テーマ:

 

 昨今の日本のクールビズブームは、人格を貶めるものである。
 服装は自分の都合だけでない。相手への礼儀をはらうべきものという事を忘れている。

 

 

 

 もう、毎年のように言っていることだけれど。

 

 また、私が一年でもっとも嫌な「クールビズ」の季節である。

 どうでもいいことだが、環境省による推奨期間は5月1日から10月31日。しかも今年は、クールビズよりラフなスーパークールビズの着用期間も一ヵ月前倒しになっているのだという。

 

 一昨年から、環境省は、職員にノーネクタイや上着なしでの勤務を推奨する「クールビズ」をさらに進め、ポロシャツやアロハシャツ、Tシャツの着用も許容する「スーパークールビズ」を推奨、同省によると、スニーカーやサンダルでの勤務を認めるようにしたとか。

 


 ・・・・・・アホちゃうか。

 こんなニュースを見るたび、チッと、つい舌打ちをしてしまう。
 これを考えた役人は、きっと優秀な馬鹿なのだろう。

 そのうち、ノーブラとかノーパンで出勤しろと言い出す役所が出てくるかもしれない、というのは冗談だが。



 節電は、こういう時勢だから仕方がない。だが、それと、仕事をするのにアロハシャツやTシャツやサンダル履きの姿でいい、というのは別の次元の話であろう。
 「涼しい格好」と「ラフな格好」は違うのではないか?

 


 世のなかにはT.P.O.(TIME、PLACE、OCCASION)という言葉がある。言わずと知れたVANの創設者、故石津謙介氏が提唱したものだ。
 「とき」と「場所」には、それにふさわしい装いがある。それぞれの立場によって、ふさわしい装いは自ずと異なるが、自分の生活を賭けて社会と切り結ぶ「仕事」の場と、プライベートのリゾートでの格好が同じでいいはずがない。

 


 仕事をするには、たいてい何らかの「相手」がいる。装いには、そんな相手に対する「敬意」を表する意味もある。その相手のことは考えなくていいと思うのが、そもそも馬鹿である。

 


 美空ひばりが、Gパン姿で取材に来た女性記者を追い返したというエピソードがあるが、そんな古い話を持ち出すまでもなく、少なくとも私は、社会人の端くれとして、そんな格好をした人間とは一緒に仕事をしたくない。
 暑いぐらいなんだ。やせ我慢しろよ、仕事のときぐらい。

 


 何度も言うように、私は、クールビス絶対反対・徹底抗戦派である。

 


 クールビズに反対なのは、仕事にラフな恰好はみっともないという当然(と私は思う)の感覚、そして国やお調子者どもが音頭を取って、エコの旗頭の元、世の中を一色に染めようとしている全体主義が気に入らないからである。
 これでは、戦後民主主義教育の言うところの、「戦前の日本」と変らない。

 「エコ」という錦の御旗を立てれば、誰もがおとなしく従うと思っているのだろうか。日本中をクールビズで染め上げようというのはたちの悪いファシズムではないのか。ネクタイを締めたい男もいるのだ。こんな、だれもが反対しづらい大義名分をカサに着ての思想や行動の押し付けには断固反対する。

 
 そもそも、暑いからラフな格好でいいなんて、安直過ぎる。たとえば、灼熱のジャングルで作戦行動中の兵士が、暑いからといってアロハに短パン、サンダル姿で戦闘に臨めるか。原発内で決死の作業をしている作業員が、暑いからと防護服が脱げるか。

 


 ・・・・・・極端な例かもしれないが、一般の仕事でも、真剣さはそれらに劣っていいはずがないと思う。仕事に着る服は、社会人としての戦闘服である。
 だいたい、「クールビズ」とか言ってる人は、シャンとした格好をして「身が引き締まる」という思いを経験したことがないのか、不思議でしようがない。

 

