テーマ:

 

毎年同じことなので、昨年の投稿を、若干修正して再掲します。

今日、6月16日は、昭和18年、ガダルカナル島上空で日米両軍の航空部隊が激戦を繰り広げた「ルンガ沖航空戦」から73年。

我が母校、大阪府立八尾高校の前身、八尾中34期の大先輩で二〇四空飛行隊長の宮野善治郎海軍大尉(戦死後中佐)が零戦隊を率い戦死した日です。

73年前のこの日、ガダルカナル島ルンガ泊地の敵艦船を攻撃するため、五八二空の艦爆24機(指揮官・江間保大尉)を二〇四空、二五一空、五八二空の戦闘機計70機が護衛して出撃しました。

総指揮官は拙著『祖父たちの零戦』(講談社文庫)の主人公の一人で五八二空飛行隊長・進藤三郎少佐。


戦闘の詳述は避けますが、この日は米軍も、104機もの戦闘機を迎撃に発進させており、彼我入り乱れての約30分におよぶ大空中戦の結果は、のちに大本営より、
『大型輸送船4隻、中型輸送船2隻、小型輸送船1隻、駆逐艦1隻、いずれも撃沈、大型輸送船1隻中破、飛行機34機以上を撃墜』

またこの戦闘を「ルンガ沖航空戦」と呼称する旨発表されましたが、実際の戦果は、米側記録によると輸送船1隻が大破、戦車揚陸艦1隻が火災、飛行機6機だけだったといいます。


一方、日本側の被害は深刻で、艦爆未帰還13、不時着2、戦闘機未帰還15、不時着4、大破2に及んでおり、戦死した15名の戦闘機搭乗員の中には、二〇四空飛行隊長宮野善治郎大尉(海兵65)や、昭和15年9月13日の零戦初空戦で、その時も指揮官であった進藤三郎大尉(当時)の三番機を務めた大木芳男飛曹長(操練37)など、日本海軍の至宝ともいえるベテラン搭乗員たちがいました。


宮野大尉(戦死後中佐)は、海軍戦闘機隊屈指の名指揮官として知られますが、私の母校、大阪府立八尾高校(旧制八尾中学)の先輩で、宮野氏が旧制中学34期 (同期生には、プロ野球巨人軍の永久欠番4の黒澤俊夫や、元祖甲子園アイドル、14歳エースの稲若博がおり、前後数年のクラスには、ゴジラ生みの親のプロデューサー、田中友幸や塩じいこと塩川正十郎元財務大臣などがいます)、私が新制高校34期、生まれ年が宮野氏が大正4年の卯年で私がその48年後の卯年、生家も徒歩15分ぐらいのところにあって(宮野大尉の家はまだあり、勉強机も残っています)、家紋も一緒という、不思議なご縁を感じています。

宮野大尉の御姉様によると、その日、神棚の護符が風もないのにパタリと落ち、母親が、 「あ、今善治郎の飛行機が落ちた!」と言ったそうです。


宮野大尉については、光人社から『零戦隊長~二〇四空飛行隊長宮野善治郎の生涯』(光人社)という本を上梓し、この本が今年、『零戦隊長 宮野善治郎の生涯』として文庫化(光人社NF文庫)されましたが、これほど上下を問わず慕われた人もめずらしいと思います。

 

 

 


部下の上官を見る目は厳しくて、多くの方のお話を聞いているとどこかで必ず悪口が聞こえてくるものですが、宮野大尉についていえば、元搭乗員はもちろん、整備科や看護科、主計科の人まで、ひとしく今も敬愛の念を持っておられるようです。


ある人の名前を出したときの相手の表情で、その人がどう思っているかというのは大体わかるものですが、「宮野大尉の後輩」というだけで、皆さん実になつかしそうに相好をくずされ、いかに慕われていたかが見て取れます。おかげでずいぶん得をさせていただきました。


宮野大尉が戦死した翌年に発行されたある雑誌に、「海軍戦闘機隊座談會」という16ページの大特集があります。出席者は、斎藤正久大佐、八木勝利中佐、中島正少佐、小福田租少佐、塚本祐造大尉、山口定夫大尉。そのなかで、
 小福田「宮野君が戦死した時はみんな泣いたさうだね」
 中島 「いゝ隊長だつたものね」

