テーマ:

 毎年のことなので、時制をととのえて再掲。

 

 7月24日。
 昭和20年、終戦を3週間後に控えた71年前の今日、豊後水道上空で、戦闘七〇一飛行隊長・鴛淵孝大尉率いる三四三空戦闘七〇一、三〇一(松村正二大尉)、四〇七(光本卓雄大尉)の紫電改21機が敵艦上機の大編隊と空戦、鴛淵大尉以下6機が未帰還になった。

 戦闘七〇一飛行隊分隊長・山田良市大尉は、

「朝、出撃前に整列、敬礼して飛行機に乗る前に、いつもと同じ隊長の白いマフラーが、やけに印象に残った。べつに悲壮な顔もしてないし、いつもと変わらない様子ですが、ありゃ、この人死ぬんじゃないかな、とふと思った」
 ……と、私に語っている。

「佐田岬上空へ出たときに、呉方面から引き揚げてくる敵の大編隊、200機いたか300機いたかわかりませんが、延々続く大編隊を発見、その最後尾の編隊に突入しました。
 ぼくは4機を率いて、500メートルから千メートル離れて、鴛淵隊4機についていました。二撃めまでは一緒でしたが、しかしなにしろ敵機の数が多すぎる。ぼくも4~5機の敵機に取り囲まれて、撃つには撃ちましたが戦果はわかりません。
 空戦しながら、隊長機は?と見ると、いつもついている二番機の初島上飛曹機と2機で、敵の2機を追っているところでした。

『あ、深追いしなきゃいいけどな』と思ったんですが、これが隊長機を見た最後になりました」


 鴛淵大尉は大正8年生まれでこのとき満25歳。長崎県出身、海兵68期。飛行学生卒業後、大分空教官となり(このへんの鴛淵大尉の履歴が、坂井三郎氏の誤った記憶でおかしな俗説を生んでいる)、昭和18年5月、二五一空分隊長としてラバウルに進出したのを皮切りに、翌19年には二〇三空戦闘三〇四飛行隊長としてフィリピンで、それぞれ激戦を戦い抜いた。
 鴛淵大尉の昭和19年初頭における飛行時間は約1000時間あり、同期の戦闘機搭乗員としては飛びぬけて多い。

 鴛淵大尉の人物像は、のちに鴛淵の妹・光子さんと結婚する山田大尉(のち航空幕僚長)によると、

「地上では温厚明朗、私と4つしか年が違わないのに、こうまで人間ができるのかと驚くような人物でした。品行方正だけど堅苦しくなく、特に目がきれいでした。ところが、いったん空中に上がると勇猛果敢、じつに負けず嫌いでした。本当によくできた、誰もが理想とする官軍士官像で、でもそういう人が早く死んでしまうんですね」
 ということである。


 70年前の今日、三四三空で未帰還になったのは、鴛淵大尉、ベテランの武藤金義少尉、初島二郎上飛曹、米田伸也上飛曹、溝口憲心一飛曹、今井進二飛曹。
 武藤少尉は、三四三空で部下たちの猛反発を食って、しかも負傷のため空戦に使えない坂井三郎少尉の面子をつぶさないよう海軍航空隊のメッカである横空に転勤させ、代わりに2対1のトレードでようやく三四三空に引っ張ってきたばかりであった。



 昭和53年、この日に未帰還になったうちの一機と思われる紫電改が、愛媛県城辺町沖の海底で発見され、翌54年、引き上げられた。だが、操縦席の中には遺骨はおろか何の遺留品もなく、機番号も消え、搭乗員を特定する何の手がかりも残されていなかった。
 そこで、三四三空の戦友たちは、この機が誰の乗機であるかの詮索は、遺族の感情を乱すことにもなることから、これ以上しないことにした。

 のちに、研究者が特定を試みて書物に書いたり、それをもとに一昨年にはNHKがドラマを作ったりもしているが、あくまでそれは、当事者の意思を無視した勝手な憶測である。


 機体引き揚げのときの模様はNHKスペシャルにもなったが、戦闘三〇一飛行隊の元整備員だったアマチュア写真家の方が、機体の引き揚げ作業に同行し、その一部始終をカメラに収め、「カメラ毎日」の口絵ページに作品を発表している。だがなぜか、その人の名前は三四三空剣会の名簿には見えない。ほどなく亡くなられたのかもしれない。

 

 

 

 


 ともあれ、71年前の夏の日、豊後水道上空に散った鴛淵大尉以下6名の若者のみたま安かれと願うのみである。




 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 


    

 (写真は三菱重工業株式会社名古屋航空宇宙システム製作所史料館で、復元された秋水を2002年に私が撮影し、航空雑誌「Schneider7」に掲載したもの。奥に零戦五二型が見える)


 日付が変わってしまったが、昨日の七夕の日は、日本初のロケット戦闘機「秋水」が、昭和20年、横須賀基地で初飛行に失敗してからちょうど71年にあたる。テストパイロットの三一二空分隊長・犬塚豊彦大尉(23歳)は、瀕死の状態で助け出されたが、翌8日午前2時に息をひき取った。

