純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
いったん、DVDを借り出すと返しにいったついでにまた借りてしまいます。今週は、3枚立て続けにレンタル。
ユナイテッド93 (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
¥1,490
Amazon.co.jp
1枚目 UNITED93(ユナイテッド93)
観終わった瞬間、演出のリアルさと壮絶なエンディングに、呆然。。
911の日に、テロリストに占領されたが、目標地(ペンタゴンに墜落しなかった飛行機、ユナイテッド93便のドキュメンタリー。

航空の管制官や軍の対応が後手に回り、結局多くの犠牲者を出してしまったということ。そして、テロリストに勇敢にたちむかった人たちがいたという事実を知りました。
テロリストたちのコーランの祈りから始まるシーンは印象的。
当時の管制官たちや軍の司令部の人間がそのまま出演していたり、本職の機内クルーを採用していたりと、「リアルさ」を徹底的に追求しています。
この作品は、下手に俳優たちが感情表現をすることなく、切々とあの日に起きたことを再現した(飛行機の中は、メッセージを受けた遺族たちの証言によって構築された)ことで、観る人により深く考えさせるんだな。。と。

特典に入っていた、乗客の遺族たちのメッセージは、もう一つのドキュメンタリーとして興味深かったです。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
¥3,842
Amazon.co.jp

こちらも、ストーリーは重め。。
時代はベルリンの壁崩壊前。社会主義体制の下、言語や自由な芸術表現が規制されていた東ドイツが舞台です。
反政府的な思想や言論を持っている人間は、政府の監視下に24時間おかれ(秘密警察に、家に盗聴器を仕込まれたり、尾行されたりする)、怪しかったら即刻投獄。。このようなシステムが本当にあったとは、、、恐ろしき「社会主義」。
ある舞台脚本家を監視し続ける秘密警察の役人の心の葛藤と、悪体制の標的とされた人々のせつなさにスポットを当てています。
義務に忠実で、無表情で冷徹な監視人の男が、芸術家たちの行動を追っていくにつれ、今のシステムの理不尽さに気づいていくのですが、観ている側にとっては「人間らしさ」をまだ失っていなかったんだと、安堵の気持ちに・・
最後で、監視役と芸術家が最後に結びつくシーンがあるのですが、「泣け」ます。(内容はヒミツ。見たい方はぜひ!)

監督は、西側ドイツ出身だそう。リサーチでここまでリアルな雰囲気をかもし出したのは、凄いとまたまた脱帽。
(ストーリーはフィクションです)

最後は、去年のアカデミー。
ディパーテッド 特別版 (初回限定版)
¥2,500
Amazon.co.jp
悪役のマット・デイモンがいい味出してます。ずる賢い役が似合うのは、さすがハーバード卒!
ジャック・ニコルソンは、見るからにワルっ。これもはまり役。
最後まで、どうなるか?見逃せない展開は、まさに「エンターテイメント」です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日「zeroさんが観たいだろうと思って」と映画『ラフマニノフ』の案内状をもらい、試写会に行ってきました。(サンクス!Nさんドキドキ

ベートーベンは、今までも映画化されてましたが、ラフマニノフは、、、作品が有名な割りに人生は、謎が多いとされている作曲家だけに、どのように表現されるのか気になるところ。
※私も、ロシア革命時に、アメリカに亡命したということまでしか、実は知りませんでした。

開演までの時間中、「ピアノコンチェルト2番」の1楽章がエンドレスにかかるなか(Oオケの演奏を、嫌でも思い出しちゃいます、笑)、やっと開演。。。
監督も俳優も、オールロシア人。言葉がすべてロシア語。アメリカでのシーンに登場する人物がすべてロシア語?
っていうのも、ちょっと「妙」な気がしないでもないですが、、、のどかな緑あふれる田園のシーンや、ロシア人特有の「鬱々」とした感情表現は、ハリウッド映画には出来ないリアリティさがあってよかったのでは?と思います。
90分間の上映時間は意外と短く感じられました。