というくだりがあって、宮野大尉の戦死がいかに惜しまれていたかが窺えます。



この空戦を境にして、以後ソロモンの制空権は完全に敵手にわたることとなります。
私が零戦搭乗員の取材を始めた約20年前には、この日の空戦の総指揮官、進藤三郎少佐をはじめ、渡辺秀夫上飛曹、中村佳雄二飛曹など、何人もの当事者がご存命でしたが、空戦そのものに参加された方は、少なくとも二〇四空ではいなくなりました。



以下、補足。



宮野善治郎大尉の生年月日について、取材をしない著者による「大正6年3月2日」説がまかり通っているようですが、これは完全なる間違い。そんなものを鵜呑みにしてはいけません。宮野善治郎の生年月日は大正4年(1915)12月29日。本人の奉職履歴、海軍兵学校関連、家族、出身中学すべてにおいて確認できることです。念のため。(写真は奉職履歴)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月4日、元零戦搭乗員で、5月3日に99歳で亡くなられた原田要さんの「お別れの会」が、長野市の善光寺忠霊殿で執り行われ、多くの人が集った。

 

私はNPO法人零戦の会の役員らと7名で長野に。

弔辞(謝辞)を読ませていただいた。

いろいろ思うところの多い一日。

 

 

以下、当日、私が読んだ長い長い謝辞を転載する。

 

 

 

謝辞

 

 二十一年前、初めてお会いした時には、原田さんの生涯の終焉にあたって、まさか私が、原田さんが大切にされていた戦友会の会長として、感謝の言葉を読み奉るという大役を仰せつかるとは想像もしておりませんでした。と同時に、こんなに長くお付き合いをいただき、お世話をいただくことになるとも、思いもよらないことでございました。

 

 原田さんとの出会いは、ふとした偶然からでした。

 戦後五十年を迎えた平成七年夏、神田神保町の古書店で、たまたま手に取った海軍関係の名簿にお名前を見つけ、インタビューを申し込んだのが最初でございます。

 原田さんからいただいたお返事によると、生まれ故郷の長野市で幼稚園を経営されているとのことで、勇猛果敢な零戦搭乗員が、いまは子供たちに囲まれて暮らしているという、そのコントラストにまず心を惹かれました。

 原田さんとの出会いがなければ、私がその後、零戦搭乗員の戦中、戦後の人生を綴ろうと思うことはなかったかと存じます。

 

 それまで私は、報道カメラマンとして、それなりの経験を積んできたとはいえ、自分の著書などなく、自分でいわば勝手に企画した原田さんの取材を、記事や本にする成算など、はじめから持っておりませんでした。率直に申しますと、原田家の呼び鈴を鳴らすまで、不安でいっぱいでした。しかし、

「いらっしゃい。はじめまして」

 なんの屈託もなく迎えてくれた原田さんのお顔を見た瞬間、私はそんな不安がスッと消えてゆくのを感じたものでございます。当時七十九歳。やさしさが年輪となって刻まれているような表情でした。

 深い慈愛をたたえた瞳が印象的でしたが、この瞳に、どれほど凄惨な光景が映ってきたのだろうと、ふと想いました。挨拶が終わらないうちに、玄関に顔を出した奥様の精さんが、

「まあまあ、遠くからご苦労様ですね。どうぞお上がりください」

 と、声をかけてくださり、私は早くも原田さんご夫妻の温かさに包まれたような気がして、

「大丈夫だ。この取材はなんとかなる」

 と確信したのを、昨日のことのように憶えております。

 

「戦争のことは思い出したくもないから、これまでほとんど人に話してこなかった」

 と仰る原田さんが、私のインタビューに応えてくださったのは、戦後五十年の節目ということが一つと、もう一つは、平成三年一月に勃発した湾岸戦争のニュース映像を見た若い人が、

