ゼロ塾の受講生から、
「ES?のような感じの記述試験は、
どのように書いたらいいですか?」という質問があった。

「ES?のような感じの記述試験」とは、
どのような記述試験を言うのだろうか?

ES=エントリーシートを
試験場で書くのであれば、
「ES?のような感じの記述試験」と言えなくもない。

試験場でエントリーシートを書く試験を探してみると、大阪市があった。

「大阪市職員(事務行政(22-25))採用試験要綱」

上記の要綱の3ページによると、以下のようである。

エントリーシートは、事前提出ではなく、第1次試験当日に試験会場で記入します。エントリーシートは、第2次試験以降の口述試験の参考資料としても使用します。
○エントリーシートのテーマ(例)
大阪市を志望した理由、自己アピール、学生生活などで最も力を入れて取り組んだことなどのテーマで出題します。具体的な質問事項は、第1次試験当日に提示します。(注意事項)試験時間中の資料等の閲覧はできません。

ここで重要なのは、
第1に、テーマの例が、「大阪市を志望した理由、自己アピール、学生生活などで最も力を入れて取り組んだことなど」と示されていることであり、
第2に、具体的な質問事項は、第1次試験当日に提示されることであり、
第3に、エントリーシートの作成時間は60分だということである。

ここから、記述内容の大要が予告されているのだから、主要事項については十分な準備ができることがわかる。
ただ、具体的な質問のしかたを無視した答案は評価が低いから、問題文の解釈・段落の構成には注意が必要である。

「大阪市を志望した理由」を書くに当たって、
大阪市政についての研究が必要なのは言うまでもない。
大阪市の取り組んでいる施策のどの点に関心があるのかという点は、
「自己アピール」と「最も力を入れて取り組んだこと」とも関連させて記述する必要がある。

上記はエントリーシートそのものだし、
今年の大阪市の第1次試験は終了したし、
まだ試験を実施していない自治体で、
「ES?のような感じの記述試験」を
出題する自治体を探してみよう。

僕は都内へ仕事に出るとき、
小田急線の秦野駅から乗車する。

秦野市はどんな試験内容かな?

「秦野市職員採用試験募集要項」

上記の3ページ目を見ると、

秦野市職員採用試験を受験する意欲等に関して記述する試験です。
(試験時間 75分間)

と書いてある。

これは「ES?のような感じの記述試験」に似ている。

今年度の記述試験の問題文が
具体的にはどうなるかは分からないが、
法律による行政の原理に則って、
適正に執行をする行政官たらんとする受験者としては、
上記の「秦野市職員採用試験を受験する意欲等に関して記述する試験」
という文言を正確に解釈するところから始めなければならないのは当然であろう。

では、やってみるとしよう。

「秦野市職員採用試験を受験する意欲」を記述するというのは、
考えてみると、なかなか解釈が困難な問題である。
「秦野市職員になる意欲」ではない。
「採用試験を受験する意欲」なのである。
これは少々持って回った物言いであろう。

しかし、解釈者たる者、
こんなことでへこたれてはいけない。
なぜ「採用試験を受験する意欲」を尋ねるのか?

T:あなたは秦野市職員採用試験を受験する意欲がありますか?
S:はい、あります。
T:どのような意欲ですか?
S:採用試験を受験する意欲に決まっているじゃないですか。
T:そうですね。質問を変えます。なぜ意欲があるのですか?
S:秦野市職員採用試験に合格したいからです。
T:なぜ合格したいのですか?
S:秦野市職員になりたいからです。
T:なぜ秦野市職員になりたいのですか?

