純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
左下のブログパーツを見てください。


8ヶ国語にこのブログが翻訳されます。
英語でやってみました!



(和文)昨年からやろうとして、手がつけられなかったPHP。
           ↓
(英文)PHP that tries to do last year and was not touched.

こうやってみると確かに直訳ですが、意味がわからなくもない??

ちゃんと訳そうとすると、I tried to learn PHP last year, but I didn't have enough time ・・とかになるんでしょうか?

まあ、文脈全体を把握するまでには、まだ技術は至っていないのかもだけど、だんだん精度は上がってきているようです。
そういえば、チャットで自動翻訳して海外の人とも交信できるようになっているGoogletalkの精度はどうなんでしょうか??


このブログパーツは
↓ここでgetできます。

エキサイトブログ 










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ようやく楽器を触れたのは土曜日。
オケとレッスン。プラスで
日曜の午後にはオケのバイオリンパート有志でコンマスの先生に弦練習をしていただく。

うちのオケの練習は、いつもだーっと曲を流して弾いてしまうので、奏法がよくわからない部分や弓があいまいなままで、結構大変なのです。。
今日は特別にメンバーの先生でもある、O先生は(若手?)女性メンバー4人からのお願いということで、快諾いただいた。

さて、場所は・・先生の自宅近くのレンタルスタジオ。
クラシック専用もあるのですが、ピアノは使わないし、金額も高くなるので、普通のスタジオを予約しておきました。
現地につくと、バンドマンらしき元気のいい「若者」うじゃうじゃ・・。
その中で、先生(70代)とわれ等4人バイオリン抱えていた面子はちょっと異種。
廊下も、煙がモクモクとしているし・・まあ普通は「ロック」やるところだから、しょうがないです。

練習は2時間。
みっちりブルッフをやる予定でしたが、思った以上に時間がたつのが早く、最後の楽章は一通りさらうだけになってしまいました。。
今回の収穫は、1stのメロディと弓の動きを再確認したこと。そして、拍のとり方(常に頭で4分を刻む)がわかってきたこと。2楽章は特にテンポが揺れるので、、頭だけでもあわせないとガタガタになるので、それを気をつけることがでいたこと。

まだ、ところどころ、早いとハイポジの音程が乱れますが、、まあ、曲の全体が少し見えたので、良しとすることに。

その後は、下北沢でお茶タイム。
コンマス先生は、なんと鈴木バイオリンの鈴木先生に師事していたことが判明。
小さいころレッスンに行くと、最後にお茶とケーキをご馳走してくれたそう。。戦前?くらいだと思うのですが、当時で思えば、凄いレッスン。(普通でもお茶は出ないけどw)
奥さんがドイツ人だったのですね。
(wikipediaで調べたら、確かにそうでした)

来週は、オケは合宿。
あと自分のレッスンは、発表会の伴奏あわせ。。

あー。やることたくさんありすぎて、時間が足りません。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年からやろうとしていて手をつけられなかったPHP。

本を買っていたものの、自分ではプログラムの根本が理解できず、外部の会社のセミナーに短期間だが通っています。
関数、変数、配列・・いろいろ出てくるのですが、ストレートに頭に入ってきません。うう。。
(条件、if文とか、、、なんか数学で昔あったような気がするんだけど、気のせいか??w)

いかにも「エンジニア」という雰囲気のメガネ男子先生は、スラスラと式を黒板に書き、モニターにプログラムを打ち込んでいきます。私はえーっ・・と、とリファレンスを見ながら、やっとの思いでパソコンに入力。
サーバでプログラムをアップし都度確認していくのですが、、エラーが出るとガッカリ。
まあ、どこがエラーなのかプログラムは、教えてくれるんだけど、たまにエラー箇所がわからずで止まってしまうことも、しばしば。

だけど、パッと画面に正解の表示が出ると、結構嬉しい。
できたー合格!!って感じ。
(うちのエンジニアも毎日こういうのをやっていると思うんだけど、笑。)

