純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
自分の所属していたアマチュアオケの演奏会が延期になった。
来週末が本番だったから、この緊急事態の最中、見合わせたということなのだろう。
今週末が最後の練習。しかも先週は地震明けで休んでいたため、練習不足だったからちょっと助けられた気分にもなった。

最近、日本国内のイベント、特にコンサートやスポーツなどエンターテイメントにかかわる者は、延期か中止。
当面、「自粛」ムードなのだろうが、このために準備をしてきた人たちや楽しみにしている人たちにとっては残念な「お知らせ」に違いない。

交通手段の規制や停電、さらにこれからまた起きるかもしれない地震の恐れなど、十分に娯楽を楽しむ状況ではないのはわかっているし、東北地方の人は、今にも「生きる」か「死ぬ」かの瀬戸際に居るのに、慎むべき事象と取る人も多いだろう。
しばらくの間は、「万が一の場合に備えろ」と世の中の何がしかの見解に、皆が黙って従うという流れが当然なのかもしれない。

ただこんな時だからこそ、自分たちの鬱々とした不安を掻き消してくれるイベントは、必要なのではないだろうか。
今は家に居る時間は長く、得ている情報は主にテレビかネットが殆ど。
人が流している情報のみを頼りにしては危険と思い、昨日からタイミングを見ては外出し世の中の動きを少しでも見るようにした。
会社に行っている人であれば(通勤は大変だろうが)自然に入ってくるだろうが、家に閉じこもりがちだと情報が入りずらくなる。
(それで、主婦などはスーパーの空の棚を見て、買い占めちゃったりするのかも・・)

家に居て危険を回避することも大事だが、回避だけでは何も前に進まない気がする。
震災被害者の人道支援はもっともなことだが、自分たちのことももっと考えていくべきかと。
ほどほどにわきまえ、自分たちの気持ちが休まること&楽しめることをやることが、今だから大切なのではないか?

明日はタイミングをみて、出かけるつもり。
レッスンにいこうか。
丁度先週、そんなときにくしくも地震にあってしまったが。。笑







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
仕事よりも先にアマオケに復帰してしまった。

オケ仲間に復帰のことを相談すると
「仕事のことは、今は考えなくっていいんだよ。今は自分がやりたいと思うことがあれば、それをやればいいんだよ。」
との回答。
背中をポンっと押されたような気がした。
「確かに」

昨日は楽器を必至に弾いたのが4時間くらいだろうか。。肩がお蔭で、かなり痛い。
オケの音は不揃いだし、とっても聞けるレベルではないけど(メンバー内では混乱著しい)一斉に楽器の音が響くのを聞いてて気持ち良かった。
練習曲は、ベートーヴェン「運命」。ある意味、勇気づけられます。w


仕事以外の趣味があるというのは、今思うととても良かった。
これからの人生、仕事をしない(辞めた)時間のほうが長い。
その時間をどう楽しむか、楽しめるかが勝ちだと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりブログがご無沙汰になってました。
昨年夏に体調を壊して、半年療養を兼ねて休養してました。
自分の身に起きたまさに「青天の霹靂」。。予定外のアクシデントでしたが、その分いろいろな事をゆっくり考えることもできたかもしれません。
この数年、常に走りっぱなしの自分だったので、「休め」というサインは出ていたのでしょう。。
もう少し早く気付けば、ダメージはもっと少なかったかもしれないですが。

今は、体力も戻ってきており、仕事に復帰するまでの時間を自由に楽しんでいます。

そこでバイオリンのレッスンを半年ぶりにスタート。
身体のリハビリも兼ねて、楽器は触っていたのですが、音程も指も定かでなくなっていて。
早く、レッスンに行かないと気ばかり焦っていました。

久々のレッスンで近況を報告。
先生も心配してくださっていたようですが、楽器を弾けるだけの気力になったということは、よい方向に回復しているわね、とおっしゃってくださった。

前回、発表会で途中になっていたバッハのコンチェルト2番を引き続き、3楽章から続けることに。
私が持っている楽譜は全音版。弓がトリッキーで弾きにくいので、先生の持っているペータース版をコピーさせてもらいました。
バッハは難しいけど、弾いていると無心になれるのがいい。
完璧までは難しいけど、頑張ってみよう。

