純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
先週の土曜日、紀尾井ホールで梯剛之さんのコンサートに行ってきました。
彼は、小さいときに小児がんにかかり、両目を摘出、全盲のピアニストです。
昨年、ワールド・オーケストラとのショパンのコンチェルトを聴いて以来 ですが、そのときの感動は忘れられません。。

今回は、オール・ベートーベンプログラムです。
「月光」「テンペスト」「熱情」の三大ソナタ。
梯さんは、今年30歳。而立の年に、今までの自分の人生を振り返り、これから一歩高いステージに向かうために、ベートーベンを選んだとのこと。耳が聞こえないというハンディを背負っても音楽を愛したベートーベンに、目のハンディを持った自分を投影をしているのかもしれません。

1曲目の月光は、非常にゆっくりしたテンポで始まりました。確実にしっかりと3連譜を刻むメロディは、とても力強い印象。繊細なイメージを持っていたのですが、いい意味で期待を裏切っていたかも。
そして、最後は怒涛の3楽章へ。よくCMでも使われる、淀みなく流れる音のフレーズなのですが、、非常に大胆で豪快な演奏でした。
ピアノかホールのせいなのか、低音が響きが大きすぎて、割れていたのが残念。

2曲目のテンペスト。初めて聴いたので、曲の解釈は分かりません。(すみません。。)
最後の熱情は、彼のレパートリーの一つにもなっている曲。
タイトルの通り、ドラマティックな展開の曲ですが、自分の演奏方法に確信を持って確実に力強く弾いているように感じられました。

一緒に行ったピアノ好きの私の母は、彼なりの独自の演奏スタイルがあるわね。。との感想。
上手いと一言にはあらわせませんが、音を通じて彼なりの思想や伝えたいメッセージが、ズンッと響いてくるものを感じます。

最後はアンコールが、なんと3回。ベートーベンのソナタを1楽章分。
どれも、素敵で、引き込まれてしまいました。
19番は、うちの母がよく昔、家で弾いていてメロディを覚えてましたが、梯さんの演奏はぜんぜん違う・・
当たり前ですが。ただの練習曲に聞こえていたフレーズが、ぜんぜん生きてますね。

ピアノだけの演奏会は、めったに行くことがなかったのですが、改めてピアノもいいなあーと思った日でした。

24(土)
15:00
梯剛之 ピアノ・リサイタル
●ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調Op.27-2「月光」,第17番ニ短調Op.31-2「テンペスト」,第23番ヘ短調Op.57「熱情」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先週、新国立美術館へ「モディリアーニ展」を会社のHさんと観にいきました。

モディリアーニは、昔、福岡に居たときに、ユトリロやキスリングとの作品展で観た以来。(福岡市美術館)
首の長い、ちょっとうつろな表情を浮かべた女性の絵が特徴的です。

今回の美術展は、モディリアーニの作品が、素描を含め約100点。
デビューから、亡くなるまでがたった12年間という短い期間の中での作品を一気に観れたのはとても貴重でした。
プリミティブな人体を象ったカリアティッド。モディリアーニの特徴である、細面の女性のイメージとは正反対の生気に満ちた人体の形を沢山描いていたのは知らなかった。
そのほかにも、単純な線でいて、人物の特徴を掴んでいるスケッチブックに書きとめられた素描(スケッチ)が沢山。。

Hさんから、「滝川クリステル」に似ている絵があるから、探してみようといわれて、それらしき絵を探す。
あった・・・空ろな黒い瞳の女性の絵 。(誰かのブログから拝借)
確かに似ています。笑

ギャラリーショップで、シルクスクリーンのスケッチ画を購入。↓

モディリアーニ チェロ
なんとなくひかれたこの作品。額に入れて飾っておきたい。


モディリアーニ展2008
 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日、西武球場で開催されている「国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました!
毎年、訪れる人が増えているという噂でしたが、行ってみると予想通りの人・・。
中高年のおば様たちがほとんどでしたが、、こんなに沢山のバラ愛好者が居ることに驚き。

普段、何気なく見ていたバラでしたが、今回色々な種類を見ることが出来て、勉強になりました。
海外のガーデナーが作るバラは、大輪でバラの花びらが多く、とても華やかです。
色の掛け合わせなども絶妙。。