2回目は、フォームの作成までいきました。
(半分、先生のサンプルをコピー)
今までは、HTMLしかわかっていなかったけど、プログラムを通して裏でどういう数字の受け渡しがされたところまでようやくわかってきた。。

ま、まだまだマスターするには、遠いみちのり。
今の仕事で技術面の理解の限界を感じていただけに、フィールドを広げてみるのはよかったかも。
あと1回でこのセミナーも終了。どこまでいけるか、楽しみです。


PHPとは関係なくiPod touchのアプリで「サイレント・ヒル」に、今はまっています。
iPodのタッチキーで、迷路を抜け、ゾンビをバシバシ倒していくんです(笑)。
早くも、最終ステージをクリア!!と思ったら、また新しい展開になりました。(ちょっとありえない展開で笑えます)

自分は、そんなに、ゲーマーだったのかな。。と思うくらい、寝不足です。

今週はいろいろやりすぎて、バイオリン手付かずガーン


ipodアプリ 「SILENT HILL ~The Escape~」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、ベルリン放送交響楽団と樫本大進の演奏を聴きに鎌倉芸術館(大船)まで足を伸ばしてきました。
松竹の元撮影所があった場所に建てられたホールは、ガラス張りの廊下から中庭の竹林が見えるように作られたなかなか、モダンな造り。都内のホールに負けない内装と1500名の収容力。鎌倉市はかなり、お金をかけて建てたんですね。。

曲は
・エグモント序曲(ベートーベン)
・バイオリンコンチェルト(ベートーベン)
・交響曲第1番(ブラームス)

去年から、ブラームスづいているだけに、今回のドイツオケも今までの違いが聞けて楽しみであったのですが。。

樫本大進さん。うちの先生はいつも評価が悪いので、あまり期待をしなかったのですが、堂々とした体躯から奏でる伸び伸びとした音色はとても素晴らしかった!!です。(彼の師匠、ザハール・ブロンの奏法は、アスリートのように体を前後に動かし弾くので、とてもカラダに負担を与えるとか・・現に過去に弾けなくなってしまったアーティストも居る)
確かに、若干高音などは背中を反らし、やや無理に音を響かせているのは少し気になりましたが、彼の楽器グァルネリの深く太目の音が、ホールの広さと丁度あいまって良かったのでは?
若い人が多い元気なメリハリがあるオケとのバランスやリズムもしっかり合っていたし。
鎌倉がツアーの最終日ということで集大成ということだったのかも。
※この前にサントリーでも公演があったようですが、日程によってはオケとのズレを指摘していたブログもありました。。

ベートーベンのコンチェルトは、きれいだけれども、聞かせどころ(泣きのようなメロディ)が少なく、あっさりと終わってしまうんですよね。。その概念を覆してくれた予想外のいい演奏を聴けて良かった♪

良かった樫本さんとは対照的に、残念だったのは、ベルリン放送響。
序曲はメリハリあってまとまっていたが、ブラ1は高速演奏。
3楽章とか、あまりのテンポが速すぎてリズムの乱れが。。聞いているほうがドキドキしました。
せめて4楽章に入るときは息を整えてから、入ってほしかった。。
意図が見えづらい指揮だっただけに、少し残念です。
(分かりやすかったラトルはかなり対照的な指揮者)

アンコールの3番の3楽章(だったと思う)で、テンポが戻りオケの評価も最後にUPアップ
ドイツオケらしく、カッチリメリハリ、堂々とした演奏で締めてくれました。ほっ・・

この公演・・・しらべて見てちょっとびっくり。
サントリーホールでは、S席14000円。こちらはベト7ですが・・
ほぼ同じ構成で、鎌倉は同じS席で8000円。ほぼ半額。
足をちょっと伸ばすなら、郊外で聞いたほうがお得かも。アンコールも変なブラボー連発する人も少なかったし。w