ここまで来ると、書くべきことは明確になるであろう。
要するに、エントリーシートや面接カードの
「志望動機」の欄に書くべきことを
大々的に論じるのが常道であろう。

秦野市の施策の中で自分が尽力したい個別の施策について、
客観的事実の把握と自分によるその評価と代替案・修正案などを
論じることができれば極めてよかろう。
作成時間が75分もあり、事前準備も可能であるのだから、
かなりのことが書けるだろう。

参照すべき資料は、以下のものである。

「秦野市総合計画HADANO2020プラン」

もちろん、尽力するには、相応の素養・資質が必要であるから、
「自己アピール、学生生活などで最も力を入れて取り組んだことなど」、
大阪市のエントリーシートに書くべき事項についても書くとよいだろう。


AD
こんにちは!
ゼロ塾のマンツーマン面接対策個別指導トレーニング講座の
主任講師の「ゆう」です。


今回は、国家一般職採用試験の面接試験について、アドバイスを書いてみます。
今年は7月19日(火)~8月4日(木)に実施される、
いわゆる「人事院面接」についてのアドバイスです。


今回は、回答する際の一般的な注意点と
面接カードの記載のポイントについて、
簡単にアドバイスさせていただきます。


第1に、回答する際の一般的な注意点としては、
質問に端的に単刀直入に答えることが第1です。
そのためには、結論から先に述べるという回答方法を
マスターする必要があります
理由を先に述べ始めるのは妥当ではありません。


「主張+根拠」、「結論+理由」という構成がよいです。
なぜなら、先に理由を述べられても、どのような結論にたどりつくか、
面接官に予想がつかないことが多いからです。
先に理由を述べるのは、上司に対する報告としても、妥当でないやりかたです。
そもそも、質問されているのですから、それに答えるのが当たり前ですね。
「その理由は?」と尋ねられたら、その理由を述べるという手順が妥当です。


回答は手短かにする必要があります。
その理由は、面接官に質問のスケジュールがあるため、
受験者が自分の都合で長々と話すのは困るからです。
なぜスケジュールを守らなければならないかというと、
すべての受験者に同様の内容の質問をする必要があるからです。
なぜ同様の質問をする必要があるかというと、公平を保持するためです。
それだけでなく、受験者によって質問の内容が著しく異なってしまうと、
そもそも受験者相互を比較することが困難になるため、評価自体が困難になるからです。
面接官は受験者の回答について着目すべき要素を予め決めてあり、
それを判定しなければならないわけですから、
面接官の質問を注意深く聴いて簡潔に答える必要があるのです。


第2に、面接カードについては、
記載事項と面接試験での回答の整合性を十分に図ることが重要です。
「面接カードの記載事項を決めること」と
「面接試験でどのような回答をするかを決めること」とは、
同時進行の仕事であると考える必要があります。


特に、①志望動機・受験動機と②印象深かったこれまでの経験と③自己PR
の3点については、周到な準備が必要です。


面接カードにどのように記載するかという観点から、
この3点について重要ポイントを簡単に確認しておきます。


①志望動機・受験動機について
ここでは最初に結論をはっきり書くことが必要です。
「志望する職種・仕事・分野」については、
すぐ下に別に書く欄があるので、
その記載とあまり重複しないように書く必要があります。
しかし、志望動機の結論をはっきり書くためには、
どうしても「志望する職種・仕事・分野」に言及せざるをえないことになるでしょう。
したがって、志望動機の明確性を優先するという観点からは、多少の重複があってもよいでしょう。
志望動機を書く場合、地方公務員ではなく、特に国家公務員を志望する理由も読み取れるように書くべきです。
例えば、「雇用問題については、国家の行政のレベルの対策が必須であり、この問題に取り組みたいと思ったので」
というように書いていく必要があるということです。
志望の個人的な理由・きっかけから書き始めるのでは妥当ではありません。