芸術家たるもの、やっぱり人生に「恋愛」は欠かせないものなのですね。
彼の人生に、3人の女性が登場します。
従兄弟という関係で、ラフマニノフを小さい頃から慕っていた妻、ナターシャ。
奔放でいて妖艶な人妻、アンナ。(顔つきが、沢尻エリカみたい)
革命に情熱を注ぐ、音楽学校の時代の生徒、マリアンナ。

ラフマニノフが、妻以外の2人にやっぱり、ふらり・・といっちゃうんですが、そこを全部知って受け入れるナターシャの心の広さに、私は脱帽。(この女優さんの凛とした雰囲気も、好きです)
浮気して帰ってきて、「やっぱり君が好きだっ」ってナターシャに抱きつくラフマを私だったら、許せるのか??むっ
う~ん、、、
衝動的な感情が、創造活動に貢献するのであれば、許すか~。と映画を観ながら勝手に想像しまくるのも、楽しかったです。笑
※彼の人生、云々というよりも、ナターシャを含め家族のサポートする力が前面に出ていた作品でした。

この映画で、初めて知ったのですが、ピアノメーカーで有名なスタインウェイが彼の親友だったのですね。
アメリカ滞在中のツアーをサポートして、ピアノをPRしたツワモノだったとは・・
ロシア語を話す、坊主頭のスタインウェイ・・妙だけど、なかなかの存在感。


この映画は5月のGWに公開だそう。
まだHPが出来てないのは、残念。。

アーティストの人生を知って、曲を聴くとまた楽しいかもしれません。

bunkamuraサイト情報

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日から、友達のハーフの子に1時間ほど英会話を教わることになりました。
彼女はアメリカから一時帰国。3月には帰ってしまうのですが、その間だけでもということで。。
8年くらい前に、自分がアメリカに留学するときに彼女には教わっていたのですが(すごーい昔汗)、当時は私はまだ20代で彼女は大学生!
お互い若かったんだね~と、いかに年月が経ったかを実感してしまいました。

ランチを食べながら会話をしたんだけれど、とっさの語彙が出てこない・・
冠詞や動詞もめちゃめちゃ。こりゃあ、ダメです。。
救いだったのは、「L」と「R」の発音は良くなっていたらしいんだけど。

ビジネスでは使うことはないけど、自分のやっている仕事とか趣味のこととかは英語できちんと話したい。
去年、外資系の代理店の女性と仕事をしたんだけど、英語でプレゼンしている姿は、かっこよかったです!
(帰国子女だから、当たり前のことなんでしょうけど)

2ヶ月で、どれだけ英語力モノになるんでしょう??


日曜日は、美容院へ・・
担当の美容師さんが突然辞めていた~。びっくり!
新しい担当は沖縄出身の土屋アンナ似の元気な女の子。(彼女もハーフなのか?)
その元気につられてではないですが、思い切ってボブの長さに切りました。
乾燥していたので、トリートメントもプラス。
これでペタンコ髪にも悩まされずに済みそう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
水曜ドラマの「斉藤さん」。
何とはなしに観はじめたこのドラマ、けっこう面白い。

観月ありさが演じる、斉藤全子(まさこ)。その名の通り、「斉藤さん」が、他人にへつらわず、弱者をいじめる悪い奴らにも敢然に立ち向かう一児の母親。
ノーテンキな幼稚園のママ友とも決して群れず、不良高校生たちにもカラダを張って子供を守る主人公の姿は、見ていて清清しい。
もうひとりの主人公、同じ幼稚園に通う子供の母、マノさんがママ友から浮いている存在の「斉藤さん」に惹かれていく様子が興味深いです。

※こういう正義感あふれる役って、クールな役がはまる篠原涼子なんかがやってもよさそう!
斉藤さん 1 (1) (オフィスユーコミックス)/小田 ゆうあ
¥480
Amazon.co.jp
この話の原作、マンガも買ってみました。
ドラマは、マンガに比べるとかなり演出を大げさにしてます。ドラマの斉藤さんは、「正義のヒーロー」きどりではなくさらっと「主張」している程度だし、マノさんはドラマのミムラのようにモジモジしていません。