「ミサイルが飛び交うのが花火のようできれい」とか、「まるでゲームのようだ」と感想を漏らすのを聞き、

「冗談じゃない、あのミサイルの先には人間がいる。このままでは戦争に対する感覚が麻痺して、ふたたび悲劇を繰り返してしまうのではないか」

 と危機感を持ち、なんらかの形で戦争体験を語り伝えないといけない、と意識が変わったからだということでした。そのとき、原田さんは仰いました。

「私は戦争中、死を覚悟したことが三度ありました。最初はセイロン島コロンボ空襲で、敵機を追うことに夢中になり、味方機とはぐれて母艦の位置がわからなくなったとき。二度めはミッドウェー海戦で、母艦が被弾して、やむなく海面に不時着、フカの泳ぐ海を漂流したとき。そして三度めは、ガダルカナル島上空の空戦で被弾、重傷を負い、椰子林に不時着してジャングルをさまよったとき。

 相手を倒さなければ、自分がやられてしまうのが戦争です。私は敵機と幾度も空戦をやり、何機も撃墜しました。撃墜した直後は、自分がやられなくてよかったという安堵感と、技倆で勝ったという優越感が湧いてきます。しかしそれも長くは続かず、相手も死にたくなかっただろうな、家族は困るだろうな、という思いがこみ上げてきて、なんとも言えない虚しさだけが残ります。私はいまも、この気持ちをひきずって生きているのです」

 と。

 

 原田さんは、大正五年、長野県に生まれ。昭和八年、水兵として横須賀海兵団に入団。昭和十二年二月、第三十五期操縦練習生を首席で卒業。同年十月、第十二航空隊の一員として中国大陸・中支戦線に出動。昭和十六年九月、空母「蒼龍」乗組となり、真珠湾作戦では母艦の上空哨戒に従事、その後、ウエーク島攻略、印度洋作戦に参加。昭和十七年六月、ミッドウェー海戦で母艦を失い、海面に不時着水、九死に一生を得て生還されました。同年七月、空母「飛鷹」乗組となり、十月十七日、ガダルカナル島上空の空戦で敵戦闘機と刺し違えて被弾、重傷を負われました。

 奇跡的に生還され、内地に帰還の後は教官配置に就き、霞ケ浦海軍航空隊千歳分遣隊(北海道千歳基地)で終戦を迎えられました。協同、不確実をふくめ、十四機の敵機を撃墜した記録が残っております。総飛行時間は約二千時間。

 近年、刊行された原田さんの本には、撃墜機数十九機、滞空時間八千時間と書かれたものもございますが、これは、残された記録とも、私が七十歳代だった原田さんからお聞きした数字とも違う、全くの間違いでございます。最終階級は海軍中尉でした。

 戦後は郷里で自治会長などを務めたのち、託児所、次いでひかり幼稚園を設立。平成二十二年に園長を退任するまで、幼児教育に情熱を注がれました。

 

 原田さんとはその後、ハワイ・真珠湾にもご一緒しましたし、毎年、温泉旅行もご一緒させていただきました。ご自宅にお邪魔した回数は数えきれず、東京で行われる戦友会の慰霊祭や忘年会にも欠かさずいらしていましたし、お孫様のご結婚の記念写真を私がお撮りしたこともございます。原田さんの九十九年の生涯はもとより、私のこの二十一年の想い出だけでも、ここで語り尽すことなど到底不可能です。そこで、私の心に特に印象深く残っているエピソードをご紹介したいと存じます。

 

 私がはじめて原田さんとお会いした翌年の平成八年、原田さんは満八十歳を迎えられました。長野県下の幼稚園の園長のなかで、とび抜けて最年長でいらしたそうです。

「園長の会合に出ても、自分だけ年をとってて、なんだか恥ずかしくなって。そろそろ引退しようかと思ってるんです」

 と、原田さんは仰いました。そこで私は、昭和七年の第一次上海事変で、日本で初となる敵機撃墜を果たした海軍兵学校出身の戦闘機乗りで、当時、千葉県船橋市で三つの保育園を経営されていた、九十三歳の生田乃木次さんという方のお話をしました。すると、

「戦闘機の大先輩にそんな人がいることを全然知らなかった。こんど紹介してください」

 ということで、平成九年一月、私は原田さんご夫妻とともに、生田さんの「あけぼの保育園」を訪ねました。生田さんと原田さんとは、同じ海軍の戦闘機乗りで、戦後は幼児教育に身を投じた者として、互いに通じ合うものがあるように思えました。