 「気は着から」
 ・・・・・・服装が人の「気」に及ぼす影響を甘く見てはいけない。

 
 きっと、クールビズの掛け声の下で、私腹を肥やしている奴もいるだろう。
 逆に、クールビズの掛け声の下で泣いている、商売が立ち行かなくなった洋服屋やネクタイ屋、ボタン屋に生地屋、仕立て職人たちは、少なからず存在する。
 こんな人たちの暮らしのことはどうしてくれるのだ。

 「時代の流れに合わせた経営努力、技術革新」、そんなことが誰にでも要求されるというのは、理論の傲慢である。変らないからこそずっと受け継がれてきた「技」や「美意識」は必ずある。それは流行り廃りとは別のものであるはずだ。


 クールビズやエコを主張する人たち、あなた方の主張は正しいかもしれない。しかし、洋服屋の息子として敢えて問う。自らの主張の陰でどれほど多くの人が泣き、生活が立ち行かなくなり、地獄を見ているか、一度でも想像したことがあるか。



 そういう人たちはよく、「人の命は地球より重い」と言うが、地球環境のためなら洋服屋を殺しても平気だというのでは、倒錯してないか。 そんな粗雑な想像力で「地球環境」を語るのか。耳当たりのよい主張の陰で泣いている人たちを踏みにじっておいて、なにが「地球にやさしい」だ。

 


 11年前の秋、クールビズの掛け声とともに仕事の受注が激減した紳士服店経営の父は、癌に犯された体で必死に頑張ったが、ついに寿命が尽き、失意のうちに死んだ。

 

 父の店を自分の手でたたむとき、大量に売れ残った夏物生地の在庫の山を見て、私は、「エコ」とか「クールビズ」とか、そういう思想、運動には一生背を向けて生きていこうと誓った。



 威勢のいい言葉、耳当りのいいスローガンも、それを声高に主張する人間も、私はけっして信用しない。
 そして、今年の夏も、私はネクタイを締めジャケットを着て仕事に臨むつもりだ。



 アロハやサンダル姿でできるほど、薄っぺらな仕事はしたくないし、自分の仕事に誇りを失いたくないと、私は自戒をこめて思っている。社会人としての矜持を地球環境のために捨てられてたまるか。




 何度でも言う。昨今の日本のクールビズブームは、人格を貶めるものである。そこには犠牲者も大勢いる。自然環境のためと称して人を殺しても顧みないのがクールビズ運動である。

 

 だから私は、同じ選挙区で支持政党の候補ではあるが、小池百合子には決して投票しない。

いいね!(41)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ちょうど71年前の今日、昭和20年5月11日、沖縄沖の敵艦船攻撃を目的とする菊水六号作戦が行なわれた。

第八神風桜花特別攻撃隊、第五筑波隊などの特攻隊と、特攻隊の突入を成功させるべく制空隊などが出撃した。
プロ野球投手の石丸進一少尉や、「日本ニュース」171号、上野西郷像前の早稲田大学壮行会で壮行の辞を述べる早大相撲部・岡部幸夫中尉らが戦死したのがこの日である。

 

 

 一枚の寄せ書き。

  

 向きを変えて・・・

  


 この寄せ書きは、神風特攻筑波隊として沖縄沖の敵艦隊攻撃に出撃し、還らなかった学徒出身の若者たちが書いたもの。

 予備学生十三期4名(西田髙光・大喜田久男・岡部幸夫・大木偉央)を除き全員十四期生である。岡部幸夫中尉、石丸進一少尉の名前もある。


 現在、元筑波隊隊員として往時を語り得るのは14期柳井少尉のみ。もう一人の生存者・木名瀬信也大尉は昨年、亡くなられた。木名瀬さんはこの寄せ書きについて、


 「それぞれが思想の一部を、短い言葉で如何に表現しようかと、考えた跡がわかるような気がする。吉田信の「望」は私に強烈なインパクトを与えた。数日中に終るであろう短き生命を前にして、「望」は何を意味するのであろうか。ここに名を連ねている嘗っての仲間達は、私にはその心の隅々まで分ると言い得る程の、親密な付き合いであった。」

