来週は舞鶴へ

テーマ:
気が付いたら、6月はブログ更新を全くせず、7月になって
ようやく更新と言う、相変わらず腰の重いブログ主です。

ここ何年かは全く当選しなかった夏コミですが、90回目を
数える今回、無事スペースを頂く事となりました。

8/13(土)東地区D-04aにて「マグまぐ堂」参上致します。
当日の出品に関しましては、後日当ブログにて告知致します。

さて、今月のイベント出展ですが、来る7/17(日)開催されます
艦これオンリーイベント「砲雷撃戦!よーい!二十六」に出展
致します。

今回は旧海軍ゆかりの地である舞鶴。その赤れんが倉庫五号
棟が会場となります。

出展品に関しては、新作が二点。



「陸軍飛行第244戦隊ステンレスマグ」
今年5月の「艦これ」春イベントにおいて登場した新装備で、
E-5海域を作戦難易度「甲」で突破した報酬として与えられる
「三式戦 飛燕(第244戦隊)」をモチーフにしています。
価格はこれまでと同じく3400円。


マグ本体の色を尾翼の赤に、正面側に244戦隊のマークを、
対面側に三式戦 飛燕のシルエットをあしらってみました。

調べて見ると、海軍機に比べて、陸軍機は派手なマーキングや
塗装の機体が多く、各部隊それぞれに趣向を凝らした物が
多くあります。お堅いイメージのある旧陸軍ですが、こと航空隊
に関しては、その限りではないようです。




「居酒屋鳳翔 トートバッグ」
以前出していたガラス製マウスパッドのデザインを
トートバッグのポケット部分にブラスト加工。

ブックカバーでも同じ方法で加工していますが、硝子や
金属等、硬い物に対する加工が専門と思われがちな
サンドブラストでも、工夫すれば、このようにデニム地に
文字や絵を入れる事が出来ます。

但し、一つ間違えると生地に穴を空け、品物が台無し
になってしまう危険を孕んでいるため、慎重な作業が
要求されます。

加工のコツをつかむまで、何回生地に大穴空けたやら・・・。
(泣)

そんなわけで、と言うわけではありませんが、価格は少々
お高めの3900円

以上2点が新作となります。


最後に、開催情報を。
艦これオンリーイベント「砲雷撃戦!よーい!二十六」
2016年7月17日(日)
舞鶴市 赤れんが倉庫五号棟 
12:00~15:00 
スペースNo.C-07「マグまぐ堂」

皆様のお越しをお待ちしております!




AD