 このテスト飛行、どうして横空審査部ではなくいきなり実戦部隊の分隊長がやることになったのか、戦後も関係者の多くは首をひねっている。不思議と言えば不思議なことだ。

 わがNPO法人「零戦の会」のおもだった元搭乗員のなかでは、横空分隊長・岩下邦雄大尉、同先任搭乗員・大原亮治上飛曹(のち飛曹長)がこの時の一部始終を横須賀基地で目撃されている。



 2003年、文藝春秋の小林昇さん、「零戦の会」高橋事務局長とともに、大原さんのご案内で、横須賀海軍航空史跡めぐりをしたことがある。
 横須賀は、その気で見ると、防空壕が民間の倉庫に使われていたり、当時の建物も多く残っていて、史跡の宝庫だ。
 航空隊の隊門のところに、ずっと隊門を守ってきた先任衛兵伍長が家を立てて住み着き、今もそのご家族が住んでおられるという話には感動を覚えたものだ。


 午後、秋水の墜落地点の川のところに案内していただいた。天気は良好だった。
 「ちょうどあのあたりだ」
 大原さんが指を指される方向を見ながら、その時の状況を詳しくお聞きした。
 そして、大原さんが、
 「犬塚さんには気の毒だけど、あれは(飛行場に戻ろうとしたのは)搭乗員の判断ミス。バタコック、直進(離陸直後バタっとエンジンが止まればすぐに燃料コックを切り換えて、直進する)というのは搭乗員の鉄則です」
 ・・・・・・とおっしゃった途端、一天にわかに掻き曇り、真っ暗になったと思ったら、雷と共に大粒の雨が激しく降ってきたのだ。

 ほんの十数メートル離れたところに止めた車まで戻るのに、四人ともずぶ濡れになってしまった。
 前も見えない、滝のような雨。この日、この豪雨で、横須賀線の電車も止まったそうだ。

 大原さんは車の中で、「こりゃ、犬塚さん怒ったかな」とおっしゃっていたが、まさに「秋水一閃」・・・・・忘れられない夏の思い出となった。





 大原さんの回想――。

 「ちょうど秋水を左後ろから見る位置に陣取った。滑走路の脇には、大勢の人がいた。陸海共同開発だから、陸軍の人も並んでいた。

 いよいよ離陸、というときは、ロケット噴射をするからみんな機体の後ろからよけました。するとノズルから、ホヤホヤホヤっという感じで白煙が出て、間もなく轟音を上げて離陸滑走を始めた。
 滑走路の半分ほどのところで離陸、車輪を落とすと見る間にグゥーンと背中を見せて急上昇、45度ぐらいでしょうか、すごい角度だと思いましたね。見守る関係者がいっせいに拍手するのが見えました。
 ところが、高度4~500メートルに上がったと思われたときに、ババッバッバッという音がしてロケットが停止、秋水はすぐ右に急反転しました。

 急反転してしばらく戻って、それから旋回して飛行場に戻ろうとしたんでしょう。垂直旋回でずっと同じ調子で引っ張ってきたんですよ。貝山の手前、格納庫群の上を飛んだように思います。
 飛行機を低速で、垂直旋回で引っ張りすぎるとステップターンストールといって、失速してストーンとひっくり返っちゃう。
 だから私はそれを見ながら、あ、これはだめだ、だめだ、近すぎると思いました。

 いまで言うダウンウインド、風下のほうへ行くコースね、当時はこれを第三コースと言ったんですが、それがあまりにも滑走路から近かった。スピードのわりにね。
 そして飛行場の端まできたときに、ついに失速してバーンと、横になったまま飛行場の外堀に墜落、ものすごい飛沫が上がりました。

 しかし、飛行場に戻らずにそのまままっすぐ行っていれば助かったでしょう。その先は東京湾で、障害物は何もないんですから。
 事故教訓というのがあって、飛行機を助けて自分が死ぬようなことをしてはいけないと、常々言われているわけですよ。
 バタコックという言葉があって、バタッとエンジンが止まったら燃料コックを切り換えなさい、それから直進。これが常道なんです。

 エンジンが止まって、あんな狭い飛行場に戻ってくるのは通常では考えられません。予期しない事態が起きて、慌ててしまったんでしょうかね。

 犬塚大尉は重傷で救出されましたが、その日の夕方、入湯上陸の整列時に、当直将校が、
 『輸血の急を要する。O型の者は残れ』
 と。私はB型なのでそのまま外出しましたが・・・・・・。
 しかし、陸海軍期待の秋水の事故は、いまも目に焼きついていますよ」