 …と回想している。
 
 また、やはり5月11日に一度出撃しながら会敵せず生還した柳井さんは、
 「特攻隊で死んでいった者は皆優秀な者ばかりでした。たまたまあの時代に20歳前後で遭遇しただけで、私自身が特攻隊になった時も、運が悪かったとは思わなかった。死んでいった彼らに対しても、可哀そうだと言うとちょっと違う。ただ運命だったと思っています。特攻隊員は純粋なだけでした。何かの役に立てればそれでよかったのです。願わくば残された人や今の時代を生きている人たちから『よくやってくれた』と言ってもらえれば、彼らも喜んでくれると思います」

 …と語っている。


 
 筑波隊隊員 中央木名瀬信也、その右岡部幸夫。

 

 

 ↓「日本ニュース」171号、早稲田大学の出陣学徒壮行会で、在校生の祝辞に、出陣学徒を代表して答辞を述べるのが岡部幸夫さんである。

 

http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/jpnews/movie.cgi?das_id=D0001300556_00000&seg_number=005

 



敬愛する土方敏夫中尉(のち大尉)も、制空隊として出撃しているが、この日の空戦の模様を「予備学生のつぶやき」に書いておられる。以下、引用。

 


<昭和20年5月11日、菊水6号作戦がありました。この日戦闘303飛行隊は、稼働機数全機で参加しました。指揮所には、高々とZ旗が掲揚されます。やはり海軍は、この旗が掲揚されると、気持が凄く高揚されます。今日こそ我が命日、そんな気持に自然になります。指揮所付近には、鹿児島基地航空隊の人々が並び、帽振れで見送ってくれます。それに手を振って応えながら、編隊で離陸していく気持は、何とも言えません。

戦闘機乗りになって良かったなあ! というのが偽らざる気持ちです。

屋久島を過ぎる頃になると、高度6000メーターぐらいになり、編隊をがっちり組んで、青空と、断雲のなかを飛んで行きます。32機ぐらいの編隊になりますと、自分の周りは、零戦だらけで、もの凄く心強い感じがします。編隊を組みながらですが、航法はしっかりやっておかないと、帰りに困ります。この頃になると私も計器とチャートと、時計を見ながら記録をとることにも馴れてきました。

戦いは、沖永良部島を過ぎたあたりから、始まりました。上から振ってきたのはグラマンF6Fの編隊です。アッという間に混戦状態になります。とにかく、半分以上は後ろを見ながらの操縦です。味方機がちりぢりになり、私の列機も付近には見あたりません。

上から降ってくる敵機をかわすのが精一杯で、高度を上げようとしても、次第に下がる一方です。私よりも更に下方で、空戦が行われていますが、誰がやっているのかはわかりません。とにかく、手助けをと思い、滑らせながら突っ込んでいきますが、いきなり上方から、射弾の雨です。これをかわしながら、必死になって建て直しを計りますが、右に、左に滑らせるのがやっとのことで、交わし切れたときには、下方での乱戦模様は、見えななっていました。

このときは、味方3機と基地に帰ったことを憶えています。着陸して、報告後、指揮所のなかで、休んでおりましたら、私よりも遅れて長田延義飛曹長が帰ってきました。
「やあ、今日はひどい戦いでした。左翼に弾を喰らい火を噴き、もう駄目かと思いましたが、自動消火装置のおかげで、命拾いをしました。私もはじめてでしたが、旨く作動したので、助かりました」という報告です。

「へー!」零戦に自動消火装置が付いていると云うことは、聞いてはいましたが、実際に役に立つとは思っていませんでしたので、早速みんなで、長田飛曹長の乗機を見に行きました。弾痕がしっかり着いていましたが、翼のなかに泡状の消化液が残っており、これは凄いとみんなで驚きました。

このときは、零戦も満更ではないな、といい気持になりましたが、整備員の話では、自動消火装置が付いているのもあれば、付いていないのもある、ということで、チョットがっかりした記憶があります。>

 

 

 

さて、岡部幸夫中尉といえば、私は、氏の弟さんと二度、お会いしたことがある。

そのときのことを書いたブログ記事を、以下、再掲する。

 

昭和18年9月10日の「都の西北」


テーマ:
 