収穫として、サーモンピンクとオレンジの混ざったような可憐なバラを買って帰りました!
どれだけ、増やせるのか・・世話が大変になりそう。。Iさん>お願いします。笑
名前は「エリザベス・スチュワート」。イギリスの貴婦人のようで、素敵です。

展示会の様子はコレ↓


バラ


バラ2
↑「SWEET DREAMS」というネーミングのバラ。



↑森のバイオリン工房というタイトルがついたお庭。バラが小さく咲いてます。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

DVDで撮りためていたBBC「プロムス」のラスト・ナイト を観る。
オケメンバーもカラードレスをまとって、会場はとても華やか。
(似合っている人やそうでない人も・・・笑)

最後に、流れるエルガーの「威風堂々」の演奏。
イギリス国民が、ユニオンジャックの旗を持って、威風堂々のメロディにあわせて

『希望と栄光の国』という歌を歌う様子は圧巻!


どんな歌詞かは、以下にご紹介します



Land of Hope and Glory,

Mother of the Free,

How shall we extol thee,

Who are born of thee?

Wider still and wider

Shall thy bounds be set;

God, who made thee mighty,

Make thee mightier yet

God, who made thee mighty,

Make thee mightier yet.


希望と栄光の国

自由の母よ

汝をいかに称えようか?

広く、一層広く

汝の土地はなるべし

神、汝を偉大たらしめし者

もっと、汝を偉大にせよ

神、汝を偉大たらしめし者

もっと、汝を偉大にせよ



ベルリンのヴァルト・ビューネも最後は、歌「ベルリンの風」で盛り上がる。


日本でクラシックイベントをしたら、どんな曲になるんでしょう???

全く盛り上がるイメージ、、ないなあ。。

やっぱりクラシックが土壌に馴染んでいないからでしょうか。残念。しょぼん

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日は、会社の同僚の結婚式へ。
今年になって結婚式の参加は、2回目。今年は特に、ラッシュです・・

表参道のアニヴェルセルが会場でした。
何度も前は通ったけど、挙式に出たのは初めて。
奥に、教会があったのですね。建物は広くないのですが、式場までの移動も非常にスムーズ。
1日10組も、挙式を捌いていくのです・・。いやあ、スゴイ。

さて、式のほうですが、披露宴の演出がエンタメ性にあふれていて非常に楽しませていただきました。
中でも、新婦の友人の方たちのベリーダンスがなかなかセクシーでよかったですニコニコ
人前で、ワタシも堂々と演奏できるようになりたいなあー。。

ともあれ、Kさん、おめでとうございました音譜

くま
新郎新婦が両親に送っていたテディベア。(自分の生まれたときの体重と同じ重さらしい・・)
かわいい!



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラフォルジュルネ

5日、有楽町の国際フォーラムでのラ・フォル・ジュルネに行ってきました!
今年は、シューベルト特集です。
去年の「民族音楽」のときよりも人の入りが少なかったような気がしました。
(シューベルトの曲もメジャーなものが少ないから、人寄せするのは大変だったと思われる)

今回聞いたのは、シューベルトのシンフォニー「未完成」とベートーベンの序曲「レオノーレ」。
演奏は、フランスのロワール管弦楽団でした。
一番広い、ホールAでしかも2階席だったので、音も良くないだろうと思って期待はしていませんでしたが、演奏は粒が揃っていて、なかなかキレイなメロディを楽しめました。ピアノ部分も、ホールを意識していたせいか、比較的ハッキリと演奏をしていたような気がします。
観客も去年より、静かに聴いていてマナーが良くなっていました。(笑、時々子供声がするくらい)

未完成は、2楽章までだけに、レオノーレの序曲がフィナーレのような感じで聞けて、なるほど。。こういう聞き方もあるのか!と新発見。
3楽章は、どのような展開だったのか?気になります。

国際フォーラムで聞いたあとは、同じ丸の内エリアの「丸ビル」でのかり屋崎さんのお花のショー と「オアゾ」でフロアコンサートやイベントを楽しみました。普段よりも人が多く、華やいだ雰囲気。
せっかく新しく名所になった場所なので、こういうイベントが定期的にあるともっと人がきそうですね。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。