「こういう人がいるんじゃ、俺も負けてられないな」

 辞去するとき、原田さんがそうつぶやいたのを、私は憶えております。原田さんが引退の意思を撤回されたのは、その後のことでした。

 生田さんという人は海軍兵学校出身のエリート士官でしたが、その生田さんが、九十歳を過ぎてなお、現役でいる姿をまのあたりにして、水兵から叩き上げた操縦練習生出身搭乗員としての意地に火がついたのかもしれません。原田さんは、お優しいなかにも、非常に負けん気の強い方でした。

 原田さんはその後も園長として子供たちの敬愛を集め、平成二十二年、九十四歳の年に引退されるまで幼児教育を全うされたことは、皆様よくご存知の通りです。

 

 原田さんを語る上では、七十年近く連れ添われた奥様の精さんに触れないわけには参りません。精さんは、原田さんが園長を退任されたのと同じ年、平成二十二年十一月に、八十七歳で永眠されました。

 戦中は明日をも知れぬ戦闘機乗りの妻として、戦後は一転、「戦犯」呼ばわりをされ、公職追放に遭い職を転々とする夫を支え、激動の昭和を生きてきた精さんは、ご夫婦で幼稚園を設立してからはずっと、子供たちをやさしく見守ってこられました。

「こんど生まれ変わったら、もっと楽な人と一緒になりたいわ」

 などと仰りながら、原田さんのことを思うお気持ちは、いつもひしひしと伝わってきたものでございます。

 

 私が最初に上梓した、零戦搭乗員の証言集『零戦の20世紀』という本で初めて原田さんの戦中戦後の人生航跡を紹介して以来、「零戦搭乗員で幼稚園の園長になった人がいる」ということが広く知れ渡り、各種メディアの取材が引きも切らなくなりました。

 原田さんは人を選ばず、来るものは拒まず、取材した側は喜んで帰っていくのですが、あるとき精さんに、

「主人はああ見えて、戦争の話をした晩は夜通し、苦しそうにうなされるんですよ。見ていてとっても辛くて。年も年だし、紹介してくれというお話はお断りいただけると助かります・・・・・・」

 と言われてハッとしたこともございます。 そんな精さんに、原田さんは、

「生まれ変わっても、家内と一緒になりたい」

 と、かねがね仰っていました。精さんあってこその原田さんだったと、私は信じております。

 

 実は、この長寿社会にあっても、日本海軍の戦闘機搭乗員だった人で、百歳までご存命であった人は一人もいらっしゃいません。

 原田さんこそが、その記念すべき第一号になられると誰もが疑わなかったのですが、満百歳まで三ヵ月を残して、残念ながらご生涯を閉じてしまわれました。

 原田さんは、昨年、戦後七十年で注目を集められたことで、心身共にかなり参っておられたと仄聞いたしております。戦争体験を伝えることに熱意を持ってあたられた原田さんでしたが、それゆえお体に負担を掛けた感は否めません。

 このような事態に立ち至ったこと、最初に原田さんの戦中戦後を本にした者として慚愧にたえず、深くお詫びを申し上げるものでございます。

 戦争体験を伝えるということはどういうことなのか。伝えるためにはご本人を苦しめ続けてもいいのか。それが正義なのか。原田さんとの最後のお別れに当たり、自問自答をしているところでございますが、その答えはいまだ見つかっておりません。

 

 原田さんのご生涯は、零戦搭乗員としての戦歴もさることながら、戦後、第二の人生で悉く失敗、五十歳を過ぎて始めた、第三の人生とも言える幼稚園園長を四十数年も続けられ、多くの子供たちを育てたこと、そして、実体験に基づき、子供たちに平和の大切さを身をもって教え続けたことこそが真骨頂なのではないかと存じます。

「まず物は大事にしなさい、どんな物でもその物の身になって、けっして無駄には使わない、それが自分の命を守ることにつながるんだよ」

 ――原田さんの左腕には、ガダルカナル島上空で負ったすさまじい銃創が残っていました。そんな実体験に裏打ちされた言葉は、限りなく重いものでございました。平和を希求する原田さんの思いは、子供たちにもきっと伝わっていたに違いないと存じます。

「軍隊や戦争のことでいい思い出なんて一つもない」と仰る原田さんでしたが、一方で、つねに亡き戦友たちへの哀悼、追慕の念、そして海軍の戦闘機乗りとしての誇りを胸に秘めておられました。

 