 20日は恒例のネイビー会@上野松坂屋。
 予備学生13期木名瀬さん、14期柳井さんの神風特攻筑波隊の生き残りのお二人と、伊藤忠元副社長の三田さんなど。
 待ち合わせ時間より30分早く着いたら、もう木名瀬さんが座って待っていた。なんだか意気消沈した感じだと思ったら、
 「昨日、通夜に行ってきてさあ、岡部君の」
 とおっしゃる。
 「ええっ!岡部さんってあの岡部さんですか?」
 「そう、あの岡部君」
 「先月はあんなにお元気だったのに!・・・・・・」

 岡部哲治さん。ここ数回、木名瀬さんと一緒にこの会合に見えていた。初対面のとき、自己紹介したら、
 「あなたの本は全部読んでますよ。零戦もライカも。カメラが趣味なんです」
 とやさしい笑顔でおっしゃっていた。
 私も、岡部さんのことは存じ上げていたので、ぜひお会いしたいと思っていたところであった。
 77歳、自宅で炬燵に入って座ったまま、奥様が少し留守をされた間の急なご最期であったという。

 戦時中、全国の映画館で上映された「日本ニュース」。その第171号(昭和18年9月14日)に、「出陣の早大生壮行会」というのがある。
 同年9月10日、上野・西郷像の前で行なわれた、陸海軍を志願した早稲田大学の出陣学徒の壮行会の模様である。卒業生、在校生が力の限りに歌う「都の西北」は、歴代「日本ニュース」のなかでも圧巻ともいえる印象深いシーンである。
 そこで、在校生代表の送別の辞を受け、出陣学徒を代表して答辞を述べる、体の大きな学生がいる。巨漢といっていいぐらいの体格だが、切れ長の二重まぶたの顔はどこか幼さを残している。早大相撲部・岡部幸夫。壮行会の3日後、海軍飛行科予備学生13期生として入隊している。
 岡部幸夫はその大きな体に似ず、非常に気持ちのやさしい人で、同期の誰からも愛されていたという。その巨体から、狭い戦闘機の操縦席に入るのは無理か?とも言われていたらしいが、選ばれて戦闘機搭乗員になり、零戦に搭乗し、昭和20年5月11日、第五筑波隊指揮官(中尉)として沖縄沖の敵艦船に突入、戦死した。

 岡部哲治さんは、その幸夫中尉(戦死後少佐)の弟である。
 岡部さんは11人もの兄弟姉妹に恵まれ、ご家族は特攻戦没者の慰霊に力を注いでこられた。御姉上が靖国神社に多額のご寄付をなさっていたと伺ったこともある。
 「日本ニュース」に一方ならぬ思いを抱いている私は、あの、当時の全国民が涙したであろうニュースで堂々たる決意を述べた、岡部幸夫さんのご遺族のお話を、ぜひ伺ってみたいとかねがね思っていたのだ。
 初めてお会いしたとき、紹介されなくても「あ、岡部さんだ」と思った。それほど、哲治さんは、亡き兄上にそっくりな方であった。
 二度、お会いできて、これからもっとお話を伺いたいと思っていた矢先の訃報に、いうべき言葉も見当たらない。わずかのお付き合いだったが、残念でならない。ご冥福をお祈り申し上げます。

 会合自体は、楽しかった。岡部中尉が戦死したのと同じ日、沖縄に出撃して敵艦隊と遭わずに生還された柳井さんは、元慶大空手部。ブルーのブレザーに赤いネクタイ、なんともいえない良いブリティッシュタンの色合いのバーバリーのステンカラーコート、サングラスでパリッと決めた、自分が90歳近くになってもかくありたいと思うような、カッコいい方である(ちょっと怖いけど)。
 その柳井さんが、NPO法人「零戦の会」で、ご高齢の元搭乗員をサポートしている若手役員について、
 「年長者に対するリスペクトが感じられ、礼儀作法が皆しっかりしていて、とても居心地がいい。出るのを楽しみにしている」
 とおっしゃってくださった。
 「会」の若手各位、以て瞑すべし。
 紆余曲折はあったが、「会」をきちんとした法人にまでした甲斐があったな、と思うのはこんなときだ。