今週はオケにも顔を出そうかな。
仕事復帰前に、やりたいことをやってから。
今年からは、人生を違った方向にドライブをかけていこうかと。
「外」「まわり」ばかりを見てないで、自分の心の「内」もよく考えようと思っています。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、練習中のバッハのバイオリンコンチェルト2番。
私が苦手なホ長調・・シャープ4つの音程が取れなくて苦労しています。

youtubeで、このコンチェルトを検索していたら、ちょっと変わった映像がありました。
Ellissaという若手バイオリニストの演奏の映像なのですが、それはおいておき、、
教会の中の舞台装置のようなセット、振り子?のような物体がステージの上をぐるぐる回っているのです・・
老人やメンバーらしい人間が無表情でじーっとその演奏を見ているという、、なんともシュールな感じの演出??なのです。

途中に離れたところのテーブルにたって、本をみてるのは指揮者のジェームス・ジャッド。
しかも、途中に宇宙図鑑とか見てるようだし・・バッハと宇宙を関連づけたいのでしょか?
意味がちょっとわかりません。。

2楽章の始まりも、いすにねそべっているジャッド氏らしき姿・・
途中におおきなプリズムやキリストの絵が出てきたりして、意外性は楽しめます。
3楽章でようやく普通の演出に戻っていきますが。

ちょっと気になる方はぜひみてみてください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は、カラオケに行くと、洋楽三昧なのですが・・。
先週末行ったときに、Iさんが歌ったオジーオズボーン「CrazyTrain」とヨーロッパの「CARRIE」。
懐かしい曲をよくぞ、歌ってくれました!音譜
80年代って結構メタル系バンドが活躍してたんだけど。。いまやすっかりマイナー系に・・

当時は、ハノイ・ロックス、モトリークルーやヴァン・へイレン、ボン・ジョヴィ(こっち系に分類されていたような)など、毎月ロック雑誌に取り上げられていて、私はそのグラビア見たさに、本屋によく通っていた気がします。
すっかり自分の記憶の中から、メタル系アーティストは消えてしまっていたんだけど(その後に、強烈な日本のバンドブームに席巻されてしまった)
居ました!私がすっごくハマッていたバンドが・・RATT

純喫茶★ロイヤル  -RATT
↑一番下がスティーブン。美形ぞろいのバンドでしたな。

特にこのボーカルのスティーブン・パーシーがヤバイ。メタリックな響きの彼のヴォーカルも当時から注目だったんですが、それよりも外見が凄かった。
めちゃめちゃ濃~いラテン顔に似合ってないんじゃないか?と思うほど、さらに分厚いメイクを上塗り!
ムキムキの身体に、スタッズがついたピチピチのレザースーツ。。
思春期の私には、めちゃめちゃセクシーだったと思いますw

RATTの音楽は、凄いノリがよくしかもメロディも覚えやすかったはずなのに。
その後解散しメンバーの一人が死んだこともあり、メインストリームから外れてしまったようですが・・

スティーブンはソロでやっていたり、また復活しているようなんですね。
Youtubeでのインタビューの彼は、イギーポップとアントニオ・バンデラスを足して2で割ったような感じ。オジサンになっても、ぜんぜんカッコいいっす!ラブラブ


↑2008年のイベントインタビューで。

再結成もされたようですし、その後をチェックしてみよ!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は神泉にあるエンドルフィンというROCKBARに行ってみた。
音楽をレコードで客に聞かせるバーは、今回で2回目。
年末にIさんと訪れた渋谷の明治通り沿いの店に行ったので。

その店に入ったのが、8時前で早い時間だったからか、まだ誰も居ない。
開店準備をしていたスタッフの女の子が一人だけ。
カウンター奥の棚にぎっしりと詰め込まれたLPレコードが、バーのオーナーのコレクションなのだろう。
2000枚くらいあるとか。
カウンターには、DJブースと大きな木製のスピーカーが客席にむけて設置されている。

他に客がいないのをいいことに、早速リクエストした。
私が中学時代にLPを買ったスティーブ・ペリーの「OH!シェリー」。
ぜひ、あのころの思い出に浸りたくて、セレクトしたのだが・・
スタッフの子から、ジャーニーのアルバムは2枚あるけど、その曲は見つからないとの回答が・・。orz
代わりに「オープン・アームス」をかけてくれとオーダーした。

そうこうしているうちに、店のオーナーが登場!
茶色の長髪な感じが、いかにも「音楽やっているひと」っぽい。w
オーナーは、スタッフからのリクエストを聞いてくれ、お目当てのLPを「あるよ!」と出してくれました。

おお~叫びラブラブ
ストリート・トーク(紙ジャケット仕様)/スティーヴ・ペリー


¥1,890

Amazon.co.jp


まさに!これこれ。!!