悪いことを「悪い」と堂々といえなくなってしまった今の世の中。
昔は、必ず注意する人が居たけど、今は反対に仕返しされて怖い目にあうから、みんな見てみないふり。

『子供のために、こんな世の中にしていいのか?』
という斉藤さんが周りの母親たちに言うメッセージは、グッときました。

今はキレる子供に殺される親の事件も、こういうことが積み重なってきた結果でしょうね。
斉藤さんのように、なれっていうのはちょっと無理だけど、決して日和見主義だけには絶対ならないようにしようと思った次第。
(私も、たまに悪い奴らにムラっとしますがプンプン、口まではなかなか出したことはないです・・)
Excite エキサイト : 芸能ニュース

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
おっと・・ブログがすっかりご無沙汰になっていました。。汗
今日で、ようやくエキストラで参加した演奏会の本番が終了しました。

年明けも、この連休も、このオケの練習にほぼ費やしていたので、、ようやくひと段落。
11月に初めて譜面を見て、驚愕した「悲愴」も本番では事故らず、なんとか最後まで弾けました。
ラフマのピアノコンチェルトは、ソリストの演奏力に脱帽。
前に「梯さん」の演奏を聴いたときにも感じた、心に響く音の「余韻」をこの方の演奏に感じました。
上手いというのではなく、「何か」があるんですよね。。
※文章にはかけないのが、もどかしい。。

いい経験を、させてもらって感謝です!

今年はそろそろ、音楽以外にも新しいことを始めたい。
ジムと、英会話。。この2つくらいは、やりたい。
ただ、時間をどう捻出するか??ですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます!
(年賀状出してない・・。もらった人には返事を出さねば~あせる

今日で6日間の年末年始のお休みも終わり。
忘年会をし、実家やいろんなところに行き来をしたら、あっという間でした。。

あと、この休みにコンサート、2本!

31日は、ミューザ川崎で「ジルベスターコンサート」
タクトを振る姿が凛々しい、西本智美さん指揮でのチャイコフスキーのバレエ音楽オンパレード特集。
くるみ割り人形や、白鳥の湖など、バレエダンサーがオケと同じ舞台で踊る、年末にふさわしい華やかな演出。
音楽と踊り(特に、くるみ割りは)がなるほど、こういう動きなのね・・と納得できて良かったです。

残念なのは、司会のオペラ歌手のデヴィ夫人に似たおば様のトークがミスマッチで、場の雰囲気を少々壊していたこと・・。キャスティング、もう少し考えたほうが良いと思いますが。
今回の席は2階でしたが、前回の真正面アリーナよりも音がよく聞こえたこと。横の席でも、斜めになっているので舞台も眺めやすい。大勢の観客がちゃんと楽しめるような設計になっているのでしょうかね。


2日は、友人と五嶋みどりのヴァイオリンリサイタルへ。
フランクのバイオリンソナタや、ドボルザークの小曲集やドビュッシーなどが聞けました。
音が、澄み切っていて、正確このうえない演奏は、聴いているほうも緊張感が必要ですが、技術はさすがにピカイチですね。小さな音の一つ一つに神経を注いでいる姿は、すごい集中力を感じます。
バイオリンを縦に構え(ちょっと普通の人ではできないフォーム)、身体を激しく前後左右に揺らす様子に、目がすいよせられました。
舞台終了後に、ロビーで本人を間近でみましたが、とっても小さくて細い方なのですね。。(母上の節さんも居ました。コチラは大阪のおばちゃんって感じです)
握手会みたいなをやっていましたが、私と友人は近くまで寄っていて、みどりさんのお顔だけ拝んで帰りました。笑


明日から仕事かー。泣
今年は、もう少し仕事のほうもリキいれていかないとヤバイかな・・?

今年もみなさま、よろしくおねがいしますー。
幸おおき、年にしたいとおもっています★

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。