耐えられず、
 金をかけずに野菜を作り始めた。
 最低限の時間をかけるが、金はかけない…
 という信念のもと、今日から少しずつ、
 俺の「0円農業奮闘記」を見てもらおう。

訪問ありがとうございます。代々受け継がれてきた畑を長年放置し、荒れ放題にしてしまいました。その後ろめたさとストレスから解放されようと、数年前から自己流で農業を始めました。自己流にしては割とイケてる0円農業の実践記録を見てもらおうと思います。ここでは0円農業の日々の記録をもとに、1円もお金をかけない野菜作りを提案します。
↓もしよろしければ読者登録してください(^▽^)/↓
読者登録


↓0円農業通販サイトを開設しました^^↓
ショップロゴ



趣味が高じて、くるみ工房をオープンしています(*゚∇゚*)ゞエヘヘ☆↓
くるみ工房

テーマ:
訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。バナー↓をクリックしていただけると今後のブログ更新の励みになります。お読みになる前にポチッと押していただけると、とても嬉しいです(^▽^)

人気ブログランキングへ





訪問先の社長さんとこんなやりとりをしたことがあった。



社長:「最近、土寄せをしない白ネギ栽培が流行っているそうですよ。」

俺:「そうなんですか?でも、土寄せしないと白い部分ができませんよ。」

社長:「それが何と、できるんです!」



詳しく聞いてみると、こんな感じだった。


①マルチで覆った畝に直径3cm、深さ30cmの穴をあける。(追肥はしないので元肥をたっぷりやっておく必要がある。)
白ネギ栽培法1
※http://blog.new-agriculture.com/blog/2007/11/430.htmlの図を基に作成しました。


②根を短く切り揃えた苗をあけた穴に落とし込む。土はかけずにそのままで、苗の先が5cmくらいのぞく程度にする。
白ネギ栽培法2
※http://blog.new-agriculture.com/blog/2007/11/430.htmlの図を基に作成しました。


土寄せの重労働を省き、しかも、春先の低温にも夏の台風にも強い。画期的な栽培方法だパチパチ





先日、近所の白ネギ農家さんから収穫後に畑に残ったネギボウズをつけたネギをいただくことができた。

残ったネギ


ネギボウズ付き白ネギ


これを苗代わりにして深さ30cmの穴に落とし込む栽培法を試してみようひらめき電球



まず、ネギボウズは取り除き、種を取るために乾かしておいた。

そして、分けつしているネギは予め分けておいた。

それから、自家製肥料(草積み堆肥)を畑に施した後、幅広の畝を作った。


問題のマルチは黒いごみ袋をつなぎ合わせて作った。そして、手作りマルチで畝を覆った。

マルチで覆った畝と穴あけ棒


穴あけ棒は流木を加工して作ってみた。そして、体重をかけてぶすぶすと穴をあけていった。

穴あけ棒の目印

まっすぐなネギは穴にすとんと入るだろうが、ほとんどのネギは葉を広げていたり曲がっていたりで指で押し込んでやらないと入らなかったあせる

穴に入れた白ネギ


白ネギ栽培


マルチの上が汚いのは、あけた穴に堆肥を突っ込み、さらにもう一度穴あけ棒を入れるという作業をしたからなんだ(;'∀')




さてさて、果たしてこれで立派な白ネギができるのだろうかはてなマーク


楽しみ!!




ではまた(^^)/~~~




今日のオススメは、菜園用黒マルチ。保水、保温、雑草防止、畝崩壊防止などに役立つ。
皆さんはごみ袋を使わず、ちゃんとしたマルチを使ったほうがいいよ指(笑)
↓画像をクリックすると詳細が分かります。
AD
いいね!(29)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。