 犬塚大尉のみたま安かれと七夕の星に祈りつつ。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

毎年同じことなので、昨年の投稿を、若干修正して再掲します。

今日、6月16日は、昭和18年、ガダルカナル島上空で日米両軍の航空部隊が激戦を繰り広げた「ルンガ沖航空戦」から73年。

我が母校、大阪府立八尾高校の前身、八尾中34期の大先輩で二〇四空飛行隊長の宮野善治郎海軍大尉(戦死後中佐)が零戦隊を率い戦死した日です。

73年前のこの日、ガダルカナル島ルンガ泊地の敵艦船を攻撃するため、五八二空の艦爆24機(指揮官・江間保大尉)を二〇四空、二五一空、五八二空の戦闘機計70機が護衛して出撃しました。

総指揮官は拙著『祖父たちの零戦』(講談社文庫)の主人公の一人で五八二空飛行隊長・進藤三郎少佐。


戦闘の詳述は避けますが、この日は米軍も、104機もの戦闘機を迎撃に発進させており、彼我入り乱れての約30分におよぶ大空中戦の結果は、のちに大本営より、
『大型輸送船4隻、中型輸送船2隻、小型輸送船1隻、駆逐艦1隻、いずれも撃沈、大型輸送船1隻中破、飛行機34機以上を撃墜』

またこの戦闘を「ルンガ沖航空戦」と呼称する旨発表されましたが、実際の戦果は、米側記録によると輸送船1隻が大破、戦車揚陸艦1隻が火災、飛行機6機だけだったといいます。


一方、日本側の被害は深刻で、艦爆未帰還13、不時着2、戦闘機未帰還15、不時着4、大破2に及んでおり、戦死した15名の戦闘機搭乗員の中には、二〇四空飛行隊長宮野善治郎大尉(海兵65)や、昭和15年9月13日の零戦初空戦で、その時も指揮官であった進藤三郎大尉(当時)の三番機を務めた大木芳男飛曹長(操練37)など、日本海軍の至宝ともいえるベテラン搭乗員たちがいました。


宮野大尉(戦死後中佐)は、海軍戦闘機隊屈指の名指揮官として知られますが、私の母校、大阪府立八尾高校(旧制八尾中学)の先輩で、宮野氏が旧制中学34期 (同期生には、プロ野球巨人軍の永久欠番4の黒澤俊夫や、元祖甲子園アイドル、14歳エースの稲若博がおり、前後数年のクラスには、ゴジラ生みの親のプロデューサー、田中友幸や塩じいこと塩川正十郎元財務大臣などがいます)、私が新制高校34期、生まれ年が宮野氏が大正4年の卯年で私がその48年後の卯年、生家も徒歩15分ぐらいのところにあって(宮野大尉の家はまだあり、勉強机も残っています)、家紋も一緒という、不思議なご縁を感じています。

宮野大尉の御姉様によると、その日、神棚の護符が風もないのにパタリと落ち、母親が、 「あ、今善治郎の飛行機が落ちた!」と言ったそうです。


宮野大尉については、光人社から『零戦隊長~二〇四空飛行隊長宮野善治郎の生涯』(光人社)という本を上梓し、この本が今年、『零戦隊長 宮野善治郎の生涯』として文庫化(光人社NF文庫)されましたが、これほど上下を問わず慕われた人もめずらしいと思います。

 

 

 


部下の上官を見る目は厳しくて、多くの方のお話を聞いているとどこかで必ず悪口が聞こえてくるものですが、宮野大尉についていえば、元搭乗員はもちろん、整備科や看護科、主計科の人まで、ひとしく今も敬愛の念を持っておられるようです。


ある人の名前を出したときの相手の表情で、その人がどう思っているかというのは大体わかるものですが、「宮野大尉の後輩」というだけで、皆さん実になつかしそうに相好をくずされ、いかに慕われていたかが見て取れます。おかげでずいぶん得をさせていただきました。


宮野大尉が戦死した翌年に発行されたある雑誌に、「海軍戦闘機隊座談會」という16ページの大特集があります。出席者は、斎藤正久大佐、八木勝利中佐、中島正少佐、小福田租少佐、塚本祐造大尉、山口定夫大尉。そのなかで、
 小福田「宮野君が戦死した時はみんな泣いたさうだね」
 中島 「いゝ隊長だつたものね」

というくだりがあって、宮野大尉の戦死がいかに惜しまれていたかが窺えます。



この空戦を境にして、以後ソロモンの制空権は完全に敵手にわたることとなります。
私が零戦搭乗員の取材を始めた約20年前には、この日の空戦の総指揮官、進藤三郎少佐をはじめ、渡辺秀夫上飛曹、中村佳雄二飛曹など、何人もの当事者がご存命でしたが、空戦そのものに参加された方は、少なくとも二〇四空ではいなくなりました。



以下、補足。



宮野善治郎大尉の生年月日について、取材をしない著者による「大正6年3月2日」説がまかり通っているようですが、これは完全なる間違い。そんなものを鵜呑みにしてはいけません。宮野善治郎の生年月日は大正4年(1915)12月29日。本人の奉職履歴、海軍兵学校関連、家族、出身中学すべてにおいて確認できることです。念のため。(写真は奉職履歴)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)