 ある年の八月十五日、靖国神社に参拝をご一緒した際、不躾にマイクを向けてきたテレビのレポーターに「A級戦犯合祀をどう思いますか。どうして参拝されるんですか」と聞かれ、「友達に会いに来てるんだ。それのどこが悪い」とめずらしく声を荒げて憮然とされていたのを思い出します。

 そのレポーターには理解できなかったようでしたが、平和を願う気持ちと、靖国神社に詣で、そこに祀られている戦友の御霊に首を垂れる気持ちは矛盾しません。靖国神社で、あるいは戦友会で、そんな思いの一端にも触れてきた者としては、原田さんのご生涯を、最晩年の短時間のお話だけをもとに、一部新聞記事にあったような「平和活動に熱心だった元零戦搭乗員」という、薄っぺらいレッテルで括ってほしくはありません。

 

 思い出は尽きませんが、あまりに長くなりましたので、以上をもって、私の感謝の言葉とさせていただきます。

 原田さんとお会いできて、私は幸せ者でございました。これは、ここに会された皆様も同じお気持ちであろうと存じます。

 

 原田さん、日本のために戦ってくださり、また私ども戦後世代を親身にお導きくださってほんとうにありがとうございました。安らかにお眠りください。

 

   平成二十八年六月四日

   特定非営利活動法人「零戦の会」会長 神立尚紀 



{A70325D7-660B-4E94-AA26-0DC40C5C818D}
2001年12月7日、ハワイ・真珠湾攻撃60年記念式典にて、ミッドウェー海戦で零戦に撃墜された雷撃機元パイロットと。

{7A516500-F962-45D1-9C05-9F756D9CABA6}  
2011年、NPO法人零戦の会総会にて。(以下同。撮影・布施沙紀

{4BBFFF7D-8327-406E-9662-A7A9A7D99789}

{58729180-024C-43DD-A11C-E43AFE8740A1}

{AA5458F6-18D9-40CD-8D86-1F98ABF8AAEF}

{7537E841-DF01-421C-BAB1-AA9DA9C0001A}

{F2370E63-211B-4A02-8160-36D3D8F11FDA}


 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 昨今の日本のクールビズブームは、人格を貶めるものである。
 服装は自分の都合だけでない。相手への礼儀をはらうべきものという事を忘れている。

 

 

 

 もう、毎年のように言っていることだけれど。

 

 また、私が一年でもっとも嫌な「クールビズ」の季節である。

 どうでもいいことだが、環境省による推奨期間は5月1日から10月31日。しかも今年は、クールビズよりラフなスーパークールビズの着用期間も一ヵ月前倒しになっているのだという。

 

 一昨年から、環境省は、職員にノーネクタイや上着なしでの勤務を推奨する「クールビズ」をさらに進め、ポロシャツやアロハシャツ、Tシャツの着用も許容する「スーパークールビズ」を推奨、同省によると、スニーカーやサンダルでの勤務を認めるようにしたとか。

 


 ・・・・・・アホちゃうか。

 こんなニュースを見るたび、チッと、つい舌打ちをしてしまう。
 これを考えた役人は、きっと優秀な馬鹿なのだろう。

 そのうち、ノーブラとかノーパンで出勤しろと言い出す役所が出てくるかもしれない、というのは冗談だが。



 節電は、こういう時勢だから仕方がない。だが、それと、仕事をするのにアロハシャツやTシャツやサンダル履きの姿でいい、というのは別の次元の話であろう。
 「涼しい格好」と「ラフな格好」は違うのではないか?

 


 世のなかにはT.P.O.(TIME、PLACE、OCCASION)という言葉がある。言わずと知れたVANの創設者、故石津謙介氏が提唱したものだ。
 「とき」と「場所」には、それにふさわしい装いがある。それぞれの立場によって、ふさわしい装いは自ずと異なるが、自分の生活を賭けて社会と切り結ぶ「仕事」の場と、プライベートのリゾートでの格好が同じでいいはずがない。

 


 仕事をするには、たいてい何らかの「相手」がいる。装いには、そんな相手に対する「敬意」を表する意味もある。その相手のことは考えなくていいと思うのが、そもそも馬鹿である。

 