 ご期待を裏切らぬよう頑張らなければ。
いいね!(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

元零戦搭乗員・原田要さんに最後のお別れに行ってきた。

 

原田さんは、昨年、戦後70年で取材が殺到したことで、心身共にかなり参っておられたらしい。ご子息に、もう勘弁して欲しいとこぼされていたと聞く。耳が殆ど聴こえず、取材者が作ったストーリーに都合良く乗せられたようにも見受けられる。

 

最初に原田さんの戦中戦後を本にした者として慚愧にたえない。

 

原田さんとは21年来、公私共にお付き合いいただき、ハワイ・真珠湾にも、毎年温泉にもご一緒したし、お孫さんの結婚式にも出た。拙著にご登場頂いたことも屡々。

 

そんな目から見て、近年の原田さんへのインタビュー記事や番組には、仰ることが以前と変わっていたり、正確を欠くものが目に付き、とても気になっていた。

 

来る人を選ばす否定せず、許容範囲のきわめて広い原田さんだったが、それゆえ、最晩年は右からも左からも都合の良い部分を利用されていた感は否めない。

 

奥さんがご存命中、

「主人はああ見えて戦争の話をした後は一晩中うなされてるんですよ。もう見てられなくて。もし取材の相談があったらお断り頂ければ」

と仰ったことを思い出す。

 

原田さんの戦中戦後については、拙著『ゼロファイター列伝』(講談社)に収載したものが、20年の集大成でもあり、もっとも正確であると自負しています。

 

 

 

 

恐らくご家族、ご親族以外では最も身近に原田さんと接してきた身として、思うことは多い。

戦争体験を伝えるということはどういうことなのか。伝えるためには本人を苦しめ続けてもいいのか。それが正義なのか。原田さんと最後のお別れをし、ご家族ともしみじみ話してきて自問自答をしているところだ。

 

戦争体験者の高齢の方が、メディア取材で寿命を縮めた例をいくつか見てきた。特にテレビに顕著である。なかでも民放は、特ダネ、面白い映像が撮れればという姿勢が目につく。もう10数年前になるが、あるテレビ局が、日米元軍人の和解の野球試合を放送し、米軍人の一人が帰国後急死したことがあった。これなど常軌を逸している。

 

TVは大人数で押しかける上にセッティングや撤収もふくめ時間がかかる。しかもカメラが回っている間は気が抜けない。それで倒れてしまう人もいる。もちろん、スタッフに悪気はない。他の取材者もそうだし、話を聞きたいと訪ねてくる人もそうだろう。

そんな人たちをを突き動かすのは、使命感であり善意である。しかし往々にして、使命感に駆られた善意の馬鹿が人を殺すのだ。

 

原田さんが凄いのは、零戦搭乗員としての戦歴もさることながら、戦後、第二の人生で商売に悉く失敗、50歳を越えて始めた、第三の人生とも言える幼稚園園長を約45年も続けられ、多くの子供たちを育てたこと。そして、実体験に基づき、子供たちに平和の大切さを身をもって教え続けたことだと思う。

 

それでも時代の流れに戸惑われることもあった。毎冬になると原田さんの奥さんは、春に入園してくる子供の為に可愛いわらじを人数分、心を込めて編んでいた。「それが近頃では、そんなもの要らないから入園料を安くしろって言う親御さんがいるんですよ。お金でやってる訳じゃないのに、嫌になっちゃって」と。

 

 

5年半前、原田さんの奥さんが亡くなられたときの一文が過去ブログに残っていた。若干、重複するが、以下に再録する。

 

 

2010.11.12
 
 大切な人がまた一人。
 私が戦争体験者の取材を始めるきっかけになった元零戦搭乗員で海軍中尉・原田要さんの奥様・精さんが87歳で亡くなった。
 昨日(11日)、長野市内で営まれたご葬儀に参列させていただいた。