このときの、スティーブさんはやせていてカッコよかった(はず?)



スピーカーから流れてくるレコードの音は、ペリーの声の高音が柔らかく響いて迫力だった。
アナログのよさが心地よかった~。。まるで、ライブを聞いているよう。


時折レコード独特の「プッ、プッ」という針の音が、逆に味が出て、いい感じ。


CDやituneのデジタル音源しか聞けない最近のアーティストは、不幸なのかもしれないとふと感じた。


(デジタルは、なんか薄っぺらい音色に聞こえる・・)



この曲の後も、ジャーニーの曲「オープン・アームス」「セパレート・ウェイズ」もかけてくれた。




↑ベストヒットUSAの小林克也のナレーション入りが懐かしい・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々に練習にアンサンブルでは目下、この曲を練習中。
グリーグの「ホルベルグ組曲」

Youtubeで、弦楽合奏団が弾いている映像を発見。




スピード感があって、爽やか。北欧の自然の風景を彷彿とさせる、素敵な曲です。
ただ、今日は2ヶ月ぶりに参加して初見だったので、辛かった!
本番はどこまでいけるんでしょうね・・?

もともとはピアノ協奏曲だったようで、グリーグ自身が演奏した音源が残っているようです。
かなり早く、ダイナミック。



この練習の帰りに皆で、文京楽器へ。
メンバーの一人が、この店で最近楽器を買ったので、堂々と(笑)いろんな楽器を見せてもらいました!
中でも、3000万円の楽器を弾かせてもらったSさん。
やはり、値段なりの音色、威力がありました。音がバイオリンではなくて、周りの空気を振動させるように音が伝わってきます。
これでソリストたちの楽器の音色が、オケとは違いぬきんでる理由が少しわかった気がします。

アンサンブルメンバーは、オケとは違いみな個人で何の曲を練習して、次の発表会で弾くか意欲的で刺激を受けます。私も、もうちょっと堂堂と弾かないとなあ・・とちょっと反省。
このアグレッシブメンバーは、小さいときからやっているので、私のようなレイトスターターにはとっても及ばないんですけどね(笑)


6月に発表会があるので、それに向けて個人で何かやってみようかな。今年の目標にも入れたことですしね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、母に誘われてテレビ朝日の長寿番組「題名のない音楽会」の番組収録コンサートに行ってきました。
テレビでは見るけど、会場に行くのは初めて。
母はよく隣家のおばさんから、招待券をもらい、何回か行っています。

一度に2日分の収録をするので、今日も1部と2部の二部構成。
それぞれ1時間くらいの時間をかけますが、30分番組なので、殆どが編集されてるんですね。。

今回の収録は1部がバレンタインデー特集ということで、ゲストも宮本笑里と小松亮太・ゴンチチとややポピュラーテイスト。(Imageのアーティストということで、若干宣伝くさい)

会場に入ると、周りは「ザ・中高年」というくらい、年齢層が高い・・。おばさん&おじさんが殆ど。
クラシックだから、仕方ないですが。
カメラも、舞台や客席にガンガン入っていて、いかにも「収録」という雰囲気。
ちょっと普通のコンサートではないですね。。

開始とともに、指揮者の佐渡裕さんが登場!
どこからか、収録なのかわからないくらい、MCが自然なのはすごい。観客も常連が多いのか、拍手のタイミングもバッチリだし、「新しい時代のページを開きましょう!」と腕ふりポーズも皆やっているし。
撮影カメラが舞台を右往左往していたのが、いかにも収録って感じでしたが、進行はいたってスムーズでした。
綿密に練られているのは、さすがテレビだな。
(ディレクターらしき人が、始終カメラワークをチェック。指示だしの声が聞こえてきたときには、現場の緊張感が伝わってきました)

さて、音楽のほうは、テーマにあわせた即興を3組のアーティストが披露。
自分的には小松亮太のタンゴアレンジが一番かっこよかった!!
ピアソラの「鮫」が生で聞けたのは、ラッキー。一度生バンドネオンで聞いてみたかったから!