 美空ひばりが、Gパン姿で取材に来た女性記者を追い返したというエピソードがあるが、そんな古い話を持ち出すまでもなく、少なくとも私は、社会人の端くれとして、そんな格好をした人間とは一緒に仕事をしたくない。
 暑いぐらいなんだ。やせ我慢しろよ、仕事のときぐらい。

 


 何度も言うように、私は、クールビス絶対反対・徹底抗戦派である。

 


 クールビズに反対なのは、仕事にラフな恰好はみっともないという当然(と私は思う)の感覚、そして国やお調子者どもが音頭を取って、エコの旗頭の元、世の中を一色に染めようとしている全体主義が気に入らないからである。
 これでは、戦後民主主義教育の言うところの、「戦前の日本」と変らない。

 「エコ」という錦の御旗を立てれば、誰もがおとなしく従うと思っているのだろうか。日本中をクールビズで染め上げようというのはたちの悪いファシズムではないのか。ネクタイを締めたい男もいるのだ。こんな、だれもが反対しづらい大義名分をカサに着ての思想や行動の押し付けには断固反対する。

 
 そもそも、暑いからラフな格好でいいなんて、安直過ぎる。たとえば、灼熱のジャングルで作戦行動中の兵士が、暑いからといってアロハに短パン、サンダル姿で戦闘に臨めるか。原発内で決死の作業をしている作業員が、暑いからと防護服が脱げるか。

 


 ・・・・・・極端な例かもしれないが、一般の仕事でも、真剣さはそれらに劣っていいはずがないと思う。仕事に着る服は、社会人としての戦闘服である。
 だいたい、「クールビズ」とか言ってる人は、シャンとした格好をして「身が引き締まる」という思いを経験したことがないのか、不思議でしようがない。

 

 「気は着から」
 ・・・・・・服装が人の「気」に及ぼす影響を甘く見てはいけない。

 
 きっと、クールビズの掛け声の下で、私腹を肥やしている奴もいるだろう。
 逆に、クールビズの掛け声の下で泣いている、商売が立ち行かなくなった洋服屋やネクタイ屋、ボタン屋に生地屋、仕立て職人たちは、少なからず存在する。
 こんな人たちの暮らしのことはどうしてくれるのだ。

 「時代の流れに合わせた経営努力、技術革新」、そんなことが誰にでも要求されるというのは、理論の傲慢である。変らないからこそずっと受け継がれてきた「技」や「美意識」は必ずある。それは流行り廃りとは別のものであるはずだ。


 クールビズやエコを主張する人たち、あなた方の主張は正しいかもしれない。しかし、洋服屋の息子として敢えて問う。自らの主張の陰でどれほど多くの人が泣き、生活が立ち行かなくなり、地獄を見ているか、一度でも想像したことがあるか。



 そういう人たちはよく、「人の命は地球より重い」と言うが、地球環境のためなら洋服屋を殺しても平気だというのでは、倒錯してないか。 そんな粗雑な想像力で「地球環境」を語るのか。耳当たりのよい主張の陰で泣いている人たちを踏みにじっておいて、なにが「地球にやさしい」だ。

 


 11年前の秋、クールビズの掛け声とともに仕事の受注が激減した紳士服店経営の父は、癌に犯された体で必死に頑張ったが、ついに寿命が尽き、失意のうちに死んだ。

 

 父の店を自分の手でたたむとき、大量に売れ残った夏物生地の在庫の山を見て、私は、「エコ」とか「クールビズ」とか、そういう思想、運動には一生背を向けて生きていこうと誓った。



 威勢のいい言葉、耳当りのいいスローガンも、それを声高に主張する人間も、私はけっして信用しない。
 そして、今年の夏も、私はネクタイを締めジャケットを着て仕事に臨むつもりだ。



 アロハやサンダル姿でできるほど、薄っぺらな仕事はしたくないし、自分の仕事に誇りを失いたくないと、私は自戒をこめて思っている。社会人としての矜持を地球環境のために捨てられてたまるか。




 何度でも言う。昨今の日本のクールビズブームは、人格を貶めるものである。そこには犠牲者も大勢いる。自然環境のためと称して人を殺しても顧みないのがクールビズ運動である。

 

 だから私は、同じ選挙区で支持政党の候補ではあるが、小池百合子には決して投票しない。

いいね!した人  |  リブログ(0)