充実した郊外の土曜日でした。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、同僚Yさんと品川のファッションイベントへ。
TGCほどのメジャー感はないですが、自分たちで服を作ってファッションショーをやる服飾の学校の「文化祭」のような感じです。これが、年々大規模になっているらしく、会社での繋がりもあり、自分の年は「さておいて」・・行ってきたのでした。
そのイベント名は「Fairytale」・・おとぎ話という名前がついてしまうくらい、カワイイ読者モデルの子(私の年齢の半分くらいなのでは・・汗)たちも、登場するのですヨ。はあ~。。

われわれの2階の関係者席は、舞台を上から眺めるイチ。

服を着たモデルが登場してくると、舞台を囲む観客は一斉に携帯でシャメ攻撃。
キャーというTGCのような歓声もなく、ただひたすらシャメっている女子たちとモデルの距離感って、なんだか面白いです。
普通なら、カメラ撮るより、自分の目で見るだろう・・って思うのが、古いんでしょうかね。汗。

途中、ゲストライブということで、吉本系のプロダクションの「空中分解」 というお笑いでなく、2人組の音楽ユニットが登場。
この手作りのステージにふさわしく彼らも自分たちで音源PCをセッティングし始めました。
会場は、まったく彼らのことを知らないようで、出てきてもウンともスンとも無し。。

どうなることかと思いきや、とりあえずライブスタート。

打ち込みの音源で、ヴォーカルとギターの男の子2人がクネクネして歌い踊りまくる。
なんだか、ダフトパンクとパフュームを足して2で割ったような感じの音楽かな・・
ピコピコ、今よく聞くエレクトロポップ系。
「歌、意外に結構うまいじゃん。」後ろの男性がつぶやいたように言っている。

会場も、いつの間にか手拍子。
始めは、キョトンとしていた人たちも、ノリノリ♪

彼らの曲はオビラジのエンディングにも使われているらしい。
最後は会場の波を完全にさらっていました。
客層と彼らのコンセプトがマッチしていたんですね。

上から見ていて思ったことは、始めは観客が「ん?なんだ??」と思っていても演じる本人が楽しく歌うっていうことが肝心。そこから、関心ひきつけておいて、、これでイケルっとおもったら完全疾走。
多分若手アーティストは誰もがこういう場面に、出くわすと思うんですが、やっぱ「楽しく」歌う=楽器も同じ。ってことは大事だな。。。とプロを見てなんですが、実感してしまいました。

下手でもいいから、まずは『楽しんで』ステージ載れたら、本当にラクに弾けるようになるよって、丁度この間友人にも言われたんですが、『音楽』ってワードそのままですね。

「音を楽しめ!」

いろんな意味で、勉強になった日でした。

「空中分解」 。このアーティスト、売れるといいな。

COCOLO COLOR/空中分解
純喫茶★ロイヤル  
¥1,500
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、用事の間にカフェで本を読んでいたときの出来事。

隣に座っていたオバサン2人組がなにやら騒がしい。

ずっとしゃべっているのがそのうちの1人だけなのだが(もうひとりはウンウンと相槌を打っているだけ)、、
どうも同じマンションの住人で飼っている猫が夜中にドタドタと音を立てて歩くらしく(どんな猫ネコだよ・・)、
夜寝ているときにその音が気になって眠れないそうだ。

しかも、その怪しい住人にそのオバサンが直接「猫、飼っているでしょ!」と注意しても、その相手は「飼ってません」の一点張りだとか。。
で、「もう、その人とは一切会話もしてないのよね。」「最近の若い人常識がわかっていないのよ」と相手の悪口を延々と。
はてまた、ベランダに出ると「おしっこ臭い」「泣き声も気持ち悪い」とホント、クレームのオンパレード。
段々ヒートアップして、最後には、ハンカチ出して泣き出す始末。(久々に喫茶店で泣く人を見たよガーン

こっちは、本のことはどうでもよくなり、目は本に向けつつも、耳はすべてその会話にひきこまれていく。。

その後の会話も、そのオバサンは、自分の息子にその猫事件を相談したらしいが、息子からはつれない返事だとか。(そりゃ、そうだろう)

泣き止むのがひと段落した頃、息子とうるさいオバサンは、この喫茶店で待ち合わせをしているらしいことが分かった。

その息子が現れるまで、私はコーヒーが空になっていても粘ることに。。(こんな母親の息子の顔が、みてみたい得意げ


うるさいオバサン「遅いわね」
静かなオバサン「あ、あれじゃない(それらしき人を指差して)」
うるさいオバサン「いや、もっとうちの子はスラッとしてもっとかっこいいわよっむかっ

(どんなもんだよ・・息子。超~気にになるぜ^・・・早くこいっ!)