 精さんは、昭和16年元日、親が決めた縁談で満17歳で原田一飛曹(当時)と結婚、以後約70年もの長きにわたって連れ添ってこられた。
 戦中は明日をも知れぬ戦闘機乗りの妻として、戦後は一転、周囲から「戦犯」呼ばわりをされ、失業して職を転々とする夫を支え、激動の昭和を生きてこられた。昭和40年、夫婦で小さな幼稚園を設立、以来ずっと、子供たちをやさしく見守ってこられた。

 精さんの話だけで、「妻から見た零戦」物語が書ける気がするほど、その生涯は波乱に富んでいた。
 私の知っている精さんは、小柄で可愛らしく、いつも明るく穏やかで、傍目には幸福そのものに見えたけれど、ご長男に先立たれる哀しみも味わい、また幼稚園児の保護者というか日本人の気質の変化に、ずいぶん戸惑いも感じておられたようだ。

 精さんは毎年、冬になると、次の春に入園してくる子供たちのために全員の分の草鞋(ワラジ)を、心をこめて編んでおられたが、
 「この頃の親御さんのなかには、こんなものいらないから保育料を安くしろって言う人もいるんですよ。もう、嫌になっちゃって」
 と寂しそうに言われていたのを思い出す。
 「こんど生まれ変わったら、もっと楽な人と一緒になりたいわ」
 ・・・・・・などと言いながら、ご主人のことを思う気持ちはひしひしと伝わってきた。
 

 原田さんは現存の零戦搭乗員のなかでは二番目の長老(94歳)(※注:このブログ記事当時)で、支那事変で九五式艦戦での実戦経験のあるおそらく唯一の生き残り、対米開戦時は空母「蒼龍」乗組の零戦搭乗員としてハワイ作戦、ウェーク島攻略、印度洋作戦、ミッドウェー海戦に参加、さらに「飛鷹」に乗組みガダルカナル島上空の空戦でグラマンF4Fと差し違え、重傷を負った。その間、協同・不確実をふくめ15機の敵機を撃墜した歴戦の搭乗員だ。

 私が最初に上梓した『零戦の20世紀』(スコラ・1997年)で、園児に囲まれるカラー写真とともに原田さんのことを紹介して以来、「零戦搭乗員で幼稚園の園長になった人がいる」ということが知れ渡り、各種メディアの取材が引きも切らなくなった。

 原田さんは人を選ばず、来るものは拒まない方で、取材したほうは喜んで帰っていくのだが、あるとき精さんに、
 「主人はああ見えて、戦争の話をした晩は夜通しうなされるんですよ。年も年だし、紹介してくれというお話はお断りいただけると・・・・・・」
 と言われてハッとしたこともある。

 真珠湾攻撃60周年のときには一緒にハワイにも行ったし、温泉旅行にも幾度もお誘いいただいた。長野の原田邸に行くと必ず、手作りの料理や漬物で歓待していただいた。「おやき」「梅干」「奈良漬」の味は忘れられない。私もいつしか、実の祖父母宅に行くような感覚になっていた。「零戦の会」の総会にも、毎年、ご夫妻揃って来てくださった。たった15年のお付き合いだったけれど、思い出は尽きない。

 葬儀会場で受付を済ませ、ご子息やお孫さん、曾孫さんたちに挨拶して式場に入ろうとすると、そこに原田さんが立っていた。一瞬、驚いたようなお顔をされ、
 「来てくれたの・・・・・・」
 とガッシリ手を握ってくださった。
 「来ないはずがないじゃないですか。このたびは何と言っていいか、残念で悲しくて・・・・・・」
 言いながら、涙が出た。
 「遠いのに・・・・・・ありがとう」
 抱き合って泣いた。
 「原田さん、お元気でいてくださいよ!」
 「大丈夫だ、大丈夫だ!」
 力強いお声に、少し安堵を覚えた。

 一夜明けても、まだ言うべき言葉が見当たらない。ひたすら寂しく、また奥さんに先立たれた原田さんのことが気がかりなばかりである。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

いいね!(11)  |  リブログ(0)