②印象深かったこれまでの経験について
ここでは「困難克服プロセス」を書くべきです。
面接官は受験者のコンピテンシーを評価するという目的を持っているからです。
コンピテンシーの定義はなかなか難しいのですが、公務員試験の面接試験との関係で言えば、
「問題に対応して処理する能力」と考えておけば有用ではないでしょうか。
このコンピテンシーの有無を受験者の過去の経験を聴取することによって判断・評価しようとしているのです。
したがって、「印象深かったこれまでの経験」を「困難克服プロセス」の形で書くことが有効なのです。
自分が、例えば大学生時代に、どのような困難に出会って、それをどのような工夫をして克服したかを、
分かりやすく説明する必要があります。面接カード自体には詳細には書けませんが、口頭で回答する場合を考えて
このプロセスのポイントを書いておく必要があるのです。


③自己PRについて
何をPRすべきかということを熟慮する必要があります。
国家公務員としての適性・素養・意欲を持っているということを明示するのがこの欄を書く目的ですから、
まず、国家公務員はどのような適性・素養・意欲を持っている必要があるかをじっくり考える必要があります。
次に、その考察に基づいて、自分が持っている能力・素養・意欲を、いわば「棚卸し」してみて、
自分はこのような適性・素養・意欲を持っているから、国家公務員として十分にやっていけると記載すべきです。


なお、面接カードは、草稿をいろいろな人にどんどん見てもらって感想をもらうことが有効です。
自己分析はなかなか難しいものですから、第三者の視点は非常に役に立ちます。


以上、簡単なアドバイスですが、参考にしてみてください。
AD
こんにちは!
ゼロ塾論文メール添削講座主任講師の「ゆう」です。


今回は、国家一般職採用試験の一般論文試験について、アドバイスを書いてみます。

国家一般職の一般論文試験は、行政区分の第1次試験で課される試験です。
試験時間は1時間であり、1題のみの出題ですから、問題の選択の余地はありません。
配点比率は1/9です。

配点比率が1/9だということもあって、
本格的な準備をしないで試験に臨む人もいるようです。
しかし、1/9という配点比率は低いとは言えません。
100点満点だとしたら11点以上のウエイトですから。

出題の形式と内容について、特徴を考察してみましょう。
出題の形式は、いわゆる「1行問題」ではありません。
「1行問題」とは、例えば、「地球温暖化の対策を論ぜよ」などという問題のことです。

このような「1行問題」ではなくて、500字~700字程度の問題文と2つの設問という形式の問題です。
外見は、大学入試の現代文の問題に似ています。
もちろん、単に問題文本文の内容の理解のみを問われるのではないので、
現代文の問題と完全に同じ出題ではありません。

ただ、実は、この点は国家一般職の一般論文試験の対策のキーポイントです。
特に、問題文に下線が引いてあって、設問がその下線部について問うている場合は、
大学入試の現代文の問題との類似性を念頭に置く必要性が高いです。

この点は出題の内容の問題とも関係してきますが、
問題文本文のあとにある2つの設問だけを見ていると、
問題が要求しているポイントを把握しきれない可能性があります。
問題文本文は考察の基礎となる前提を提示する役割があるのです。
したがって、ここを丁寧に読まないうちに、
予め自分が用意してきた内容を記述すると、
問題が要求している論文内容から大きく逸脱する危険があります。

第1に問題文本文を読んで理解する必要があること、第2に設問が2つもあること、
第3に試験時間が1時間しかないことを考えると、
それほど分量を多く書くことはできないと思われます。

国家一般職試験の受験案内には「文章による表現力、課題に対する理解力などについての短い論文による筆記試験」
という説明があります。
この説明から考えても、知識の量を試す試験ではないことが窺われます。
したがって、分量の多い論述ではなく、簡潔かつ明確な論述によって表現力と理解力を示す論述をする必要があることが分かります。
きちんと問題文本文を理解した上、
自分の見解を簡潔かつ明確な論述によってプレゼンテーションするという条件を満たすことが先決です。