しばし5分くらい経過。
息子登場。
↓↓↓

男の子メガネかけた、地味目男子。(スマソ)

息子、すかさず静かなオバサンに向かって挨拶。
息子「常識知らずな母親でホント、いつもスミマセン・・・」(まるで今までの状況を全部見ていたかのよう)

いやあ。息子。
ホント、良く分かっているわ!!

母子ってどこかでテレパシーで繋がっているのか、、ちょっと不思議な気分ですね。
いつもこういう母親を間近に見て育ってきていたから自然に口に出たのかもしれないですが。。




その後、私は安心して、喫茶店を去ったのでした。。
暇な私。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日は、新卒時代の会社の同僚に私の今のバイオリンの練習曲を聴いてもらうことになりました。
彼女は、私と同時期にゴスペルを始めて、今も続けています。
丁度、音楽経験年数は同じということと、程よく私のこともわかっているだろう。。という思い込みもあり、羞恥心もかなぐり捨て、ヤマハの練習室で披露しました。

彼女の感想。
「始めの出だしが、めちゃ×2キンチョーしてない?こっちも息詰まるよ・・ガーン

なるほど。自分の心の中が、そのまま音を通して、伝わってしまうのかあ・・

感想その2。
「途中で、メロディー変わるところから、テンポ取り戻したから、やっと聞けるようになった」

確かに。
バッハのコンチェルトは、前奏なしで始まります。
要は、自分のテンポがそのまま、曲のテンポになってしまうのです。

自分では無意識にやっていることが、第3者の意見ではっきりと弱点含め見えるようになりました。
自分の音が、自信がなくて、聞いてもらうということを避けていたけど、やっぱり前にこれから進む(弱点強化?)には必要かもしれません。

ウチの先生が、外国の先生から言われたエピソード。
「日本人はシャイだから、一番身内には聞かれたくないんでしょ。普通は、まず真っ先に家族に聞かせるんだけどね」
カップルで楽器やっていたりすると、よっぽどの場合でない限り一緒に演奏しないらしい。
自分の内面が音に出るから嫌なのか、身近な人に批評されるのが嫌なのか、いろんな事情があると思うんですが、、w

友達の次は、家族か。。どんな感想がくるか、不安だけど本番前に聞いてもらおうかな。
新たに弱点がわかってよいかもしれないと最近、ようやくポジティブに思うようになりました。
1歩づつ、精神面で進歩してきたかもしれない。

本番まで1ヶ月。
自分の内面との戦い(笑)になりそう。






いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

純喫茶★ロイヤル  -チューリップ

最近買ったチューリップの鉢植え。
「オレンジモナーク」という品種です。
部屋の中においておくと、あったかいようで花びらがすぐ開いてしまいます・・

外に置くと、またしぼむんですけど。

12月に買ったシクラメンは、もう咲かなくなってきました。
徐々に春が近づいてきていますコスモス



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
パッフェンベルの「カノン」のアレンジ、結構きくなあー・・と思い、いくつか探してみました。

加藤ミリヤ「Love is・・」
You Tubeでは、オリジナルがなく、どなたかが作った結婚式用のオリジナルビデオ版です。笑



twenty4-7 「Get A Life~Again~」
映画「余命」の主題歌で使われています。松雪泰子さんが、出てる。



Coolio 「I'll C U When U Get There」
上の2曲のアレンジって、この曲を意識している?




カノンって、すごい。
300年前に作られた曲でいまだにこんな使われ方してるんですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。