ゴンチチは、「放課後の音楽室」という定番曲を演奏。
お二人のギターのハーモニーは綺麗でしたが、スピーカー音で音量が増幅されてちょっとがっかりでした。
これは生音だけで聞きたかったかも。(昭和女子の人見ホールでは無理ですが・・)

肝心の宮本笑里ちゃんはというと・・ただ「カワイイ」人だなーというイメージで終了。
トークが台詞のような感じに聞こえて、この子はうーん、演奏だけしていたほうが良いかもしれません。W
演奏シーンは、かっこよかったのは、良しとしましょう!

後半2部は、マリンバの池上英樹さんという方。
ぜんぜんしらない方でしたが、謳うように打楽器を弾くという代名詞のとおり、音色がすんばらしかった!!
「打つ」という単純な人間の作業が、実は人間の声にも近いという表現は、目からウロコ。
響かせるという意味では、ピアノに近いのでしょうけど。


タダで、ここまで楽しめる音楽コンサートってなかなかないです!
また、母のおこぼれでいけたら、行ってみようと思っています。
テレビの見方もコレでかわるかもしれません。

一般の方は、はがきで応募できるので興味ある方は応募してみては


↑カッコいい、ピアソラのバンドネオン「鮫」。スアレス・パスという人のヴァイオリンもすごい・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々にブログ・・です。。

前から気になっていた韓国のボーカルグループ、Bigbang。
この人たちの曲「声をきかせて」が結構いいので、iTuneで買いました。
今、観月ありさ主演の「おひとりさま」の主題歌にもなっているようです。

このBigbang、TVで観たときに、なんなの!?って思うくらい、ちょっとインパクトのある外見。
東方神起ほどの美形男子でもなく、メイクがきついのはちょっと気持ち悪い?(ファンの人、スミマセン)
ですが、ダンスもビシッと決まってうまいし、ボーカルもキレイな声
ラップも日本人よりもうまいと思います。BEATBOX、出来るメンバーも多い。

韓国の歌手が日本語で歌を歌うと、日本語の語調に微妙にビブラートがかかってキレイに聞こえるのはなぜでしょう?これって、昔、チョー・ヨンピルが「プサンハンへ~~」って歌っていた声もそうだったような感じ。あと、ケイウンスクもか!笑。(BOAもそうかもね)

感情表現がうまいのか、言葉の発声法なのか、要因はわかりませんが。。
ただ韓国の歌手は整形の施し用があまりにも、激しいので、みんなおんなじ顔になってくるんですよね。
鼻筋や顔がつるりとした印象、、そこが残念か。

ま、曲がよければ顔は関係ないので(笑)しばらくこの歌、よく聞くかも。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末にしかブログは更新できてない・・。
今週は仕事が忙しかった。所属する部署が違うと、会社を見る面も変わるものです。
編集から広告へ・・・。やることが満載過ぎて、どこから手をつけていいのやら??
まあ、悲観的に観てても仕方ないので、自分がやれそうなところからやっていくしかないと思ってます。
(このブログ、会社の人も見てたりするので、迂闊なことも書けないW)

週中に参加したAdtechというイベントは、久々に旧知の方ともお会いできて楽しかった!
マーケ・広告の捕らえ方、最近の事例紹介など、とても刺激を受けました。
どんどん進化している業界なので、自分で積極的に動かないと・・どんどん遅れを取りますね。

今週は水曜から、ロンドンへ!
イギリス最大のクラシックイベント「プロムス」 を聞きに行ってきます~
※ネットが繋がったら、twitterしてみます。

メインはBBCオケとウィーン・フィル。
ウィーンフィルのブラ4・・どんな風に弾くのか興味深々。

仕事も遊びもなんだか加速度を増している気がする昨今。
体が何処までついていけるか、やや心配でありまする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。