出題の内容の特徴としては、2つの設問のうち、(1)は問題文本分を解読することに重点が置かれていますが、
(2)は(1)を前提として具体的な政策を提案することが求められています。
したがって、大学入試の現代文の問題にとどまらないことになります。
ただ、問題文の主題になっていることが、必ずしも「一見極めて明白に公共政策に関する問題だ」と分からない場合が多いので、
問題文本文が示している課題と公共政策とをどのように結びつけるかを丁寧に考察する必要があります。
この点に関して注意すべきことは、問題文本文の内容と2つの設問文の内容を常に照らし合わせて考察を進めていくということです。
これをしないと、アイデアも浮かびませんし、論旨がずれてくる危険性も高くなります。

「問題文本文の内容と2つの設問文の内容を常に照らし合わせて考察を進めていく」というアプローチは、
最初はなかなか気づかない受験生が多いように思われます。

ただ、私の経験によれば、指導者に指摘を受けて少し訓練すれば要領が分かってくる人がほとんどです。


以上のことを参考にして、国家一般職の一般論文試験の対策をしてみてください。
AD
2016 H28 公務員試験 合格体験記 第一号UPです。


合格体験記はコチラ ↓


http://www.zero-juku.com/what.html




ゼロ塾に比較的長く通われていた方なのですが
最後は一瞬であっけなく最終合格です!!




市役所の第一次試験が
なんと年明け 1月にあって、翌月に最終合格という
短期決戦だったとのことです。

おめでとうございます!!


記憶を振り返ってみれば、彼は数的処理&判断推理の問題を楽しみながら解いていたのが
印象的でした☆キラリ
やっぱ楽しみながら問題にくいつけるとよいかも



故郷にUターンで戻られて活躍されることをお祈りしています☆★(=⌒▽⌒=)


2016 平成28年スタートですヾ(@°▽°@)ノ

昭和の時代が終わって平成もいよいよ30年近い・・・



2015の冬は暖冬気味でしたが2016 平成28年は急に冷えますね(‐^▽^‐)



2016 平成28年 は 数的処理、数的推理、判断推理、図形、資料解釈の 弱点マスターから



















よくある質問シリーズ爆弾



公務員試験の難易度はどのくらいなんですか?(=⌒▽⌒=)


公務員試験の難易度ランキングはありますか?ヾ(@^(∞)^@)ノ






・・・・・・・・・・・アップそんなことを考えるヒマがあったら、過去問を一問でも多く繰り返すべき!!!












2015 H27 公務員試験等合格体験記 その3の巻UPです。


今回の合格体験記は、公務員試験ではないのですが


医療系専門学校の入試に判断推理が出題されるのでその対策にゼロ塾のスカイプ個別指導を


受講された生徒さんの合格体験記で、大いに参考になる内容だと思います。(=⌒▽⌒=)


☆☆合格体験記はコチラ☆☆


http://www.zero-juku.com/what.html




2015 H27 公務員試験合格体験記 その2 UPしました!!!



今回は、陸上自衛隊一般幹部候補生(大学院卒) です。



合格体験記はコチラから ↓ ↓ ↓




http://www.zero-juku.com/what.html




ヾ(@^▽^@)ノヾ(@°▽°@)ノ


秋が近づいてきた今日このごろ。


2015 H27 市役所試験C日程ですね。


公務員試験の中でも市役所試験の日程は・・・


市役所試験はザックリと昔からA日程、B日程、C日程、それからD日程・・・?E日程・・・?なんぞまで

慣用的に?言われていますが


この時期に一次試験で落ちていたり、または面接のどこかのプロセスで落ちてたりすると

へこむことも多いかと思われます。





ウウウ・・顔を見ると元気が無い・・・・ドクロ

「今年は駄目かもーー」とあきらめムード&オーラも出始める時期です。





ただし、国家公務員や独立行政法人など他の試験種で合格者がFIXしてきますので、ライバルが軒並み

減ってきています。

しかもポツポツではなくてバッサリとまとめてライバルが消滅


ライバルが消滅していくのが市役所C日程試験ともいえるかも



なので最後まであきらめずにファイトシラー



9回裏2死満塁で逆転ホームランを夢見てバットをブーーーーーーーーンと振ろう